【2021最新】初心者おすすめのランニングシューズ12選!選び方も解説

 家にいる時間が長くなりジョギングを始めた方は多いのではないでしょうか。人によってダイエット・気分転換・フルマラソン完走など様々な目的があると思います。

 そこで本記事では、初心者におすすめのランニングシューズ目的別12足紹介しようと思います。

ランニングシューズの選び方

使用用途

 主な使用用途としてはファンラン・気分転換、トレーニング、レースの3つが挙げられると思います。

 ファンラン・気分転換など、ちょっとした運動不足解消ダイエット程度であれば、前に進みやすくて楽に走れるシューズを選ぶのが良いと思います。

 一方フルマラソン完走を目指してしっかりトレーニングをする場合は、怪我防止のためにクッション性の高いシューズを選ぶ必要があります。

 レース本番ではタイムを狙うため、トレーニング用シューズよりも軽くて反発力の高いシューズを選びます。レース用のシューズはレース本番までに数回履いて履き慣れておく必要があります。

何足必要か

 1足のみではシューズの癖によって同じ筋肉や骨に大きな負荷がかかり、怪我につながりやすくなります。さらには、バランスの悪いランニングフォームになって再び怪我をしてしまう悪循環に陥る恐れもあります。

 そのため、2足以上(できれば別のメーカー)のランニングシューズを揃えてバランス良く鍛える(過負荷を避ける)ことをおすすめします。

購入方法

 店頭であればステップ、ゼビオ、B&Dあたりが購入しやすいと思います。ただし定価で売られている場合が多いです。

 オンラインでは楽天市場で購入するのがおすすめです。上に挙げた店舗は楽天市場に出店していて、店頭価格より安く購入できる場合がほとんどです。

 オンラインでは試し履きができずに不安になると思いますが、その場合は余裕を持って0.5cm大きいサイズを購入することをおすすめします

 サイズが小さすぎると足の指が腫れたりマメができてしまいますが、大きすぎて困ることはほとんどありません。フルマラソンでは何時間も走ることになるのでサイズにゆとりにあった方が絶対に良いです。

ファンラン・気分転換用

 前に進みやすくて走りやすいシューズを紹介します。普段使いとしても使用できます。

【ADIDAS】ウルトラブースト

 見た目で選ぶならアディダスのウルトラブーストがおすすめです。スポーツショップというよりはABCマートで売られていることが多く、普段使いとしての印象が強いです。

 ミッドソールには、スパイクやレース用シューズにも使用されているBoost(ブースト)が全面に搭載されていて、ふかふかな履き心地と高い反発性が得られます。

 ウルトラブーストには21DNAなど様々なモデルがあって迷うかもしれませんが、大きな機能の差はないので見た目で選んでしまって問題ないです。

関連記事
【アディダス】ウルトラブースト レビュー|DNA、PBの違いも解説

【アディダス】ウルトラブースト レビュー|DNA、PBの違いも解説

アディダスのウルトラブーストといえば、ランニングから普段履きまで使用できる万能なシューズです。本記事では、ウルトラブーストの特徴やシリーズの違いを解説し、またランナー目線でレビューしようと思います。

【NIKE】フリーラン

 素足に近い感覚のシューズで、柔らかくてふにゃふにゃ曲がります。名前の後ろについている3.05.0クッション性の高さを表しています。

 アッパーは伸縮性があり靴紐を結び直さなくても履くことができるので普段履きにも最適で、気軽にランニングができるのが良いです。

 フリーランも年ごとに色や形状が変わることがありますが、こちらも機能に大きな差はないので見た目で選んでしまって大丈夫です。

関連記事
【NIKE】フリーラン レビュー│特徴、効果、数字の違いを解説

【NIKE】フリーラン レビュー│特徴、効果、数字の違いを解説

本記事では、NIKEのフリーランの特徴、効果、数字の違いを解説します。また、ランニングでの使用感をレビューします。

【ASICS】NOVABLAST 2

 アシックスにはBLAST(ブラスト)シリーズという反発力に特化したシリーズがあり、その最上位モデルノヴァブラストです。

 BLASTシリーズはアシックスがトランポリン効果と宣伝している通り、弾むような感覚で楽しく走ることができるので気分転換やダイエット目的としてぴったりです。

 ノヴァブラストの厚さはBLASTシリーズの中で最も厚い40mmで、ミッドソールにはアシックスで最も反発力の高いFlyteFoam Blast(フライトフォームブラスト)が採用されています。

関連記事
【ASICS】NOVABLAST 2レビュー│DYNABLAST2との違いは?

