【ASICS】マジックスピードレビュー│メタスピードスカイとの比較も

 アシックスのサブ3向けシューズであるマジックスピード(MAGIC SPEED)のレビューをします。

 サブ2.5向けメタスピードスカイ/エッジや、サブ3.5向けのハイパースピードとの違いも解説します。

関連記事
【ASICS】ハイパースピード レビュー│ライトレーサー3との比較も

【ASICS】ハイパースピード レビュー│ライトレーサー3との比較も

アシックスのハイパースピードの用途、特徴をレビューします。また、他のシューズとの違いについても解説します。

全体レビュー

MAGIC SPEED 特徴

本記事では、商品に関する画像はASICS公式HPより引用しています。

 マジックスピードは2021年にアシックスから発売されたサブ3ランナー向けのレース用シューズです。

 程良い反発クッション性があるので、トップランナーのトレーニング(インターバル、テンポラン、距離走など)にも活用できます。

 ミッドソールの材質には、FlyteFoam Blastというアシックス最高の反発力を誇る素材が採用されています。

 また、ソールは弓形状のガイドソールとなっていて、前足部にカーボンプレートが内蔵されています。

 このガイドソールカーボンプレートの役割によって、効率的に前に進む力が働くようになっています。

 重量230g(27.0cm)と軽量ですが、ヴェイパーフライ(NIKE)のようなトップランナー向けシューズと比較するとやや重いです。

 ペースは3'30"/km〜4'30"/kmくらいが一番合っています。ただ反発力はあるので、重量は少し気になるもののキロ3切りも対応できます。

MAGIC SPEED 厚さ

 厚さ32mm厚底の部類に入ります。ただし、カーボンプレートによってある程度の剛性があるため、沈み込みすぎることはなく素早く跳ね返ってきます

メタスピードスカイ/エッジとの違い

対象レベル

メタスピードスカイ メタスピードエッジ マジックスピード
レベル サブ2.5 サブ2.5 サブ3
推進力 ★★★ ★★★ ★★
走行効率性 ★★★ ★★★ ★★★
クッション性 ★★★★ ★★★★ ★★★
重量(27.0cm) 199g 188g 230g

ASICS公式による比較表

 アシックス公式では、メタスピードスカイ/エッジ(以下メタスピード)はサブ2.5マジックスピードサブ3向けのシューズと紹介されています。

 サブ2.5のペースキロ3分半(3'30"/km)くらいになりますが、これより速いペースになるほどカーボンプレートの恩恵が大きくなるように設計されています。

 そのため、キロ3分半より遅いペースではカーボンプレートの恩恵が薄れてしまいます

 (カーボンプレートは、マジックスピードは前足部のみですが、メタスピードはソール全域に広がっています。)

 ゆっくりなペースでも安定して走れるので大きな弊害はありませんが、価格や耐久性を考えるとメタスピードを履くのはもったいないです。

ミッドソール

MAGIC SPEED ミッドソール

 重量を比較すると、メタスピードの方が30g以上軽いことがわかります。この理由はミッドソールの材質が異なるからです。

 ミッドソールの材質は、マジックスピードFlyteFoam Blast(FF Blast)メタスピードFlyteFoam Turbo(FF Turbo)となっています。FF Blastは先ほども書いたようにアシックス最高の反発力をもつ材質です。

