【2022版】アシックスのランニングシューズ22足まとめ|カテゴリー別に紹介

★2022/9/5更新:最新情報を反映しました★

 アシックスのランニングシューズ22足カテゴリー別にまとめました。購入時の参考にしてください。

Protect (初心者向け)

 フルマラソン完走~5時間切りを目指す初心者ランナーの初めの1足としておすすめのモデル。ある程度の重量はあるが、クッション性サポート力が高い。

GEL-KAYANO 29

  • 定価(税込):17,600円
  • 重量(27.0cm):299g
  • 厚さ:34mm
  • ドロップ:10mm
  • ミッドソール:FF Blast Plus + GEL + LITETRUSS
  • 対象レベル:サブ5~完走

 アシックスの初心者向けシューズの超定番フルマラソン完走を目指す方に最適。クッション性安定性が高く、サポート機能が充実している。

 前作よりも厚さが2mmアップしつつ、重量は10g程軽量化された。フォーム材は弾力性の高いFF Blasr Plusに変更され、走り心地が向上した。

関連記事
【Asics】ゲルカヤノ29 詳細情報│前作の28との違いは?

【Asics】ゲルカヤノ29 詳細情報│前作の28との違いは?

アシックスの定番シューズであるゲルカヤノ(GEL-KAYANO)29の特徴・用途をレビューします。前作のゲルカヤノ29との比較も行います。

GT-2000 10

  • 定価(税込):14,080円
  • 重量(27.0cm):280g
  • 厚さ:31mm
  • ドロップ:8mm
  • ミッドソール:FF Propel + GEL + LITETRUSS
  • 対象レベル:サブ4~完走

 ゲルカヤノ29の軽量版。ゲルカヤノよりもサポート力は少し落ちるものの、スピードが出しやすくサブ4まで対応

関連記事
【ASICS】GT-2000 10レビュー│前作の9との違いは?

【ASICS】GT-2000 10レビュー│前作の9との違いは?

アシックスの初心者向けシューズであるGT-2000 10の特徴や用途を解説します。前作のGT-2000 9との比較も行います。

GT-1000 10

  • 定価(税込):10,450円
  • 重量(27.0cm):277g
  • 厚さ:30mm
  • ドロップ:8mm
  • ミッドソール:FlyteFoam + GEL + DUOMAX
  • 対象レベル:サブ4~完走

 GT-2000 10の廉価版。廉価版といっても、一般的なシューズと比べても十分なサポート機能を搭載している。コストパフォーマンスを求めるならGT-1000 10がおすすめ。

GEL-NIMBUS 24

  • 定価(税込):17,600円
  • 重量(27.0cm):290g
  • 厚さ:35mm
  • ドロップ:10mm
  • ミッドソール:FF Blast Plus + GEL
  • 対象レベル:サブ5~完走

 ゲルカヤノ29と似た立ち位置の初心者向けシューズ。FF Blast Plusという新素材が使用されており、安定性よりもふかふかとしたクッション性が特徴。ゆっくりなペースで快適に走る場面に適している。

Energy Saving (初~中級者向け)

 走行効率性に着目したモデル。ガイドソールと呼ばれるつま先が反り上がった形状が特徴で、自然と前に進む感覚が得られる。

EvoRide 3

  • 定価(税込):11,000円
  • 重量(27.0cm):210g
  • 厚さ:34mm
  • ドロップ:5mm
  • ミッドソール:FlyteFoam
  • 対象レベル:サブ3~サブ4

 Energy Savingシリーズの中で最も軽くテンポ走ロングインターバルにも適している。前作のエボライド2より約20g軽量化され、クッション性も向上した。実売価格は10,000円を切っていて、汎用性も高いため非常に人気。

関連記事
【ASICS】エボライド3 レビュー|20gの軽量化でスピード用途にも対応!

【ASICS】エボライド3 レビュー|20gの軽量化でスピード用途にも対応!

