【永久保存版】陸上50m〜400mのタイム相関(換算)表

 短距離選手なら練習でよく60m150mを走ることがあると思います。その際に100mや200mだったらどれくらいのタイムが出るか気になると思います。

 そこで本記事では、50m, 60m, 80m, 100m, 120m, 150m, 200m, 250m, 300m, 400mのタイムの相関(換算)について詳しくまとめました。

タイム相関表の記事リンク

短距離
中距離
長距離
関連記事
【陸上】50m、60m、80m、120m、150m、250mのスタート位置

【陸上】50m、60m、80m、120m、150m、250mのスタート位置

400mトラックでスピード練習をしたいときにスタート位置ってどこだっけ?ってなることが多いのでまとめてみました。

タイム相関表

 まず初めにタイム相関表を示します。相関表の見方使い方については記事後半で解説します。

 表は100mで0.2秒間隔としていますが、0.05秒間隔とさらに細かくした相関表は50m~400mの各タイムの相関表(詳細版)に記載しています。

見切れている場合横にスクロールできます。

50m 60m 80m 100m 120m 150m 200m 250m 300m 400m
5.61 6.47 8.20 10.00 12.02 15.04 20.08 26.02 32.19 45.13
5.70 6.58 8.35 10.20 12.26 15.34 20.48 26.55 32.85 46.06
5.79 6.69 8.51 10.40 12.50 15.64 20.88 27.07 33.50 46.99
5.88 6.80 8.66 10.60 12.74 15.94 21.28 27.60 34.16 47.92
5.97 6.91 8.82 10.80 12.98 16.24 21.69 28.12 34.82 48.86
6.06 7.02 8.97 11.00 13.22 16.54 22.09 28.65 35.48 49.80
6.15 7.13 9.12 11.20 13.46 16.84 22.49 29.18 36.13 50.74
6.23 7.24 9.28 11.40 13.70 17.15 22.89 29.71 36.79 51.68
6.32 7.35 9.43 11.60 13.94 17.45 23.29 30.23 37.45 52.62
6.41 7.46 9.58 11.80 14.18 17.75 23.70 30.76 38.11 53.56
6.50 7.57 9.74 12.00 14.42 18.05 24.10 31.29 38.77 54.51
6.59 7.68 9.89 12.20 14.66 18.35 24.50 31.82 39.43 55.45
6.68 7.79 10.05 12.40 14.90 18.65 24.90 32.34 40.09 56.40
6.77 7.90 10.20 12.60 15.14 18.95 25.30 32.87 40.76 57.34
6.86 8.01 10.35 12.80 15.38 19.25 25.70 33.40 41.42 58.29
50m 60m 80m 100m 120m 150m 200m 250m 300m 400m
6.95 8.12 10.51 13.00 15.62 19.55 26.10 33.93 42.08 59.24
7.04 8.22 10.66 13.20 15.86 19.85 26.51 34.45 42.74 1:00.19
7.13 8.33 10.81 13.40 16.10 20.15 26.91 34.98 43.40 1:01.14
7.22 8.44 10.97 13.60 16.34 20.45 27.31 35.51 44.07 1:02.09
7.30 8.55 11.12 13.80 16.58 20.75 27.71 36.04 44.73 1:03.05
7.39 8.66 11.27 14.00 16.82 21.06 28.11 36.57 45.40 1:04.00
7.48 8.77 11.43 14.20 17.06 21.36 28.51 37.10 46.06 1:04.96
7.57 8.88 11.58 14.40 17.30 21.66 28.91 37.63 46.73 1:05.92
7.66 8.99 11.74 14.60 17.54 21.96 29.32 38.16 47.39 1:06.88
7.75 9.10 11.89 14.80 17.78 22.26 29.72 38.69 48.06 1:07.84
7.84 9.21 12.04 15.00 18.02 22.56 30.12 39.22 48.73 1:08.81
7.93 9.32 12.20 15.20 18.27 22.86 30.52 39.76 49.40 1:09.77
8.02 9.43 12.35 15.40 18.51 23.16 30.93 40.29 50.07 1:10.74
8.11 9.54 12.50 15.60 18.75 23.46 31.33 40.82 50.74 1:11.70
8.20 9.65 12.66 15.80 18.99 23.76 31.73 41.35 51.40 1:12.67
8.29 9.76 12.81 16.00 19.23 24.06 32.13 41.88 52.07 1:13.63
50m 60m 80m 100m 120m 150m 200m 250m 300m 400m

