【2022版】NIKEのランニングシューズ14足まとめ|目的別に紹介

 ナイキのランニングシューズ14足目的別にまとめました。購入時の参考にしてください。

代表的なモデル

 代表的なモデルは以下の通りです。この中で、一番代表的なモデルはエアズームペガサスです。また、安くて人気のモデルがエアズームライバルフライです。

Everyday (初心者向け)

 デイリートレーナーとも呼ばれるカテゴリーのシューズ。普段のジョギングなど日常的に使用できるように、クッション性や安定性が高い。フルマラソンをサブ5(5時間切り)~完走を目指すランナーにもおすすめ。

リアクトインフィニティ2

  • 定価(税込):19,250円
  • 重量(27.0cm):283g
  • 厚さ:32mm
  • ドロップ:9mm
  • ミッドソール:React
  • 対象レベル:サブ5~完走

 怪我ゼロを目指して最も開発期間が費やされたシューズ。クッション性安定性の高さから、初心者に限らず多くのトップランナーも日常的に使用している。

関連記事
【NIKE】リアクトインフィニティ2レビュー│インヴィンシブルランとの違いは?

【NIKE】リアクトインフィニティ2レビュー│インヴィンシブルランとの違いは?

ナイキのジョギングシューズであるリアクトインフィニティラン フライニット2の特徴・用途を解説します。

ズームX インヴィンシブルラン

  • 定価(税込):22,000円
  • 重量(27.0cm):278g
  • 厚さ:36mm
  • ドロップ:9mm
  • ミッドソール:ZoomX
  • 対象レベル:サブ5~完走

 リアクトインフィニティ2と同時に発売され、こちらも怪我防止を目的とした幅広な構造をしている。ミッドソールに弾力性の高いズームXが採用されているため、リアクトインフィニティ2よりもふかふかした感触が得られる。

エアズームストラクチャー24

  • 定価(税込):14,300円
  • 重量(27.0cm):300g
  • 厚さ:30mm
  • ドロップ:8mm
  • ミッドソール:クシュロン + Zoom Air
  • 対象レベル:サブ5~完走

 クッション性と安定性のバランスが取れたモデルエアズームペガサスと比較されることが多いが、ストラクチャーの方がZoom Airユニットが小さいため反発も小さく初心者向き

Training (初~中級者向け)

 ジョギング~レースまで使用可能な幅広いモデル。分かりやすさのため初~中級者向けとしているが、上級者がジョギングで使用することも多い(特にエアズームペガサス)。

エアズームペガサス38

  • 定価(税込):14,300円
  • 重量(27.0cm):290g
  • 厚さ:31mm
  • ドロップ:10mm
  • ミッドソール:React + Zoom Air
  • 対象レベル:サブ3.5~サブ5

 ナイキで最も代表的なモデル。クッション性反発力のバランスが良く全てのランナーにおすすめ。中〜上級者はジョギング用、初〜中級者はレース用におすすめ。履き心地が良いためスニーカー用途としても使用可能。

関連記事
【NIKE】ズームペガサス38レビュー│36、37との違いも解説

【NIKE】ズームペガサス38レビュー│36、37との違いも解説

2021年4月に発売されたナイキのエアズームペガサス(以下ペガサス38)のレビューをします。また、ペガサス36、37との比較も行います。

エアズームライバルフライ3

  • 定価(税込):9,350円
  • 重量(27.0cm):240g
  • 厚さ:28mm
  • ドロップ:8mm
  • ミッドソール:クシュロン + Zoom Air
  • 対象レベル:サブ3.5~サブ5

 部活生定番のモデル。実売価格は7,000円程度と非常に安く、耐久性にも優れていてコストパフォーマンスが高い。軽くてスピードが出しやすく、ジョギング〜スピードトレーニングまで幅広い用途に対応。

関連記事
【NIKE】ライバルフライ3レビュー!ペガサス38との比較も

【NIKE】ライバルフライ3レビュー!ペガサス38との比較も

2021年にナイキから発売されたエアズームライバルフライ3の特徴や用途を解説します。また、エアズームペガサス38との比較も行います。

エアズームボメロ16

  • 定価(税込):18,150円
  • 重量(27.0cm):292g
  • 厚さ:33mm
  • ドロップ:10mm
  • ミッドソール:ファイロン + ZoomX + Zoom Air
  • 対象レベル:サブ4~完走

 エアズームペガサスのプレミアムモデル的な位置付けのシューズ。ペガサスよりもクッション性と耐久性が高いが、履き心地を重視しているためスピードトレーニングにはペガサスの方が適している。

Racing (中~上級者向け)

 中~上級者向けのレーシングモデルズームフライテンポネクスト%は耐久性の高いリアクトが使用されているため、レースだけでなくトレーニングにも最適

ズームX ヴェイパーフライNext%2

  • 定価(税込):26,950円
  • 重量(27.0cm):196g
  • 厚さ:39mm
  • ドロップ:8mm
  • ミッドソール:ZoomX + Carbon Plate
  • 対象レベル:~サブ3

