トップページをリニューアルしました!

【2024版】サブ4おすすめのランニングシューズ15選!カテゴリー別に紹介

サブ4の達成者の割合

東京マラソンの男女別タイム分布(2018年,2019年合算)

 過去の記事で紹介しましたが、フルマラソンでサブ4(4時間切り)を達成したランナーの割合は男性が32%、女性が18%でした。

 本記事では、多くのランナーの目標であるサブ4レベルのシューズカテゴリー別に紹介します。

シューズまとめ記事のリンク

メーカー別
レベル別
用途別

プレート内蔵モデル(カーボン)

S4 (Asics)

  • 定価(税込):22,000円
  • 重量(27.0cm):240g
  • 厚さ:39mm

 サブ4向けとしては珍しく、フルレングスのカーボンプレートを内蔵。さらに、上位モデルのメタスピード系列と同様のフォーム材(FF Turbo)を使用。

 サブ4レベルのランナーに対応できるように、下層に安定性に優れたFlyteFoamを配置し、接地面が広くなっている。

関連記事

ズームフライ5 (Nike)

  • 定価(税込):18,700円
  • 重量(27.0cm):272g
  • 厚さ:41mm

 ズームフライのミッドソールは2代目~4代目までリアクトだったが、今作からヴェイパーフライと同じズームXに変更された。

 ただしヴェイパーフライのズームXより硬く、周りがEVAフォームで囲まれているため、安定性が高くて遅めのペースにも対応できる。

 旧モデルよりもジョギング寄りのシューズとなったため、スピードを出すことが多ければズームフライ4が選択肢になる。

関連記事

ディヴィエイトニトロ2 (Puma)

  • 定価(税込):22,000円
  • 重量(27.0cm):264g
  • 厚さ:37mm

 上層に上位モデルと同じニトロエリートフォーム、下層にニトロフォームを配置した構成。

 2つのフォーム材の間にはカーボンプレートが内蔵されているが、先が2つに分かれたフォーク形状のため柔軟性が高く、クセが少なく履きやすい。

プレート内蔵モデル(カーボン以外)

クラウドモンスター2 (On)

  • 定価(税込):21,780円
  • 重量(27.0cm):295g
  • 厚さ:35mm

 Onの代表モデル。全モデルで最も大きいCloudパーツを採用し、ミッドソールに内蔵されたナイロンプレートと連携して大きな反発力を生み出す。

 重量は295gとやや重いが、独特のバウンス感のおかげで重さはそこまで気にならない。サイズ感(特に前足部)は大きいため、ハーフサイズダウンを推奨。

関連記事

アディゼロボストン12 (Adidas)

  • 定価(税込):18,700円
  • 重量(27.0cm):257g
  • 厚さ:38mm

 ボストン11まではがっちり系のクッションが特徴だったが、今作では下層がLightstrike 2.0にアップデートされ、よりソフトな乗り心地となった。

 Lightstrike 2.0は従来よりも密度が低いため前作から重量は10g以上軽量化され、スピードが出しやすくサブ3.5前後までは対応できる。

関連記事

FuelCell Propel v4 (New Balance)

  • 定価(税込):12,100円
  • 重量(27.0cm):285g
  • 厚さ:34mm

 FuelCellコレクションで最も安いモデルではあるが、前作から大きくアップデートされて大きく性能が向上した。

 前作よりも柔らかいミッドソールにTPUプレートが内蔵されたことで、クッションと反発力を感じやすくなった

関連記事

ウエーブリベリオンソニック2 (Mizuno)

  • 定価(税込):14,300円
  • 重量(27.0cm):240g
  • 厚さ:32mm

 ウエーブライダーのスピード版のようなモデル。軽量性・クッション性・反発力のバランスが取れている。

 上位モデルと同じくウエーブプレートは長手全域に伸びているが、柔軟性が高いため曲げやすい

デイリーモデル

ノヴァブラスト4 (Asics)

 弾力性に優れたFF Blast Plus Ecoをミッドソール全域に使用することで、バウンス感を追求したモデル。

 クッション性に優れている上にテンポ良く走ることができるため上級者にも人気様々な場面で活躍できる。

  • 定価(税込):15,400円
  • 重量(27.0cm):260g
  • 厚さ:41.5mm

関連記事

アディゼロSL (Adidas)

  • 定価(税込):14,300円
  • 重量(27.0cm):240g
  • 厚さ:33mm

 SLシリーズで初めてアディゼロコレクションに採用され、アディダスのデイリートレーナーとしての地位を確立した。

 旧モデルのSL20.3から6mm厚くなり、前足部には反発力クッション性に優れたLightstrike Proが配置された。

 適度な硬さがあり安定性が高く、重量は240gと比較的軽いためスピードが出しやすい

関連記事

ペガサス40 (Nike)

  • 定価(税込):16,500円
  • 重量(27.0cm):280g
  • 厚さ:31mm

 ナイキの代表モデルクッション性と反発力のバランスが良く、多くのトップランナーも使用。

 ミッドソールには反発力に優れたリアクトが使用され、前足部と後足部にZoom Airユニットが内蔵されている。履き心地が良い上に耐久性が高いため、普段履きジムでの使用もおすすめ。

関連記事

スピードモデル

FuelCell Rebel v3 (New Balance)

  • 定価(税込):14,850円
  • 重量(27.0cm):209g
  • 厚さ:31mm

 重量は209g超軽量。各社最速のレーシングモデルと同等の軽さで用途が幅広い

 ミッドソールのFuelCellはもちもちとした感触で、高い反発力とクッション性も兼ね備えている。また、幅を広くすることで安定性が改善された。

関連記事

エボライドスピード2 (Asics)

  • 定価(税込):14,300円
  • 重量(27.0cm):229g
  • 厚さ:35mm

 エボライドとグライドライドの中間に位置するようなモデル。エボライドよりもクッション性が高く、グライドライドよりも軽量

 適度に軽くて反発力に優れているためスピード練習にも対応。比較的安く、コストパフォーマンスに優れている。

関連記事

アディゼロジャパン8 (Adidas)

  • 定価(税込):16,500円
  • 重量(27.0cm):215g
  • 厚さ:29mm

 厚さが29mmと最近のシューズとしては薄いが、最速モデルのアディオスプロ3と同等の軽さでスピードトレーニングに最適。

 バージョン7ではクッション性と耐久性に課題があったが、新たなアッパーとミッドソール(Lightstrike 2.0)を採用することで改善された。

関連記事

ハイペリオンマックス (Brooks)

  • 定価(税込):24,200円
  • 重量(27.0cm):220g
  • 厚さ:34mm

 ミッドソールに最速モデルと同じDNA Flashを採用した厚底トレーニングモデル。旧モデルにあたるハイペリオンテンポよりも4mm厚い

 カーボンプレートは内蔵されていないため、プレート特有のクセが苦手な方におすすめ。

マッハ5 (HOKA)

  • 定価(税込):17,600円
  • 重量(27.0cm):235g
  • 厚さ:30mm

 適度なクッション性と反発力を備えたスピードモデル。上層は弾力性が高く、下層は硬くてアウトソールを兼ねている。

 さらに軽さを求める方はリンコン3も選択肢。マッハ5よりも若干クッションは落ちるが、テンポ良く走ることができる。

関連記事