【初心者必見】一般市民ランナーの5km、10kmの年齢別の平均タイム

 市民ランナーの5km(5000m)、10km(10000m)の平均タイムを年齢別に調べてみたので紹介します。特に初心者の方で5kmや10kmから始める方も多いと思うので、目標を立てる上で参考にしてみてください。

平均タイム・タイム分布の記事リンク

年齢別

中学
高校
一般

大会別

MKディスタンス
日体大記録会

調査方法

 毎年ゴールデンウィーク中に開催される、春日部大凧マラソン5年分の全記録を収集しました。スタート位置でタイムが変わらないように、グロスタイムではなくネットタイムを収集しました。

 起伏が少ないコースで、かつ多くのランナーが出場している大会なので、精度のいいデータが得られたと思います。

平均タイム・タイム分布

5km

男子(28分38秒)

 全2156人のデータを収集した結果、市民ランナー男子の5kmの平均タイムは、28分38秒でした。

 年齢別に見ると、39歳以下が26分49秒、40代が26分08秒、50代が26分37秒、60歳以上が32分24秒でした。39歳以下よりも40代・50代の平均タイムの方が速いですが、この理由は若くて速い選手が10kmやハーフマラソンに出場しているためだと思われます。

年齢 平均 ~20:00 ~25:00 ~30:00
全体 28'38 18.3% 38.5% 59.5%
~39歳 26'49 26.0% 48.4% 70.8%
40代 26'08 27.6% 48.8% 68.7%
50代 26'37 24.0% 47.6% 69.1%
60歳~ 32'24 4.4% 21.0% 41.2%

 全体のタイム分布は以下のようになりました。横軸は1分ごとに区分けしています。縦軸は相対度数(データ数の割合)です。

男子5kmのタイム分布

 基本的にタイム分布は正規分布に近い形になるのですが、20~30分あたりが一様分布になっていました。5kmは特に初心者ランナーが多く出場していて、タイムのばらつきが大きくなったためだと思われます。また、20分を切ったところで相対度数が急激に高くなっていることから、20分切りを目標としているランナーが多いこともわかります。

 平均タイムは若いランナーで26分台となっていますが、ファンランも多いと思うので、全員が一生懸命走った場合もう少し平均タイムは速くなると思います。そのため、初心者はまず25分切りを目標とするのが良いと思います。25分であれば1kmあたりのペースがちょうど5分(キロ5)になるので目標にしやすいと思います。

女子(31分56秒)

 全1464人のデータを収集した結果、市民ランナー女子の5kmの平均タイムは、31分56秒でした。

 年齢別に見ると、39歳以下が31分13秒、40代が31分43秒、50歳以上が32分48秒でした。

年齢 平均 ~20:00 ~25:00 ~30:00
全体 31'56 1.1% 16.4% 38.5%
~39歳 31'13 2.0% 15.3% 41.8%
40代 31'43 0.4% 18.6% 41.9%
50歳~ 32'48 1.0% 15.2% 32.1%

 全体のタイム分布は以下のようになりました。横軸は男子と同様1分ごとに区分けしています。縦軸は相対度数(データ数の割合)です。

女子5kmのタイム分布

 平均タイムの31~32分あたりをピークとした比較的きれいな分布となりました。初心者は平均タイムよりも少し速い30分切りを目標とするのが良いと思います。30分であれば1kmのペースがちょうど6分(キロ6)になるので目標しやすいと思います。

10km

男子(58分40秒)

 全9405人のデータを収集した結果、市民ランナー男子の10kmの平均タイムは、58分40秒でした。全体的に5kmの出場層よりもレベルが高いです。

 年齢別に見ると、39歳以下が54分52秒、40代が56分45秒、50代が57分52秒、60歳以上が64分05秒でした。60歳以上に関しては、5kmの平均タイムの2倍よりも速いです。

年齢 平均 ~40:00 ~50:00 ~60:00
全体 58'40 4.9% 24.5% 57.9%
~39歳 54'52 10.8% 35.9% 68.8%
40代 56'45 5.8% 29.5% 64.8%
50代 57'32 3.3% 25.3% 61.8%
60歳~ 64'05 0.5% 10.1% 40.1%

 全体のタイム分布は以下のようになりました。横軸は1分ごとに区分けしています。縦軸は相対度数(データ数の割合)です。

男子10kmのタイム分布

 9000人以上の記録を収集したおかげもあって、かなりきれいな分布になりました。初心者は55分切りを目標にするのが良いと思います。10kmで55分だと1kmのペースが5分30秒になりますが、フルマラソンでいうと4時間切りができるペースになります。

女子(65分25秒)

 全3512人のデータを収集した結果、市民ランナー女子の10kmの平均タイムは、65分25秒でした。

 年齢別に見ると、39歳以下が65分50秒、40代が65分00秒、50歳以上が65分27秒でした。

年齢 平均 ~40:00 ~50:00 ~60:00
全体 65'25 0.3% 7.6% 30.8%
~39歳 65'50 0.6% 6.3% 29.7%
40代 65'00 0.2% 10.0% 33.9%
50歳~ 65'27 0.1% 6.3% 28.6%

 全体のタイム分布は以下のようになりました。横軸は男子と同様1分ごとに区分けしています。縦軸は相対度数(データ数の割合)です。

女子10kmのタイム分布

 こちらも平均タイム(65分)付近をピークとしたきれいな分布になりました。初心者は60分(1時間)切りを目標とするのが良いと思います。先ほどの5kmの目標ペースと同じキロ6(1km6分ペース)としましたが、60分切りを達成できたら脱初心者といって良い思います。

関連記事
【2021最新】初心者おすすめのランニングシューズ12選!選び方も解説

【2021最新】初心者おすすめのランニングシューズ12選!選び方も解説

初心者におすすめのランニングシューズを気分転換~レースまで、目的別に12足紹介します。また、シューズの選び方や購入方法についても解説します。

おすすめ記事

【年代別】フルマラソンの平均タイムを調査!サブ3、サブ4の割合は?

【年代別】フルマラソンの平均タイムを調査!サブ3、サブ4の割合は?

東京マラソンは毎年3万人以上のランナーが出走する大きな大会のため、データの収集にはもってこいです。本記事では、東京マラソンの日本人2年間の全記録を収集し、分析してみることにしました。

【永久保存版】陸上50m〜400mのタイム相関(換算)表

【永久保存版】陸上50m〜400mのタイム相関(換算)表

短距離選手なら練習でよく60mや150mを走ることがあると思います。本記事では、50m, 60m, 80m, 100m, 120m, 150m, 200m, 250m, 300m, 400mのタイムの相関(換算)について詳しくまとめました。

MKディスタンス5000m全結果を収集!平均タイムとタイム分布は?

MKディスタンス5000m全結果を収集!平均タイムとタイム分布は?

本記事では、多くの市民ランナーが出場するMKディスタンス5000mの全結果を収集し、平均タイムとタイム分布をまとめてみることにしました。

【学年別】高校生の100m、200m、400mの平均タイム

【学年別】高校生の100m、200m、400mの平均タイム

高校生陸上部の100m、200m、400mの平均タイムとタイム分布を、学年別・男女別に調べてみました。