アシックスのサブ4向けシューズであるエボライド3の特徴・用途を解説します。前作のエボライド2や、ハイパースピードとの違いも解説します。

GlideRide 3

  • 定価(税込):17,600円
  • 重量(27.0cm):266g
  • 厚さ:40mm
  • ドロップ:6mm
  • ミッドソール:FF Blast Plus + FF Propel + EVA Plate
  • 対象レベル:サブ4~完走

 エボライド3よりもソールが厚くてクッション性が高く、前に進む感覚(サポート力)も強い。2層のミッドソールの間にはプレートが内蔵されていて、初心者向けの厚底シューズといえる。

関連記事
【ASICS】グライドライド3 詳細情報|FF BLAST+採用でクッションアップ!

【ASICS】グライドライド3 詳細情報|FF BLAST+採用でクッションアップ!

アシックスのマラソンシューズであるグライドライド3の特徴・用途をレビューします。前作のグライドライド2との違いについても解説します。

MetaRide

  • 定価(税込):29,700円
  • 重量(27.0cm):306g
  • 厚さ:38mm
  • ドロップ:0mm
  • ミッドソール:FF Propel + GEL
  • 対象レベル:サブ5~完走

 アシックスで最も高価なランニングシューズ。つま先とかかとの高低差がないゼロドロップが大きな特徴。足を置くだけで勝手に前に進む感覚が得られ、楽に走ることができる。

Racing (中〜上級者向け)

 ロードレースで活躍する中~上級者向けのモデル。Energy Savingシリーズと同様に、前足部の反りあがった形状が特徴。

METASPEED Sky+

  • 定価(税込):27,500円
  • 重量(27.0cm):205g
  • 厚さ:39.5mm
  • ドロップ:5mm
  • ミッドソール:FF Turbo + Carbon Plate
  • 対象レベル:サブ2.5

 アシックス最速のマラソンシューズ。カーボンプレートが内蔵されていて反発力が非常に高い

 初代モデルよりもフォーム材の圧縮を利用するため、ある程度ランナー自身の力が必要。前に進む感覚(ヴェイパー感)は初代モデルの方が強い。

METASPEED Edge+

  • 定価(税込):27,500円
  • 重量(27.0cm):210g
  • 厚さ:39.5mm
  • ドロップ:8mm
  • ミッドソール:FF Turbo + Carbon Plate
  • 対象レベル:サブ2.5

 メタスピードスカイ+よりもドロップが大きく、ピッチを上げやすい。初代モデルよりもフォーム材が16%増量され、前に押し出す感覚が強くなった

 ヴェイパーフライ(NIKE)の感覚に近いが、エッジ+の方がやや硬いエボライド系のシューズのように転がりつつ、省エネ走法で走れるのが特徴。

関連記事
【アシックス最速】メタスピードスカイ+/エッジ+ 比較!どっちが良い?

【アシックス最速】メタスピードスカイ+/エッジ+ 比較!どっちが良い?

アシックス最速のマラソンシューズであるメタスピードスカイ+/エッジ+の特徴・用途をレビューし、比較を行います。また、初代モデルやヴェイパーフライ(NIKE)との違いについても解説します。

MAGIC SPEED

  • 定価(税込):17,600円
  • 重量(27.0cm):230g
  • 厚さ:32mm
  • ドロップ:5mm
  • ミッドソール:FF Blast + Carbon Plate
  • 対象レベル:サブ3

 カーボンプレートは前足部のみに内蔵されているため、屈曲性がありメタスピード系と比べて脚に優しい。フルマラソンに限らずスピードトレーニングにもおすすめ。

関連記事
【ASICS】マジックスピードレビュー│メタスピードスカイとの比較も

【ASICS】マジックスピードレビュー│メタスピードスカイとの比較も

アシックスのサブ3向けシューズであるマジックスピード(MAGIC SPEED)のレビューをします。サブ2.5向けのメタスピードスカイ/エッジや、サブ3.5向けのハイパースピードとの違いも解説します。

HYPER SPEED

  • 定価(税込):9,890円
  • 重量(27.0cm):210g
  • 厚さ:28mm
  • ドロップ:5mm
  • ミッドソール:EVA
  • 対象レベル:サブ3.5

