【NIKE】エアズームペガサス39 レビュー|軽量化されて汎用的に!

 ナイキの代表モデルであるエアズームペガサス39の特徴・用途を解説します。前作のペガサス38との比較も行います。

▼前のモデル
【NIKE】ズームペガサス38レビュー│36、37との違いも解説

【NIKE】ズームペガサス38レビュー│36、37との違いも解説

2021年4月に発売されたナイキのエアズームペガサス(以下ペガサス38)のレビューをします。また、ペガサス36、37との比較も行います。

商品概要

ペガサス39 搭載技術

商品画像の引用元:nike.com

 ナイキの代表モデルです。ペガサスは大幅アップデートマイナーチェンジを交互に繰り返しますが、今年は大幅アップデートの年にあたります。

 今作では、ミッドソールに内蔵されているZoom Airユニットが2つになり、さらに軽量化もされました。

 普段のジョギングにはもちろんのこと、初〜中級者はレース用としても使用可能です。

  • 定価(税込): ¥14,300
  • 重量: 261g(27.0cm)
  • 厚さ: 31mm
  • ドロップ: 10mm
  • ミッドソール: React + Zoom Air(2つ)
  • 主な用途: ジョギング、ロング走、レース(サブ4前後)、タウンユース

軽量化されて汎用的になった

メーカー 重量(27.0cm)
ペガサス39 NIKE 261g
ペガサス38 NIKE 290g
クリフトン8 HOKA 250g
ノヴァブラスト2 Asics 275g
Adizero Japan 6 Adidas 231g

 ペガサスシリーズは重量が増え続けていて、前作のペガサス38の重量は290gありました。

 他社の人気のデイリートレーナーと比べると重く、用途が狭いデメリットがありました。

 しかし、ペガサス39では約30g軽量化され、これらのシューズに近い重さになりました。

 反発力が高いため、重量の重いペガサス38でもキロ4分台前半のペースまで自然と上げることができましたが、今作ではキロ4(4'00"/km)前後のペースまで対応できます

 このため、フルマラソンでサブ4前後を狙うランナーにとってはさらにタイムが狙いやすくなり、上級者にとっては練習やレース前のアップで使いやすくなりました。

各ユニット詳細

アッパー

ペガサス39 アッパー

商品画像の引用元:nike.com

 アッパーはペガサス38よりも柔軟性の高いエンジニアードメッシュが用いられています。

 大きな変更点は、シュータンを通す部分が幅広のバンドからFlywire(フライワイヤー)に戻ったことです。

 Flywireアッパーの重量を最低限に抑えつつ高いサポート力を実現するナイキ独自の技術で、ペガサス32~36で使用されていました。

 ペガサス37,38ではフィット感を高めるために幅広のバンドとなっていましたが、今作ではサポート力を重視してFlywireに戻ったといえます。

ミッドソール

モデル ミッドソール Zoom Air
ペガサス33,34 クシュロン 2つ(前後)
ペガサス35,36 クシュロン フルレングス
ペガサス37,38 リアクト 1つ(前足部)
ペガサス39 リアクト 2つ(前後)

 ミッドソールの材質には、反発力耐久性に優れたリアクトが使用されています。こちらはペガサス38と同じです。

 ただし、Zoom Airユニットが後足部に追加されて2つとなり、ヒールストライクのランナーでもクッション反発を感じられやすくなりました。

 ただし、前後にZoom Airがあることで中央部が相対的に硬く感じられる場合もあり、慣れるまで時間がかかる可能性があります。

 また、Zoom Airユニットが前後に2つ配置されたのは初めてではなく、ペガサス33,34でも採用されていた構造です。このため、数年前の乗り心地に戻ったともいえます。

 NIKE公式の商品説明でも「定評のあるペガサスが帰ってきた」との記載があり、数年前のモデルを意識しているのは間違いなさそうです。

アウトソール

ペガサス39 アウトソール

商品画像の引用元:nike.com

 アウトソールは厚めのラバーが使用されており、従来モデルと同様に耐久性は非常に高いです。

 ペガサス38との違いは、写真から分かるように前足部に大きな溝が追加されたことです。これにより、柔軟性グリップ力が高まりました。

 溝を追加した理由については、後足部に追加されたZoom Airによる安定性の低下を補うためではないかと考えています。

 ペガサスはナイキの代表モデルのため、乗り心地の大きな変更はリスクがあり、溝の追加でバランスを取っているのではないかと推測しています。

ペガサス38との比較

ペガサス38と39の違い

商品画像の引用元:nike.com

 改めてペガサス38と39を比較してみます。

 アッパー・ミッドソール・アウトソールと様々な変更がありましたが、一番大きな違いは重量です。

 約30gの軽量化の恩恵は非常に大きく、多くのランナーにとって用途が広がったといえます。

 シューズの特性を大きく左右するミッドソールの材質は同じ(リアクト)のため、単純に考えて30g軽いペガサス39の方がトレーニング向きです

 一方で、安さを重視する方や、タウンユースも想定して履き心地を重視する方は前作のペガサス38が選択肢になります。

関連記事
【NIKE】ズームペガサス38レビュー│36、37との違いも解説

【NIKE】ズームペガサス38レビュー│36、37との違いも解説

2021年4月に発売されたナイキのエアズームペガサス(以下ペガサス38)のレビューをします。また、ペガサス36、37との比較も行います。

まとめ

  • トップランナーも使用する代表モデル
  • 前作から約30g軽量化
  • Zoom Airが後足部に追加されて2つになった
  • シューレース支持部はFlywireに戻った
  • ジョギング~フルマラソン(サブ4前後)まで幅広く使用可能
  • 耐久性が高くコストパフォーマンスが高い

おすすめ記事

【2022版】NIKEのランニングシューズ14足まとめ|目的別に紹介

【2022版】NIKEのランニングシューズ14足まとめ|目的別に紹介

ナイキのランニングシューズ14足を目的別にまとめました。購入時の参考にしてください。

【2022版】アディダスのランニングシューズ13足まとめ|レベル別に紹介!

【2022版】アディダスのランニングシューズ13足まとめ|レベル別に紹介!

アディダスのランニングシューズ13足をレベル別にまとめました。購入時の参考としてください。

【ASICS】GEL-KAYANO 28レビュー|FF Blast搭載で大幅アップデート!

【ASICS】GEL-KAYANO 28レビュー|FF Blast搭載で大幅アップデート!

アシックスの初心者定番シューズであるゲルカヤノ(GEL-KAYANO)28の特徴やアップデートされた点を解説します。

【NB】Fresh Foam X 1080v12 詳細情報│v11との違い、880との比較も

【NB】Fresh Foam X 1080v12 詳細情報│v11との違い、880との比較も

ニューバランスのFresh Foam X 1080v12の特徴・用途をレビューします。前作の1080v11や、880シリーズとの比較も行います。