アシックスのミッドソール「FlyteFoam」の特許を調べてみた

 ランニングシューズ業界では各社が様々なミッドソールを開発しています。その中でも、本記事ではアシックスの「FlyteFoam(フライトフォーム)」について特許を調べてみたので紹介しようと思います。

FlyteFoamとは

METARUN

METARUN (ASICS公式HPより引用)

 アシックスは従来は軽量性を目的として「Solyte」という材料を使用していましたが、このSolyteを上回る材料として開発されたのが「FlyteFoam」です。

 アシックス最軽量のミッドソール素材で、業界標準のミッドソール素材(EVA)より約55%軽いです。さらに耐久性と高いクッション性も同時に実現しています。

 FlyteFoamは2015年11月に発売されたMETARUN(メタラン)に初めて搭載されました。金色のミッドソール側面にFlyteFoamと刻まれているのが分かれます。革新的なランニングシューズとして発売され、27000円(+税)という価格からもかなりの自信が感じ取れます。

 また、「FlyteFoam」以外にも「FlyteFoam Lyte」「FlyteFoam Propel」などといった素材もあります。詳しくはこれから特許と共に解説します。

FlyteFoamの特許

 FlyteFoamの特許は特許第5756893号であると思われます。2015年5月に特許として登録され、2015年11月プレスリリースでFlyteFoamが特許取得済と記載されているので、おそらく間違いないと思います。

 メインクレームは以下の通りです(簡潔に書き直しています)。

シューズ部材:

  • ポリマーフォームによって一部又は全部が形成されている

ポリマーフォーム:

  • 中に繊維が分散されている
  • 内部に前記繊維を存在させている気泡と、繊維を存在させていない気泡が形成されている
  • 繊維が存在する気泡の大きさが、繊維が存在しない気泡に比べて大きい

 さらに、サブクレームに以下の記載があります(主なものを抜粋)。

繊維:

  • 繊維の平均長さが500μm以上、平均径が0.5μm~200μm

ポリマーフォーム:

  • 比重が0.01~0.15
FlyteFoamのSEM像

【引用】特許第5756893号 図2より(一部加工しています)

 画像のように、気泡の大きい部分(繊維あり)と小さい部分(繊維なし)があることが特徴のようです。この特徴により、優れた復元性が発揮される(圧縮永久ひずみが小さくなる)と記載されています。

 またこの画像で使用されているのは、直鎖状低密度ポリエチレンにポリアミド繊維を含ませた素材です。特許には明記されていませんが、FlyteFoamも同様の(またはそれに近い)素材が使用されていると思われます。

 さらに、比重についてクレームでは0.01~0.15と広い範囲でとられていますが、本文中では0.05~0.15が好ましいとの記述があります。これより、FlyteFoamの比重はおおよそ0.1前後ということも推測できます。

FlyteFoam Lyteの特許

GEL-KAYANO 25

GEL-KAYANO 25 (アシックス公式HPより引用)

 「FlyteFoam Lyte」は、セルロースナノファイバー(CNF)を活用することで、FlyteFoamの軽量性を維持したまま、FlyteFoamよりも強度を約20%、耐久性を約7%高めた素材です。ミッドソールの刻印はFlyteFoamと同じです。

 FlyteFoam Lyteの特許はWO2019/220633であると思われます(2021年2月現在では出願中)。これも特許の内容から考えて間違いないと思います。

 メインクレームは以下の通りです(簡潔に書き直しています)。

シューズのミッドソール:

  • 架橋ポリオレフィン樹脂発泡体で構成される

架橋ポリオレフィン樹脂発泡体:

  • 融点75℃を超える高融点ポリオレフィン樹脂を1種類以上含む
  • 軟化剤補強材を含む

軟化剤:

  • 融点40℃~75℃の結晶性樹脂又はガラス転移温度が40℃~75℃の非晶性樹脂の何れかを含む

補強材:

  • セルロースナノファイバー又はカーボンナノファイバーの何れかを含む

 いろいろ書かれていて難しいですが、FlyteFoamと大きく異なるのは繊維の大きさとミッドソールの材質です。

 繊維の大きさについて、FlyteFoamでは平均径が0.5μm~200μmとなっていましたが、FlyteFoam Lyteはナノファイバー繊維で1nm~400nm程度と小さくなっています。繊維が小さくなることで、個々の気泡の膜も補強できるようになるみたいです。

 ミッドソールの材質については、FlyteFoamでは大きな限定はなかったのに対して、FlyteFoam Lyteでは細かい記述があります。本文中では、エチレン-αオレフィン共重合体、EVA、直鎖状低密度ポリエチレン3種類の樹脂を含有することが好ましいと記述されています。

 また、比重については0.07~0.15が好ましいとの記述がありました。この範囲はFlyteFoamの比重と重なっています。

 このようにFlyteFoamの上位互換のようにも感じる素材ですが、FlyteFoam Lyteが採用されているシューズはあまり多くありません。GEL-KAYANO 25では採用されていたのに26以降ではなくなっていたりもします。恐らくコストなど不利な条件があるのだと思われます。

FlyteFoam Propelの特許

ソーティマジック RP5

SORTIEMAGIC RP5 (アシックス公式HPより引用)

 Propel(推進)という名の通り、推進性・反発性に優れた素材です。FlyteFoamの刻印とは異なり、右側に丸書いてちょんしてあるのがFlyteFoam Propelで見分けることができます。従来反発性を目的として使用されていた「SpEVA」という材料は、今後はFlyteFoam Propelの名称に統一されるみたいです。

 FlyteFoam Propelの特許は特許第5719980号であると思われます(自信は50%くらい)。メインクレームは難しすぎるため割愛します(スピン-スピン緩和時間とかいう用語が謎でした)。ざっくりいうと、スピン-スピン緩和時間が異なる3相をバランス良く含むことが書かれています。

 サブクレームには、以下の記載があります(主なものを抜粋)。

ポリマー組成物:

  • スチレン系熱可塑性エラストマーをを含む
  • エチレンとα-オレフィンとのブロックコポリマーを含む
  • ポリエステル系熱可塑性エラストマーを含む
  • ポリアミド系熱可塑性エラストマーを含む

 この中のスチレン系熱可塑性エラストマーについては、アシックス公式の技術紹介で含まれていることが分かっています。この他、独自のPEが含まれるとの記載があります。

FlyteFoam Propelの比重

【引用】アシックス公式HPより

 比重については、本文中に0.05~0.30が好ましいとの記載がありますが、アシックスの技術紹介のグラフを見る限り0.2を少し超えています。これより、FlyteFoam Propelの比重はFlyteFoamの約2倍であることが分かります。

 実際に、FlyteFoam Propelを全面に使用したEVORIDEよりも、FlyteFoamを全面に使用したEVORIDE 2の方が、厚くなったにもかかわらず20gくらい軽いです。

おすすめ記事

陸上スパイクピンの選び方│長さ、形状、材質の違いは?

陸上スパイクピンの選び方│長さ、形状、材質の違いは?

陸上のスパイクピンには様々な長さ・形状のものがあります。これは各競技で最大限のパフォーマンスを発揮するために設計されてるためです。本記事では、陸上のスパイクピンの長さや形状の違いや選び方について解説します。

【ミズノ】デュエルソニック2レビュー│短距離おすすめの部活用シューズ!!

【ミズノ】デュエルソニック2レビュー│短距離おすすめの部活用シューズ!!

ミズノの部活用シューズであるデュエルソニック2の特徴を解説します。また、短距離選手におすすめな理由も解説します。

【Adidas】Adizero RC3レビュー│使いどころやRC2との違いを解説

【Adidas】Adizero RC3レビュー│使いどころやRC2との違いを解説

アディダスから発売されたアディゼロRC3の特徴や用途を解説します。前作のRC2との比較も行います。

【ASICS】ライトレーサー3レビュー│部活生定番の万能シューズ!

【ASICS】ライトレーサー3レビュー│部活生定番の万能シューズ!

アシックスのライトレーサー3の特徴や用途を解説します。前作のライトレーサー2やターサーシリーズとの比較も行います。