 Racingモデルに分類されているが、ソールは硬めでSpeedモデルに近い。ライトレーサー4と立ち位置が似ているが、ハイパースピードの方が長い距離に適している。

関連記事
【ASICS】ハイパースピード レビュー│ライトレーサー3との比較も

【ASICS】ハイパースピード レビュー│ライトレーサー3との比較も

アシックスのハイパースピードの用途、特徴をレビューします。また、他のシューズとの違いについても解説します。

Blast Beyond (全ランナー対象)

 反発力が高いフォーム材を使用し、楽しく弾むように走れるモデル。ウォーキングジムでの使用もおすすめ。

NOVABLAST 2

  • 定価(税込):17,600円
  • 重量(27.0cm):275g
  • 厚さ:40mm
  • ドロップ:8mm
  • ミッドソール:FF Blast

 アシックス最高の反発力を持つFF Blastをミッドソール全面に使用。Protectモデル(初心者向けシューズ)と位置付けが似ているが、ノヴァブラストの方が楽しく跳ねるように走ることができる。

関連記事
【ASICS】NOVABLAST 2レビュー│DYNABLAST2との違いは?

【ASICS】NOVABLAST 2レビュー│DYNABLAST2との違いは?

2021年7月にアシックスから発売されたノヴァブラスト2の特徴や用途を解説します。また、ダイナブラスト2との比較も行います。

DYNABLAST 2

  • 定価(税込):11,000円
  • 重量(27.0cm):252g
  • 厚さ:33mm
  • ドロップ:8mm
  • ミッドソール:FF Blast

 ノヴァブラスト2よりもクッション性反発力は落ちるものの、軽くてスピードが出しやすい。ノヴァブラストの陰に隠れがちだが、ジョギング、ロードレース、スピード練習など用途が幅広くおすすめ。

関連記事
【ASICS】ダイナブラスト2 レビュー│陰に隠れた良シューズ

【ASICS】ダイナブラスト2 レビュー│陰に隠れた良シューズ

ジョギング用にダイナブラスト2を購入しました。本記事ではダイナブラスト2の特徴・用途の解説、ノヴァブラスト2との比較をした後に、実際の使用感をレビューします。

Speed (部活生の定番)

 主にトラック(競技場)で使用する軽量シューズアップ~スピードトレーニングまで幅広く使用できる。

SORTIEMAGIC RP6

  • 定価(税込):16,500円
  • 重量(27.0cm):150g
  • 厚さ:21mm
  • ミッドソール:FlyteFoam + FF Propel

 薄底シューズの超定番トラックのレース(800m~)で使用可能。中高生が(スパイクではなく)シューズでレースに出る場合、大半がソーティの印象。

関連記事
【ASICS】ソーティマジックRP6 レビュー|ターサーRP2との違いは?

【ASICS】ソーティマジックRP6 レビュー|ターサーRP2との違いは?

アシックス最軽量のランニングシューズであるソーティマジックRP6の特徴・用途を解説します。前作のRP5やターサーRP2との比較も行います。

TARTHER RP2

  • 定価(税込):15,400円
  • 重量(27.0cm):175g
  • 厚さ:25mm
  • ミッドソール:FlyteFoam

 ソーティマジックRP6よりもクッション寄り。トラックのレース(800m~)では使用不可サブ3レベルのランナーや短距離選手スピード練習に最適

関連記事
【ASICS】ターサーRP2レビュー│初代RP、エッジ3との違いは?

【ASICS】ターサーRP2レビュー│初代RP、エッジ3との違いは?

アシックスのサブ3向けシューズであるターサーRP2の特徴・用途を解説します。初代RPや、ターサーエッジ3との比較も行います。

TARTHEREDGE 3

  • 定価(税込):15,400円
  • 重量(27.0cm):210g
  • 厚さ:27mm
  • ミッドソール:FlyteFoam

 ターサーRP2よりも2mm厚く、アウトソールがフラット形状のため脚に優しいサブ3.5レベルのランナーのスピード練習に最適。

関連記事
【ASICS】ターサーエッジ3レビュー│エッジ2との違いも解説

【ASICS】ターサーエッジ3レビュー│エッジ2との違いも解説

アシックスから発売されたターサーエッジ3の特徴・用途を解説します。前作のターサーエッジ2との比較も行います。

GEL-DS Trainer 26

  • 定価(税込):13,200円
  • 重量(27.0cm):241g
  • 厚さ:28mm
  • ミッドソール:FlyteFoam + GEL + DUOMAX

 StabilityシリーズのGT-2000 10のスピードモデルといえるシューズ。ジョギングにもスピード練習にも使用できる。

関連記事
【ASICS】GEL-DS TRAINER 26レビュー│前作の25との違いは?