 ノヴァブラストに使用されている材質と同じですが、カーボンプレートの影響なのかノヴァブラストよりも硬く感じます

 一方でFF Turboは、アシックス公式に「軽量フォーム材の中で最も反発性が高い」との記載があります。

 この書き方から分かるように、アシックスで最も反発が高いFF Blastは軽量フォーム材ではないことになります(重い訳ではないです)。

 このようにFF BlastよりもFF Turboの方が軽いことが、マジックスピードよりもメタスピードの方が軽い理由になります。

ハイパースピードとの違い

マジックスピードとハイパースピードの違い

 マジックスピードハイパースピードの主な違いはミッドソールです。

 ミッドソールの素材はマジックスピードFF Blastですが、ハイパースピードEVAという標準的な素材が使われています。

 FF Blastの方がEVAより反発力もクッション性も高いですが、重量はやや重いです。

 そのため、ハイパースピード反発力・クッション性でマジックスピードに劣りますが、重量はマジックスピードよりも20g軽いです。

 また、価格にも大きな差があります。ハイパースピードは定価(税込)9,790円とマジックスピードの半額程度となっています。

 ハイパースピードは軽くて様々な場面で使用できるため、コスパの高い万能なシューズといえます。

メタレーサーとの違い

マジックスピードとメタレーサーの違い

 メタレーサーはマジックスピードよりも薄くて軽量なため、適正距離が短くスピード寄りのシューズといえます。

 具体的な数値は、重量が190g(27.0cm)、厚さが29mm程度で、マジックスピードよりも40g軽く3mmほど薄いです。

 さらに、カーボンプレートソール全域に内蔵されているため安定性が高く、この点でもマジックスピードよりも速いスピードに適しているといえます。

 マジックスピードより40gも軽い理由は、ミッドソールに軽量フォームFlyteFoam(マジックスピードはFF Blast)が使用されているためです。

 FlyteFoamはFF Blastと比べて反発力は劣りますが、メタレーサーは反発力をソール全域のカーボンプレートで補っている形になります。

 クッション性はマジックスピードの方が高いので、10km以下のレースならメタレーサーハーフマラソンなら迷いどころ、フルマラソンならマジックスピードといったところです。

他社の似たシューズと比較

 マジックスピードと同様に、カーボンプレートが使用されているものの上位モデルが存在するシューズと比較します。

重量(27.0cm) 厚さ カーボン
マジックスピード 230g 32mm 前足部
ズームフライ3 262g 36mm 全域
FuelCell TC 260g 34mm 全域
ボストン10 280g 39.8mm 前足部(5本指形状)

 他のメーカーのシューズと比べると軽さが目立ちますが、対象レベルが少し違います。

 マジックスピードはサブ3レベルのシューズでしたが、ズームフライ3(NIKE)、FuelCell TC(New Balance)、アディゼロボストン10(Adidas)サブ3.5〜サブ4レベルのシューズです。

 マジックスピードと比べると、ズームフライ3安定性が高く、FuelCell TCクッション性が高いです。

 また、ボストン10安定性・クッション性・耐久性の全てが高いですが、重量がやや重いのが気になります。

 このように、マジックスピードは上位モデル(メタスピード)が存在するのにサブ3レベルという今までになかったようなシューズになります。

まとめ

 マジックスピードの特徴や用途をまとめると以下のようになります。

  • 用途フルマラソン(サブ3)、距離走、テンポランなど
  • ペースは3'30"/km〜4'30"/kmが最適
  • ASICS最高の反発力を持つFF Blastを使用
  • ガイドソールと前足部のカーボンプレートにより走行効率性が向上

おすすめ記事

【チャート付き】ニューバランスのランニングシューズ(FuelCell)を比較!

【チャート付き】ニューバランスのランニングシューズ(FuelCell)を比較!

ニューバランスのランニングシューズ(FuellCellシリーズ)について、初心者から上級者までレベル別・用途別に分かりやすく紹介します。

ガーミンの精度について調査!GPS、心拍数、予想タイムは正しいのか?

ガーミンの精度について調査!GPS、心拍数、予想タイムは正しいのか?

ガーミンのGPS機能、光学心拍計、VO2Max、フィニッシュタイム予想などの機能の精度について、6年以上使用している私なりの考えをまとめてみました。

陸上スパイクピンの選び方│長さ、形状、材質の違いは?

陸上スパイクピンの選び方│長さ、形状、材質の違いは?

陸上のスパイクピンには様々な長さ・形状のものがあります。これは各競技で最大限のパフォーマンスを発揮するために設計されてるためです。本記事では、陸上のスパイクピンの長さや形状の違いや選び方について解説します。

【HOKA】クリフトンエッジ レビュー│通常モデルとの違いは?

【HOKA】クリフトンエッジ レビュー│通常モデルとの違いは?

 HOKA ONE ONE(ホカオネオネ)のクリフトンエッジのレビューをします。通常モデルのクリフトン7,8の違いも解説します。 目次1 全体レビュー2 通常のクリフトンとの違い2.1 安定性が高い2.2 ミッドソールが […]