【ASICS】NOVABLAST 2レビュー│DYNABLAST2との違いは?

2021年7月にアシックスから発売されたノヴァブラスト2の特徴や用途を解説します。また、ダイナブラスト2との比較も行います。

【On】Cloudswift

 On(オン)はランニング市場で最も伸びているメーカーで最近よく見かけるようになりました。全てのランニングシューズがCloudTecという中空構造を持った特徴的なソールとなっていて、雲の上を走るような感覚を実現しています。

 CloudTecの中にはSpeedBoardと呼ばれる樹脂製のプレートが内蔵されていますが、CloudswiftではSpeedBoardがゆりかご形状となっていて、自然と足が前に進むように設計されています。

関連記事
Onのランニングシューズ「CloudTec」の特許を調べてみた

Onのランニングシューズ「CloudTec」の特許を調べてみた

Onのランニングシューズはミッドソールに特許技術「CloudTec」を採用しているのが特徴で、雲の上のような走り心地を実現しています。本記事では、CloudTecの特許について調べたことを紹介します。

トレーニング用

 クッション性が高いシューズを紹介します。ペースは5~7min/kmを想定しています。レース兼用としても問題ありません。

【NIKE】リアクトインフィニティ

 ナイキが怪我ゼロを挑戦して設計したシューズで、過去のシューズ(ズームストラクチャー22)と比べて怪我の発生率が52%も減少したことが実証されています。

 リアクトインフィニティの特徴はソールがゆりかご形状をしていることです。このゆりかご形状により、クッション性が高くなると安定性が悪くなってしまうという問題を解決しています。

 ナイキの初心者用シューズにはズームストラクチャーズームボメロというシューズもありますが、リアクトインフィニティが圧倒的に人気です。日本選手権に出場するようなトップランナーからも人気があり、日々のトレーニング用シューズの定番となりつつあります。

【ASICS】GEL-KAYANO 28

 アシックスの初心者向けシューズの定番で、2021年7月現在の最新モデルはGEL-KAYANO 28です。アシックスのシューズは日本人の足型に合っているという安心感から、ランニングを始めて最初にGEL-KAYANOシリーズを選んだ方も多いと思います。

 つま先とかかとの部分にGELという緩衝材が搭載されているためクッション性に優れています。トレーニング用として紹介していますが、フルマラソン完走目標のランナーにもおすすめできるシューズです。

 また、軽量性を重視する選手や体重の軽い選手には「GT-2000」もおすすめです。クッション性はGEL-KAYANOよりも低いですが、重量はGEL-KAYANO 27が315g(27.0cm)であるのに対して、GT-2000 9は281gとなっています。

 GT-2000は走力がついてサブ4~5レベルになったとしても、トレーニング用として使えるため万能なシューズといえます。

【HOKA】クリフトン 8

 軽量性を重視するならHOKAのクリフトンがおすすめです。重量はメンズ27.0cmで250g、ウィメンズ24.0cmで215gと分厚いソールからは考えられないほど軽いです。

 トレーニング用シューズとしては、ナイキのリアクトインフィニティと並んでこちらも多くのトップランナーからも支持されているシューズになります。

 クリフトンよりもさらにクッション性がほしい場合はBONDI(ボンダイ)をおすすめします。重量はメンズ27cmで303g、ウィメンズ24cmで252gとクリフトン7よりも重くなりますが、ふかふかなクッションが快適でスニーカーとしてもかなりの人気があります。

関連記事
【HOKA】クリフトンエッジ レビュー│通常モデルとの違いは?

【HOKA】クリフトンエッジ レビュー│通常モデルとの違いは?

 HOKA ONE ONE(ホカオネオネ)のクリフトンエッジのレビューをします。通常モデルのクリフトン7,8の違いも解説します。 目次1 全体レビュー2 通常のクリフトンとの違い2.1 安定性が高い2.2 ミッドソールが […]

【New Balance】HANZO U

 後足部のサポートとソール内側に配置された硬度の高いMedial Postによって安定性に特化させたシューズです。比較的安いので部活性のアップ用シューズとしても人気です。

