【2023版】BROOKSのランニングシューズ8足まとめ│タイプ別に紹介 – Unattached Runner

【2023版】BROOKSのランニングシューズ8足まとめ│タイプ別に紹介

 ブルックス(BROOKS)のランニングシューズ8足をまとめました。購入時の参考になるようにタイプ別に分類しました。

シューズのタイプ解説

クッション(Cushion)

 クッション性に優れていて、ジョギング・ロードレース(サブ4〜完走)・タウンユースに適している。迷ったら代表モデルのゴースト15がおすすめ。

 EVA、ゴム、空気をブレンドしたソフト耐久性が高い「DNA LOFT」というフォーム材を使用している。

 フォーム材の処方製造方法を改善した「DNA LOFT v2」は、DNA LOFTよりも軽くてクッションが高い

 DNA LOFTに窒素を注入した「DNA LOFT v3」は、耐久性を損なわずにクッション性エネルギーリターンが改善されている。

エナジャイズ(Energize)

 ブルックスで最も反発力が高いフォーム材である「DNA AMP」が使用されている。DNA AMPはPU(ポリウレタン)の周りを薄いTPU(熱可塑性ポリウレタン)が覆う構成となっている。

 着地時の力によってPUが変形するが、PUよりもやや硬いTPUが変形量を規制することで大きなエネルギーを溜め込む。これにより、高いエネルギーリターンが得られるようになっている。

 クッションカテゴリーのシューズよりも硬いが、ジョギング以上のペースを出すならエナジャイズがおすすめ。

スピード(Speed)

 ブルックス最軽量のフォーム材である「DNA FLASH」、またはDNA LOFT・DNA AMPの中間の柔らかさを持つ「BioMoGo DNA」が使用される。

 DNA FLASHはエネルギーリターンに優れ、レーシングまたはトレーニングモデルのみに採用されている。

クッション(Cushion)

ゴースト15

  • 定価(税込):16,500円
  • 重量:280g(27.0cm), 250g(24.0cm)
  • 厚さ:35mm
  • ドロップ:12mm
  • ミッドソール:DNA LOFT v2
  • 対象レベル:サブ4~完走

 ブルックスの代表モデル。シンプルな構造で、クッション性安定性のバランスがとれている。

 ミッドソールがDNA LOFT v2にアップデートされ、前作(ゴースト14)よりもクッション性が向上した。

アドレナリンGTS22

  • 定価(税込):16,500円
  • 重量:289g(27.0cm), 258g(24.0cm)
  • 厚さ:36mm
  • ドロップ:12mm
  • ミッドソール:DNA LOFT + GuideRails 2.0
  • 対象レベル:サブ4~完走

 安定性に特化したモデル。後足部内側・外側にGuideRails 2.0が設けられ、接地時のねじれが抑制される。

 怪我が多い方や、ランニングフォームに不安がある方におすすめ。

グリセリン20

  • 定価(税込):18,150円
  • 重量(27.0cm):286g(通常モデル), 298g(GTS), 267g(StealthFit)
  • 厚さ:37mm
  • ドロップ:10mm
  • ミッドソール:DNA LOFT v3
  • 対象レベル:サブ4~完走

 クッション性に特化したモデル。通常モデルGTS(Go-To-Support)、StealthFitの3モデルが用意されている。

 GTSはGuideRailsによって安定性がサポートされるが、重量は10g程重く、定価は1,100円高くなる。

 StealthFitは伸縮性があるアッパーが使用され、靴下のような感覚が特徴。通常モデルよりも20g程軽い

エナジャイズ(Energize)

レビテイト5

  • 定価(税込):18,700円
  • 重量:278g(27.0cm), 244g(24.0cm)
  • 厚さ:30mm
  • ドロップ:8mm
  • ミッドソール:DNA AMP
  • 対象レベル:サブ4~完走

 クッション・スピードカテゴリーの中間に位置するようなモデル。ミッドソールにはブルックス最高の反発力を有するDNA AMPが採用されている。

 強度の高いスピードトレーニングには重いが、速めのジョギング・軽めのテンポ走までなら対応可能。

スピード(Speed)