 トップランナー着用率ナンバーワン世界で最も人気といえるマラソン用シューズ。耐久性は高くないため、トレーニングでの使用は最小限にしておく必要がある。

エアズーム アルファフライNext%

  • 定価(税込):33,000円
  • 重量(27.0cm):215g
  • 厚さ:39mm
  • ドロップ:4mm
  • ミッドソール:ZoomX + Carbon Plate + Zoom Air
  • 対象レベル:~サブ3

 ヴェイパーフライと並ぶナイキ最速のマラソンシューズ。ヴェイパーフライより重量はあるものの、エネルギーリターンが高いため性能は同等。

ズームフライ4

  • 定価(税込):18,700円
  • 重量(27.0cm):272g
  • 厚さ:36mm
  • ドロップ:11mm
  • ミッドソール:React + Carbon Plate
  • 対象レベル:サブ3~サブ4

 ヴェイパーフライの練習用といえるモデル。ミッドソールはズームXではなくリアクトのため、耐久性が高くトレーニングに最適。ドロップが11mmと大きいため、ペースが落ちても前に進みやすい

関連記事
【NIKE】ズームフライ4レビュー│3との違い、ヴェイパーとの使い分けなど

【NIKE】ズームフライ4レビュー│3との違い、ヴェイパーとの使い分けなど

ナイキの中〜上級者向けシューズであるズームフライ4の特徴・用途を解説します。前作のズームフライ3との違いや、ヴェイパーフライとの使い分けも解説します。

エアズーム テンポネクスト%

  • 定価(税込):24,200円
  • 重量(27.0cm):264g
  • 厚さ:46mm
  • ドロップ:10mm
  • ミッドソール:React + Zoom Air
  • 対象レベル:サブ3~サブ4

 アルファフライの練習用といえるモデル。厚さが40mmを超えているため公認レースでは使用不可。反発が強くてペースが上がってしまうため、ジョギングではなくスピードトレーニング向き

ズームX ストリークフライ

  • 定価(税込):19,250円
  • 重量(27.0cm):170g
  • 厚さ:32mm
  • ドロップ:6mm
  • ミッドソール:ZoomX + Carbon Plate
  • 対象レベル:~サブ3

 5km〜10kmのレース用シューズ。ヴェイパーフライよりも薄くて軽く、屈曲性が高いためスピードが出しやすい。トラックでのスピードトレーニングにもおすすめ。

Shorter (ファンラン、安さ重視)

 ちょっとした運動・ランニング(~10km)におすすめで、比較的安めのモデルが多いハーフマラソン・フルマラソンに出る予定がなければShoterモデルでも十分だといえる。

レボリューション6

  • 定価(税込):6,600円
  • 重量(27.0cm):290g

 ナイキで最も安いランニングシューズ。ウォーキング、ジム、軽めのランニングにおすすめ。

関連記事
【NIKE最安】レボリューション5レビュー|普段使い~ランニングまで使える万能シューズ!

【NIKE最安】レボリューション5レビュー|普段使い~ランニングまで使える万能シューズ!

ナイキ最安のランニングシューズであるレボリューション5の特徴や用途を解説します。

フリーラン5.0

  • 定価(税込):12,100円
  • 重量(27.0cm):210g

▲モデルにより若干異なります。

 素足感覚が特徴で非常に柔軟性が高い。後ろの数字は、通常のランニングシューズを10としたときのクッション性を示している。初めて履く場合は5.0がおすすめ。

関連記事
【NIKE】フリーラン レビュー│特徴、効果、数字の違いを解説

【NIKE】フリーラン レビュー│特徴、効果、数字の違いを解説

本記事では、NIKEのフリーランの特徴、効果、数字の違いを解説します。また、ランニングでの使用感をレビューします。

ダウンシフター11

  • 定価(税込):7,150円
  • 重量(27.0cm):260g

 初心者向けシンプルなランニングシューズ。ランニングを始めたいけど金額は最小限に抑えたい場合におすすめ。

おすすめ記事

【2020冬】厚底ランニングシューズ11足を比較!

【2020冬】厚底ランニングシューズ11足を比較!

今話題の厚底シューズ(ここでは25mm以上と定義)についてメーカーごとに調べてみました。本記事では11足(10社)の厚底シューズについて値段、重量、特徴についてまとめてみました。

【ASICS】ソーティマジックRP6 レビュー|ターサーRP2との違いは?

【ASICS】ソーティマジックRP6 レビュー|ターサーRP2との違いは?

アシックス最軽量のランニングシューズであるソーティマジックRP6の特徴・用途を解説します。前作のRP5やターサーRP2との比較も行います。

【ミズノ】ウエーブライダー25レビュー│23、24、NEOとの違いは?

【ミズノ】ウエーブライダー25レビュー│23、24、NEOとの違いは?

ミズノのサブ5向けのシューズであるウエーブライダー25の特徴や用途を解説します。また、前作の23、24との比較も行います。

ランニングシューズのドロップとは?目安の大きさは何mm?

ランニングシューズのドロップとは?目安の大きさは何mm?

ランニングシューズのドロップ(オフセット)について、適切な大きさや特徴を解説します。