 LSDウルトラマラソン(100km)にも対応しているためクッション性も抜群です。シューズの幅が3種類から選べるのも嬉しいポイントです。

レース用

 トレーニング用よりも軽くて反発力のあるシューズを選びました。サブ4~5レベルになってもトレーニング用として使用できます。

【HOKA】CARBON X

 初めて厚底カーボンシューズを選ぶならHOKAのCARBON Xがおすすめです。カーボンプレート特有のクセが少ないため、偏ったランニングフォームになる不安もありません。

 クッション性も抜群で、CARBON Xはウルトラマラソン(100km)を走ることが想定されているため、フルマラソンでは十分に使用可能といえます。

 HOKAの厚底カーボンシューズにはROCKET Xもありますが、CARBON Xの方がクッション性が高いです。CARBON Xでも十分に推進力が得られるのでまずはこちらを選ぶことをおすすめします。

【ASICS】GlideRide 2

 GlideRide(グライドライド)はアシックスのENERGY SAVINGシリーズの1つで、走行効率に着目して設計されたシューズです。このシリーズの一番の特徴はGUIDESOLE(ガイドソール)という弓形状のソールで、これにより自然と足が前に進むようになっています

 カーボンプレートは内蔵されていませんが、初心者向けの厚底シューズといえます。厚底なのでクッション性が高く、さらにGUIDESOLEの効果もあって無駄な力を使うことなく楽にフルマラソンを走れるはずです。

関連記事
【ASICS】エボライド2、グライドライド2を比較!違いや特徴は?

【ASICS】エボライド2、グライドライド2を比較!違いや特徴は?

アシックスのENERGY SAVING SERIESのエボライド2とグライドライド2の比較をします。また、初代モデルとの違いも解説します。

【MIZUNO】ウェーブライダー24

 ウェーブライダーは1997年から続くミズノの初心者用シューズの定番モデルで、スムーズな走り心地をコンセプトにしたシューズです。

 24代目のウェーブライダー24からはミズノ史上最高の反発性を誇るMIZUNO ENERGYがかかと部に搭載されています。

 ウェーブプレートがかかとから設置したときの衝撃を和らげ、MIZUNO ENERGYの反発力との相乗効果でスムーズに体重移動ができるようになっています。

【ADIDAS】Adizero JAPAN 6

 5km〜ハーフマラソンまでであればアディダスのアディゼロジャパン6をおすすめします。ミッドソールはLIGHTSTRIKE PROLIGHTSTRIKEを組み合わせていて、それぞれ異なる役割を持っています。

 LIGHTSTRIKE PRO軽さ、反発性、クッション性の全てを兼ね備えた材質です。アディダス最速のマラソンシューズであるAdizero Adios Pro 2.0にも使用されている材質です。

 LIGHTSTRIKE硬めの感触を持った材質で、下側に配置されています。LIGHTSTRIKE PROが柔らかいので、安定性と耐久性を補うために使用されています。

関連記事
【Adidas】 Adizero Japan 6 レビュー│歴代モデルの比較も

【Adidas】 Adizero Japan 6 レビュー│歴代モデルの比較も

アディゼロジャパン6(アディオス6)の特徴・用途を歴代モデルと比較を行いながら解説します。

おすすめ記事

【2020冬】厚底ランニングシューズ11足を比較!

【2020冬】厚底ランニングシューズ11足を比較!

今話題の厚底シューズ(ここでは25mm以上と定義)についてメーカーごとに調べてみました。本記事では11足(10社)の厚底シューズについて値段、重量、特徴についてまとめてみました。

【NIKE最安】レボリューション5レビュー|普段使い~ランニングまで使える万能シューズ!

【NIKE最安】レボリューション5レビュー|普段使い~ランニングまで使える万能シューズ!

ナイキ最安のランニングシューズであるレボリューション5の特徴や用途を解説します。

【HOKA】クリフトンエッジ レビュー│通常モデルとの違いは?

【HOKA】クリフトンエッジ レビュー│通常モデルとの違いは?

 HOKA ONE ONE(ホカオネオネ)のクリフトンエッジのレビューをします。通常モデルのクリフトン7,8の違いも解説します。 目次1 全体レビュー2 通常のクリフトンとの違い2.1 安定性が高い2.2 ミッドソールが […]

【メーカー別】3000mSCにおすすめのスパイク6選!

【メーカー別】3000mSCにおすすめのスパイク6選!

3000mSCは毎周水濠で足元が濡れてしまうため、シューズで走ると滑って不利になってしまいます。そのためスパイクの使用が必須ともいえます。そこで本記事では、3000mSCにおすすめのスパイクをまとめてみました。