見切れている場合横にスクロールできます。

タイム予測

自己ベストから予測

 タイム相関表は、同じ列が同じ価値の記録になるように作っています。ただし、自分の専門種目によって同じ価値になるとは限らないため、個人ごとに相関表の見方が変わってきます

 100m寄りの選手の場合、自己ベストに丸をつけると左上から右下に並ぶと思います。逆に400m寄りの選手(または中長距離の選手)の場合は自己ベスト左下から右上に並びます。タイム予測は、自己ベストをきれいに通る直線(または曲線)を描くことで行うことができます。

自己ベストから予測

 例として、100mが11秒00、200mが22秒50、400mが50秒70の選手を考えます。この選手は100m寄りの選手のため、自己ベストは左上から右下に並びました。このように自己ベストを通る直線を引くことによって、150mのタイムが16秒70、300mのタイムが36秒50前後になると予測することができます

練習のタイムから予測

 練習のタイムから予測する場合は、手動計測が電動計測よりも0.2~0.3秒ほど速くなってしまうので補正をする必要があります。

練習のタイムから予測

 例として、400mの選手が練習で250mを全力で走って16秒54(手動計測)だった場合、200mの電動タイムはどれくらいになるか予測します。まず、練習では手動計測だったため、多めに見積もって+0.3秒補正して16秒84とします。

 このランナーは400mの選手のため、自己ベストは左下から右上に並ぶと考えられます。このため、16秒84を通って右上がりの直線を引くことによって、200mの電動タイムは22秒40前後になると予想することができます

 自己ベストを通る直線の傾きは専門種目によって変わり、スタミナ寄りの選手ほど傾きは右上がりになります(その逆も然り)。人によっては放物線のようになる場合もあります。そのため、練習のタイムからレースタイムを予測する場合は自分の自己ベストがどのように並ぶかを知っておく必要があります。

 また、距離が離れるほど予測精度は落ちてしまうので注意です。例えば50mのタイムから400mのタイムを予測した場合は誤差が大きくなる可能性が高いです。

おすすめ記事

【学年別】中学生陸上部の100m、200m、400mの平均タイム

【学年別】中学生陸上部の100m、200m、400mの平均タイム

中学生陸上部の100m、200m、400m(男子のみ)の平均タイムとタイム分布を調べてみたので紹介します。

【年齢別】50m走の平均タイム|100mとの換算も紹介

【年齢別】50m走の平均タイム|100mとの換算も紹介

 学生時代は誰もが走ったであろう50m走の平均タイムを年齢別(20代以上も対応)に紹介します。また100m走を走った場合、どれくらいのタイムが予想されるかの換算表も紹介します。 目次1 50m走の平均タイム1.1 小学生 […]

【年代別】ハーフマラソンの平均タイム|フルマラソンのタイム予測も

【年代別】ハーフマラソンの平均タイム|フルマラソンのタイム予測も

 ハーフマラソンの平均タイムとタイム分布を年齢別に調査したので紹介します。また、フルマラソンの予測タイムも紹介します。 目次1 平均タイム・タイム分布1.1 全年代1.2 20代以下1.3 30代1.4 40代1.5 5 […]

日体大記録会5000m全記録をデータ化!平均タイム、タイム分布は?

日体大記録会5000m全記録をデータ化!平均タイム、タイム分布は?

日体大長距離記録会といえば、学生をはじめ多数のランナーが自己ベストを狙って出場する有名な記録会です。本記事では、日体大長距離記録会の中でも最も出場人数の多い5000mの記録をデータ化してまとめてみました。