【ASICS】GEL-DS TRAINER 26レビュー│前作の25との違いは?

アシックスのサブ4向けシューズであるGEL-DS TRSINER 26の特徴・用途を解説します。また、前作の25との比較も行います。

LYTERACER 4

  • 定価(税込):9,350円
  • 重量(27.0cm):225g
  • 厚さ:28mm
  • ミッドソール:FF Propel

 部活生の定番。安くて耐久性が高くコストパフォーマンスが高い。軽くてスピードが出しやすく、幅広い用途に対応

関連記事
【ASICS】ライトレーサー4 レビュー|アッパーのみ変更のマイナーチェンジ

【ASICS】ライトレーサー4 レビュー|アッパーのみ変更のマイナーチェンジ

アシックスの部活用シューズであるライトレーサー4の特徴・用途を解説します。また、ハイパースピードとの違いについても解説します。

Affordable (安さ重視)

 安さ重視の方におすすめ。軽めのランニングウォーキングジム用に最適。

JOLT 3

  • 定価(税込):4,950円
  • 重量(27.0cm):276g
  • ミッドソール:EVA

 アシックスで最も安いランニングシューズ。幅広で履き心地を重視している。Amazonのランニングシューズの売れ筋ランキング第1位

関連記事
アシックスの激安シューズ JOLT3 レビュー!JOLT2との違いも解説

アシックスの激安シューズ JOLT3 レビュー!JOLT2との違いも解説

アシックスの激安シューズであるJOLT3のレビューをします。また、前のモデルであるJOLT2との違いも解説します。

PATRIOT 12

  • 定価(税込):6,600円
  • 重量(27.0cm):252g
  • ミッドソール:EVA

 履き心地を重視したJOLT3よりも軽くてランニング向き通気性が高いため長時間快適に走れる。

GEL-Contend 7

  • 定価(税込):6,380円
  • 重量(27.0cm):268g
  • ミッドソール:AmpliFoam + GEL

 定価が6,000円台にも関わらず、GELが使用されクッション性が高い。ミッドソールのAmpliFoamも柔軟性があるが、上位モデルよりはへたりやすい

VERSABLAST MX

  • 定価(税込):7,700円
  • 重量(27.0cm):210g
  • ミッドソール:EVA

 Blast Beyondシリーズの廉価モデル。Racingモデルと同等の軽さで動きやすく、ちょっとした運動ジムでの使用がおすすめ。

おすすめ記事

【ASICS】エボライド2、グライドライド2を比較!違いや特徴は?

【ASICS】エボライド2、グライドライド2を比較!違いや特徴は?

アシックスのENERGY SAVING SERIESのエボライド2とグライドライド2の比較をします。また、初代モデルとの違いも解説します。

陸上部おすすめのシューズ9選│安くて用途が広いモデルを紹介!

陸上部おすすめのシューズ9選│安くて用途が広いモデルを紹介!

陸上部(主に中高生)おすすめのランニングシューズ9足を紹介します。本記事で紹介するシューズはレース用ではなく、安くて様々な場面で使用できるモデルです。

【Adida】アディゼロボストン11 詳細情報│アッパーの改良で10gの軽量化

【Adida】アディゼロボストン11 詳細情報│アッパーの改良で10gの軽量化

アディゼロボストン11の特徴・用途をレビューします。前作のボストン10やアディゼロジャパン7との比較も行います。

【アディダス】ウルトラブースト レビュー|DNA、PBの違いも解説

【アディダス】ウルトラブースト レビュー|DNA、PBの違いも解説

アディダスのウルトラブーストといえば、ランニングから普段履きまで使用できる万能なシューズです。本記事では、ウルトラブーストの特徴やシリーズの違いを解説し、またランナー目線でレビューしようと思います。