【2024版】Brooksのランニングシューズ10足まとめ│タイプ別に紹介 – Unattached Runner

サイトデザインをリニューアルしました!

【2024版】Brooksのランニングシューズ10足まとめ│タイプ別に紹介

 ブルックス(Brooks)のランニングシューズ10足をまとめました。購入時の参考になるようにタイプ別に分類しました。

シューズまとめ記事のリンク

メーカー別
レベル別
用途別

シューズのタイプ解説

クッション(Cushion)

 クッション性に優れていて、ジョギング・ロードレース(サブ4〜完走)・タウンユースに適しています。迷ったら代表モデルのゴースト15がおすすめです。

 EVA・ゴム・空気をブレンドしたソフト耐久性が高い「DNA LOFT」というフォーム材を使用しています。

 フォーム材の処方製造方法を改善した「DNA LOFT v2」は、DNA LOFTよりも軽くてクッションが高くなりました。

 DNA LOFTに窒素を注入した「DNA LOFT v3」は、耐久性を損なわずにクッション性エネルギーリターンが改善されました。

スピード(Speed)

 ブルックス最軽量のフォーム材である「DNA FLASH」、またはDNA LOFT・DNA AMPの中間の柔らかさを持つ「BioMoGo DNA」が使用されています。

 DNA FLASHはエネルギーリターンに優れ、レーシングまたはトレーニングモデルのみに採用されるフォーム材です。DNA FLASHを改良したDNA FLASH v2は、より軽量でエネルギーリターンが約10%向上しました。

エナジャイズ(Energize)

 ブルックスで最も反発力が高いフォーム材である「DNA AMP」が使用されています。DNA AMPはPU(ポリウレタン)の周りを薄いTPU(熱可塑性ポリウレタン)が覆う構成となっています。

 着地時の力によってPUが変形するものの、PUよりもやや硬いTPUが変形量を規制することで大きなエネルギーを溜め込み、高いエネルギーリターンが得られるようになっています。

 クッションカテゴリーのシューズよりも硬いですが、ジョギング以上のペースを出すならエナジャイズがおすすめです。

クッション(Cushion)

ゴースト15

  • 定価(税込):17,600円
  • 重量:280g(27.0cm), 250g(24.0cm)
  • 厚さ:39mm
  • ドロップ:12mm
  • ミッドソール:DNA LOFT v2
  • 対象レベル:サブ4~完走

 ブルックスの代表モデル。シンプルな構造で、クッション性安定性のバランスがとれている。

 ミッドソールがDNA LOFT v2にアップデートされ、前作(ゴースト14)よりもクッション性が向上した。

ゴーストマックス

  • 定価(税込):19,800円
  • 重量:285g(27.0cm), 255g(24.0cm)
  • 厚さ:39mm
  • ドロップ:6mm
  • ミッドソール:DNA LOFT v2
  • 対象レベル:サブ4~完走

 代表モデルであるゴーストの厚底モデル。ゴーストよりも厚い上にドロップが6mmと小さいため、よりクッションを感じることができる。

 ソールは幅広でロッカー形状となっているため、安定感もあり楽に走ることができる。

アドレナリンGTS23

  • 定価(税込):18,700円
  • 重量:290g(27.0cm), 260g(24.0cm)
  • 厚さ:36mm
  • ドロップ:12mm
  • ミッドソール:DNA LOFT v2 + GuideRails
  • 対象レベル:サブ4~完走

 安定性に特化したモデル。後足部に設けたGuideRailsにより接地時のねじれが抑制されため、怪我が多い方や、ランニングフォームに不安がある方におすすめ。

 ミッドソールには新たにDNA LOFT v2が採用され、前作よりもクッション性が向上した。

グリセリン21

  • 定価(税込):22,000円
  • 重量(27.0cm):280g(通常モデル), 300g(GTS), 265g(StealthFit)
  • 厚さ:38mm
  • ドロップ:10mm
  • ミッドソール:DNA LOFT v3
  • 対象レベル:サブ4~完走

 クッション性に特化したモデル。通常モデルGTS(Go-To-Support)、StealthFitの3モデルが用意されている。

 GTSはGuideRailsによって安定性がサポートされるが、重量は20gほど重くなる。

 StealthFitは伸縮性があるアッパーが使用され、靴下のような感覚が特徴。通常モデルよりも15gほど軽い

スピード(Speed)

ハイペリオンエリート4

  • 定価(税込):35,200円
  • 重量:205g(27.0cm)
  • 厚さ:40mm
  • ドロップ:8mm
  • ミッドソール:DNA FLASH v2 + Carbon Plate
  • 対象レベル:サブ2.5~サブ3.5

 ブルックス最速のマラソンシューズ。新しいフォーム材であるDNA FLASH v2を採用したことでエネルギーリターンが向上し、さらに25g軽量化された。

 他社の厚底モデルと比較すると硬めの乗り心地で安定性が高く、幅広いレベルのランナーに対応している。

ハイペリオンマックス

  • 定価(税込):24,200円
  • 重量:220g(27.0cm), 190g(24.0cm)
  • 厚さ:34mm
  • ドロップ:8mm
  • ミッドソール:DNA FLASH
  • 対象レベル:サブ3~サブ4

 ハイペリオンエリート3からカーボンを取り除いたような構成。インターバル、テンポ走、ロング走、マラソン(サブ3~サブ4)など用途が幅広く万能

 前足部が反りあがったロッカー形状を採用しており、体重移動がサポートされ効率的に推進力が得られる

ハイペリオン

  • 定価(税込):20,900円
  • 重量:215g(27.0cm), 195g(24.0cm)
  • 厚さ:29mm
  • ドロップ:8mm
  • ミッドソール:DNA FLASH
  • 対象レベル:サブ3~サブ4

 ハイオペリオンテンポの後継モデル。厚底モデルのハイペリオンマックスとの差異を大きくするためか、ハイペリオンテンポよりも少しソールが薄くなった

 スピード練習におすすめで、短距離選手にもおすすめ。マラソン向けの練習にはハイペリオンマックスの方が適している。

ハイペリオンテンポ

  • 定価(税込):19,800円
  • 重量:207g(27.0cm), 190g(24.0cm)
  • 厚さ:30mm
  • ドロップ:8mm
  • ミッドソール:DNA FLASH
  • 対象レベル:サブ3~サブ4

 ブルックス最軽量のスピードモデル。中上級者のトレーニング用として人気が高い。

 ハイペリオンマックスの旧モデルのような印象があるが、4mm薄いためトラックでのトレーニングで使いやすい。

関連記事

ローンチGTS10

  • 定価(税込):16,500円
  • 重量:245g(27.0cm)
  • 厚さ:32mm
  • ドロップ:10mm
  • ミッドソール:BioMoGo DNA + GuideRails
  • 対象レベル:サブ3.5~サブ5

 トレーニング用に設計されたモデルで、軽くてスピードが出しやすい。今作ではアッパーが強化され安定性が向上した。

 部活用シューズのような位置づけで、アシックスのライトレーサーやナイキのライバルフライと似ている。

エナジャイズ(Energize)

レビテイト6

  • 定価(税込):19,800円
  • 重量:300g(27.0cm), 269g(24.0cm)
  • 厚さ:30mm
  • ドロップ:8mm
  • ミッドソール:DNA AMP v2
  • 対象レベル:サブ4~完走

 クッション・スピードカテゴリーの中間に位置するようなモデル。ミッドソールにはブルックス最高の反発力を有するDNA AMP v2が採用されている。

 強度の高いスピードトレーニングには重いが、速めのジョギング・軽めのテンポ走までなら対応可能。