【ASICS】ターサーシリーズの違い│エッジ、RP、ジャパン、ジールの特徴を解説

★2021/10/12更新:一部内容を更新しました★

 アシックスのTARTHER(ターサー)シリーズは、2020年よりTARTHEREDGE(ターサーエッジ)TARTHER RPがメインになりました。

 本記事では現行モデルのTARTHEREDGE・TARTHER RP、昔から続くTARTHER JAPAN、廃盤となってしまったTARTHERZEAL特徴違いを解説します。

ソーティ、ライトレーサーとの違い

レーシングモデル比較

左からSORTIEMAGIC RP5、TARTHER RP、LYTERACER 3 (アシックスHPより引用)

 アシックスの主なレーシングモデルには、ソーティ・ターサー・ライトレーサーの3つのシリーズがあります。ターサーはこの3シリーズの中で、ミッドソールが2番目の厚さになっています。

 ターサーは軽くてスピードが出しやすい上に、ソーティよりもクッション性が高いため、スピードトレーニングで使用することが多いです。

 レースで使用する場合、ロードでは使用可能ですが、トラックの公認レース(800m~)厚さの規定で使用できないので注意です(ライトレーサーも同様です)。

 このため、スピードトレーニング兼トラックのレース用シューズを探している場合は、ソーティシリーズから選ぶ必要があります

 また、ミッドソールの厚さだけでなく材質も見るべきポイントです。材質がFlyteFoamの場合は軽量性FlyteFoam Propelの場合は反発性・クッション性を重視していることが多いです。

関連記事
【ASICS】ソーティシリーズの違いについて│RPとかLTって何の略?

【ASICS】ソーティシリーズの違いについて│RPとかLTって何の略?

アシックスの薄底シューズといえばソーティシリーズが有名です。名前にRP」とか「LT」がついていたり、他にも「SEIHA」とか「TENKA」がついていて違いがよく分からなかったので整理してみることにしました。

【ASICS】ライトレーサー3レビュー│部活生定番の万能シューズ!

【ASICS】ライトレーサー3レビュー│部活生定番の万能シューズ!

アシックスのライトレーサー3の特徴や用途を解説します。前作のライトレーサー2やターサーシリーズとの比較も行います。

ターサーシリーズ比較

 まずはターサーシリーズの簡単な比較表です。

重量(26.5cm) ミッドソール 反発性 クッション性
TARTHEREDGE 3 195g FF
TARTHER RP 175g FF
TARTHER JAPAN 205g SpEVA + GEL
TARTHERZEAL 6 165g FF

※FF:FlyteFoam

 従来モデルのターサージール6が最軽量ですが、TARTHEREDGE・TARTHER RPでは重量を犠牲にして反発性やクッション性を高くしています

 また、TARTHER JAPAN2000年に発売されたモデルで、今のターサーと比べるとやや厚くて重めです。フィット感が良く根強いファンが多いため、2021年現在でも発売されています。

TARTHEREDGE 3

 2021年10月現在、ターサーエッジ3が最新モデルです。ターサーエッジは、ターサーシリーズの練習モデルと考えて良いと思います。

 ミッドソールの材質は2代目までは反発力に優れたFlyteFoam Propelでしたが、3代目では軽量性に優れたFlyteFoamになりました。

 ターサーRPとの大きな違いはアウトソールの形状です。ターサーRPは前足部と後足部が分かれたセパレートソールですが、ターサーエッジは前足部と後足部が繋がったフラットソールです。

 セパレートソールの方がスピードが出しやすいですが、フラットソールの方がクッション性が高いです。このため、脚への負担を気にするならターサーエッジがおすすめです。

関連記事
【ASICS】ターサーエッジ3レビュー│エッジ2との違いも解説

【ASICS】ターサーエッジ3レビュー│エッジ2との違いも解説

アシックスから発売されたターサーエッジ3の特徴・用途を解説します。前作のターサーエッジ2との比較も行います。

TARTHER RP

 RPはRepulsion(反発)の略です。RPという称号は今までソーティマジックシリーズのみにしか使用されていませんでしたが、今回初めてターサーシリーズにも使用されました。

 その名の通りターサーエッジよりも反発性が高く、ロードレース用として十分使えるシューズです。接地感反発力が高いので、短距離選手も使用することが多いです。

 ただしクッション性は高くないので、トレーニングで多用するならターサーエッジも選択肢になります。本練習はスパイクで、アップまでがターサーRPみたいな使い方が最適だと思います。

RPシリーズ

【引用】アシックスHPより

 ターサーRPの見た目はソーティマジックRP5とほとんど同じで、ミッドソールの厚さが一番の違いです。あまりにも似ているため、マラソンの川内選手が800mのレースを間違えてターサーRPで走ってしまったことがありました。

 ターサーシリーズは厚さの規定(25mm以下)トラックのレースでは失格になってしまう場合があるので十分に注意しましょう。

TARTHER JAPAN

 2000年に発売され、2021年現在でも発売されているレジェンドモデルです。ミッドソールには反発力に優れたSpEVA(スピーバ)が採用されていますが、FlyteFoamが誕生する前に使用されていた材質です。

 現行モデル(ターサーエッジ、ターサーRP)よりもやや厚く、さらに後足部にはクッション性に優れたGELが内蔵されています。

 このため、ターサージャパンは現行モデルよりも日々のトレーニングに適しているといえます。

TARTHERZEAL 6

 2012年から発売されたターサージールシリーズ最後の6代目のモデルです。ターサージール6は新シリーズのターサーエッジとターサーRPよりも軽く、軽量性重視のランナーにとって廃盤のお知らせは残念だったと思います。

 セパレートソールのため、ターサーRPが後継モデルといえます。ターサ-RPとの違いはアウトソールのプレートで、プレートの面積がターサージール6の方が小さいです。

 プレートの役割はスパイクと同じで、曲げ剛性を高くして反発力を上げることだと思います。ターサージール6ではプレートの面積が小さいことが、ターサーRPよりも軽い理由だと思われます。

まとめ

 ターサージールは廃盤となり、2021年10月現在ではターサーエッジターサ-RPがメインシリーズとなっています。

 ターサーエッジはクッション性と安定性に特化しているため練習用ターサーRPは反発性に特化しているためレース用として使い分けるのが良さそうです。

おすすめ記事

【比較表付き】On(オン)おすすめのランニングシューズ9足を徹底比較!

【比較表付き】On(オン)おすすめのランニングシューズ9足を徹底比較!

ランニング市場で成長率トップと言われているOn(オン)ですが、どのシューズを選べばいいか迷っている方も多いと思います。そこで本記事では、Onおすすめのランニングシューズ8足を目的別に比較してみました。

ランニングシューズのドロップとは?目安の大きさは何mm?

ランニングシューズのドロップとは?目安の大きさは何mm?

ランニングシューズのドロップ(オフセット)について、適切な大きさや特徴を解説します。

3分台ランナーによる!1500mおすすめのスパイク・シューズ11選!

3分台ランナーによる!1500mおすすめのスパイク・シューズ11選!

1500mおすすめのスパイク・シューズを紹介します。陸上を始めたばかりの初心者から、3分台の選手が使用するスパイクまで幅広く紹介します。

アシックスの激安シューズ JOLT3 レビュー!JOLT2との違いも解説

アシックスの激安シューズ JOLT3 レビュー!JOLT2との違いも解説

アシックスの激安シューズであるJOLT3のレビューをします。また、前のモデルであるJOLT2との違いも解説します。