【HOKA】リンコン3レビュー│マッハ4との違いも解説!

 ホカオネオネの軽量シューズであるリンコン3特徴・用途を解説します。用途が似たシューズであるマッハ4との違いも解説します。

全体レビュー

リンコン3 特徴

本記事では、商品に関する画像は各メーカー公式HPより引用しています。

 リンコン3軽量性が特徴のシューズです。重量(27.0cm)は210gで、アルファフライ(NIKE)と同等の軽さです。

 ホカオネオネの代表的なシューズであるクリフトンボンダイと比べるとやや硬いですが、スピードが出しやすく用途が広いです。

 速めのジョギング〜テンポ走での使用がメインになりますが、フルマラソン(サブ4前後)で使うこともできます。

 上級者向けのレーシングシューズであるロケットXと構造が似ているため、ロケットXの練習用として持っておくのも良いと思います。

前作からのアップデート内容

リンコン3と2の違い

 リンコン3の一番のアップデート内容は耐久性です。アウトソールのゴムの量が増量したため、リンコン2の課題であった耐久性が改善されました。

 また、アッパーの改良により重量は8g軽量化され、通気性も向上しました。ミッドソールは大きな変更がなく、乗り心地は同じです。

 ダウングレードされた点は見当たらないため、値段に大きな差がなければリンコン3を選ぶことをおすすめします。

マッハ4との違い

リンコン3とマッハ4の違い

 リンコン3のミッドソールは単一層(コンプレッションEVA)ですが、マッハ4二層となっています。

 上層PROFLYと呼ばれる柔らかい材質、下層ラバライズドEVAが使用されていて、下層はアウトソールの役割も兼ねています。

 上層のPROFLYは柔らかいものの、下層のラバライズドEVAはリンコン3のミッドソールよりも硬いため、全体としてはやや硬い接地感となります。

 耐久性はリンコン3の方が高いです。マッハ4はミッドソールがむき出し(アウトソールがない)のため摩耗が早いです。

 これらのミッドソール構造をカーボンプレート内蔵のレーシングモデルと比較すると、リンコン3はロケットX、マッハ4はカーボンX2と対応しています。

リンコン3とマッハ4のミッドソール

 また、ヒール部の形状を比較すると、マッハ4はリンコン3よりも突き出た形状(Swallow Tail構造)となっています。

 この形状はフィットネス用シューズであるカワナにも採用され、かかと接地の場合でもスムーズな体重移動をサポートする役割があります。

 ただし、ミッドソールのボリュームが増えるため、重量はリンコン3の方が20g程度軽いです。

 このように違いは何点かあるものの、どちらもジョギング〜テンポ走、フルマラソンに使えるシューズで用途はほぼ同じです。

 どちらにするかは基本的に好みで選んで良いですが、マッハ4の方がややジョギング寄りの位置付けです。

 このため、ジョギングシューズと兼ねたい場合はマッハ4別にもう1足欲しいならリンコン3という選び方をしても良いと思います。

リンコン3と似たシューズ

RINCON 3 FuelCell REBEL v2 Hyperion Tempo
メーカー HOKA New Balance BROOKS
重量(27.0cm) 210g 204g 207g
厚さ 33mm 31mm 30mm
ミッドソール CMEVA FuelCell DNA FLASH

 リンコン3と用途が似たシューズにはFuelCell REBEL v2 (New Balance)、Hyperion Tempo (BROOKS)が挙げられます。

 これらのシューズは30mmを超える程の厚さがありますが、軽量でスピード練習にも使える点で似ています。

 FuelCell REBEL v2のミッドソールはもちもちしていて非常にクッション性が高いです。反発力も高くインターバルにも対応しますが、柔らかすぎて安定性はやや低いです。

 ハイペリオンテンポ高い反発力が特徴です。ミッドソールはやや硬いものの、安定性が高いためトラックでの練習にもおすすめです。

関連記事
【NB】FuelCell REBEL v2 レビュー│アキレス部のカットで超快適に!

【NB】FuelCell REBEL v2 レビュー│アキレス部のカットで超快適に!

ニューバランスのトレーニングシューズであるFuelCell REBEL v2のレビューをします。初代モデルとは全く違うシューズといえるほどアップデートされたので、比較しながら解説していきます。

【BROOKS】ハイペリオンテンポ レビュー│1足は持っておきたい超万能シューズ!

【BROOKS】ハイペリオンテンポ レビュー│1足は持っておきたい超万能シューズ!

ブルックスの軽量シューズであるハイペリオンテンポの特徴・用途を解説します。また、ハイペリオンテンポの厚底モデルともいえるハイペリオンエリート2との比較も行います。

まとめ

 リンコン3の特徴・用途をまとめると以下のようになります。

  • 軽量でスピードが出しやすい
  • 用途はジョギング、テンポ走、ハーフ~フルマラソン
  • ロケットXの練習用にもおすすめ
  • 前作から耐久性がアップ
  • マッハ4の方が少しだけジョギング寄り

おすすめ記事

【比較表付き】ホカオネオネのランニングシューズ全12足まとめ

【比較表付き】ホカオネオネのランニングシューズ全12足まとめ

厚底ミッドソールが特徴のホカオネオネ(HOKA ONEONE)のランニングシューズ全12足を目的別にまとめました。違いが分かるように比較表を作成したので、どのモデルにしようか迷っている際に活用してください。

【ASICS】エボライド3 レビュー|20gの軽量化でスピード用途にも対応!

【ASICS】エボライド3 レビュー|20gの軽量化でスピード用途にも対応!

アシックスのサブ4向けシューズであるエボライド3の特徴・用途を解説します。前作のエボライド2や、ハイパースピードとの違いも解説します。

アシックスの激安シューズ JOLT3 レビュー!JOLT2との違いも解説

アシックスの激安シューズ JOLT3 レビュー!JOLT2との違いも解説

アシックスの激安シューズであるJOLT3のレビューをします。また、前のモデルであるJOLT2との違いも解説します。

【NIKE】ズームペガサス38レビュー│36、37との違いも解説

【NIKE】ズームペガサス38レビュー│36、37との違いも解説

2021年4月に発売されたナイキのエアズームペガサス(以下ペガサス38)のレビューをします。また、ペガサス36、37との比較も行います。