ハイペリオンエリート3

  • 定価(税込):29,700円
  • 重量:230g(27.0cm)
  • 厚さ:35mm
  • ドロップ:8mm
  • ミッドソール:DNA FLASH + Carbon Plate
  • 対象レベル:サブ2.5~サブ3.5

 ブルックス最速のマラソンシューズ。カーボンプレート内蔵でエネルギーリターンに優れている。

 他社の厚底モデルと比較して安定性が高く、幅広いレベルのランナーに対応している。

ハイペリオンマックス

  • 定価(税込):22,000円
  • 重量:220g(27.0cm), 190g(24.0cm)
  • 厚さ:34mm
  • ドロップ:8mm
  • ミッドソール:DNA FLASH
  • 対象レベル:サブ2.5~サブ4

 ハイペリオンエリート3からカーボンを取り除いたような構成。インターバル、テンポ走、ロング走、マラソン(サブ3~サブ4)など用途が幅広く万能

 前足部が反りあがったロッカー形状を採用しており、体重移動がサポートされ効率的に推進力が得られる

ハイペリオンテンポ

  • 定価(税込):19,800円
  • 重量:207g(27.0cm), 190g(24.0cm)
  • 厚さ:30mm
  • ドロップ:8mm
  • ミッドソール:DNA FLASH
  • 対象レベル:サブ2.5~サブ4

 ブルックス最軽量のスピードモデル。中上級者のトレーニング用として人気が高い。

 ハイペリオンマックスの旧モデルのような印象があるが、4mm薄いためトラックでのトレーニングで使いやすい。

関連記事
【BROOKS】ハイペリオンテンポ レビュー│1足は持っておきたい超万能シューズ!

【BROOKS】ハイペリオンテンポ レビュー│1足は持っておきたい超万能シューズ!

ブルックスの軽量シューズであるハイペリオンテンポの特徴・用途を解説します。また、ハイペリオンテンポの厚底モデルともいえるハイペリオンエリート2との比較も行います。

ローンチ9

  • 定価(税込):12,100円
  • 重量:232g(27.0cm), 201g(24.0cm)
  • 厚さ:32mm
  • ドロップ:10mm
  • ミッドソール:BioMoGo DNA
  • 対象レベル:サブ3.5~サブ5

 ブルックスで最も安いモデル。軽くてスピードが出しやすく、強度の高いトレーニング以外なら何にでも使用可能

 部活用シューズのような位置づけで、アシックスのライトレーサーやナイキのライバルフライと似ている。

おすすめ記事

Onのランニングシューズ「CloudTec」の特許を調べてみた

Onのランニングシューズ「CloudTec」の特許を調べてみた

Onのランニングシューズはミッドソールに特許技術「CloudTec」を採用しているのが特徴で、雲の上のような走り心地を実現しています。本記事では、CloudTecの特許について調べたことを紹介します。

【メーカー別】3000mSCにおすすめのスパイク6選!

【メーカー別】3000mSCにおすすめのスパイク6選!

3000mSCは毎周水濠で足元が濡れてしまうため、シューズで走ると滑って不利になってしまいます。そのためスパイクの使用が必須ともいえます。そこで本記事では、3000mSCにおすすめのスパイクをまとめてみました。

陸上スパイクピンの選び方│長さ、形状、材質の違いは?

陸上スパイクピンの選び方│長さ、形状、材質の違いは?

陸上のスパイクピンには様々な長さ・形状のものがあります。これは各競技で最大限のパフォーマンスを発揮するために設計されてるためです。本記事では、陸上のスパイクピンの長さや形状の違いや選び方について解説します。

【比較表付き】On(オン)のランニングシューズ11足を徹底比較!

【比較表付き】On(オン)のランニングシューズ11足を徹底比較!

ランニング市場で成長率トップと言われているOn(オン)ですが、どのシューズを選べばいいか迷っている方も多いと思います。そこで本記事では、Onおすすめのランニングシューズ11足を目的別に比較してみました。