【ASICS】ターサーエッジ3レビュー│エッジ2との違いも解説

 アシックスから発売されたターサーエッジ3特徴・用途を解説します。前作のターサーエッジ2との比較も行います。

全体レビュー

ターサーエッジ3 特徴

本記事では、商品に関する画像は各社公式HPより引用しています。

 ターサーエッジ3は2019年から続くターサーエッジシリーズ3代目のモデルです。ターサーシリーズの中では最もトレーニング向きです。

 ターサーシリーズには、エッジシリーズの他にRPシリーズがありますが、簡単にまとめるとRPの方が反発が高く、エッジの方がクッション性が高いです。

 ターサーエッジ3の主な用途は、サブ3~サブ3.5レベルのランナーのスピードトレーニング・レースです。

 今までのターサーシリーズよりもクッション性が高いため、5km~フルマラソンまで対応できます(一番のおすすめはハーフマラソンです)。

 部活でも様々なシーンで活躍します。アップドリルでも使えますし、キロ3分半前後までのペース走でも使えます。

関連記事
【ASICS】ターサーシリーズの違い│エッジ、RP、ジャパン、ジールの特徴を解説

【ASICS】ターサーシリーズの違い│エッジ、RP、ジャパン、ジールの特徴を解説

本記事では現行モデルのTARTHEREDGE・TARTHER RP、昔から続くTARTHER JAPAN、廃盤となってしまったTARTHERZEALの特徴や違いを解説します。

ターサーエッジ2との違い

ターサーエッジ3と2の違い

 ターサーエッジ3の厚さは約28mmで、エッジ2よりも3mm程増しましたクッション性は高くなりましたが、重量は10g程増加しています。

 ミッドソールの材質は、エッジ2は反発力重視FlyteFoam Propelでしたが、エッジ3では軽量性重視のFlyteFoamに変わりました

 FlyteFoamを採用した理由は、厚さが3mm増したことによる重量増加を最小限に抑えるためだと思います。

 また、アウトソール前足部にも大きな変更がありました。

ターサーエッジ3と2のアウトソール

 エッジ2ではDUOSOLEと呼ばれるテトラポット形状が並んでいましたが、エッジ3はDUOSOLEがつながった六角形状の3D TETRA SOLEになりました

 どちらもグリップ力に優れた技術ですが、3D TETRA SOLEの方が耐久性があるためグリップ力が持続します

 さらに外側(斜線の切れ込みがある部分)は、濡れた路面でもグリップ力を発揮するASICSGRIPが採用されています。

 外側から先に接地するためASICSGRIPには安定感を高める役割があり、3D TETRA SOLE強い蹴り出しを生み出す役割があります(ミズノのデュエルソニックと似ています)。

 まとめると、エッジ3は重量が少し増したものの、クッション性グリップ力(接地感)が高くなり、よりトレーニングに適したシューズになったといえます。

ライトレーサー3との違い

ターサーエッジ3とライトレーサー3の違い

 ターサーエッジ3はターサーシリーズの中でもクッション性が高いと解説しましたが、それならライトレーサーと同じではないかと思う方もいると思います。

 実際はそうではなく、やはりターサーエッジ3の方がスピードが出しやすいです。重量を見れば分かる通り、ターサーエッジ3の方が30g程軽いです。

 ターサーエッジ3の方が軽い理由は、ミッドソール軽量性重視のFlyteFoamが使用されているためです。ライトレーサー3は反発力重視FlyteFoam Propelが使用されています。

 また、アッパーもターサーエッジ3の方が軽いです。ライトレーサー3は部活など様々なシーンで履くことを想定されているため、ある程度の重量はあるものの耐久性には優れています

まとめ

 ターサーエッジ3の特徴・用途をまとめると以下のようになります。

  • ターサーシリーズの中では最もトレーニング向き
  • 前作よりもクッション性と接地感が増した
  • サブ3~サブ3.5レベルのランナーや部活生におすすめ
  • 主な用途はスピード練習・レース(5km~フルマラソン)

おすすめ記事

【ミズノ】デュエルソニック2レビュー│短距離おすすめの部活用シューズ!!

【ミズノ】デュエルソニック2レビュー│短距離おすすめの部活用シューズ!!

ミズノの部活用シューズであるデュエルソニック2の特徴を解説します。また、短距離選手におすすめな理由も解説します。

【ASICS】ソーティシリーズの違いについて│RPとかLTって何の略?

【ASICS】ソーティシリーズの違いについて│RPとかLTって何の略?

アシックスの薄底シューズといえばソーティシリーズが有名です。名前にRP」とか「LT」がついていたり、他にも「SEIHA」とか「TENKA」がついていて違いがよく分からなかったので整理してみることにしました。

【比較表付き】On(オン)おすすめのランニングシューズ9足を徹底比較!

【比較表付き】On(オン)おすすめのランニングシューズ9足を徹底比較!

ランニング市場で成長率トップと言われているOn(オン)ですが、どのシューズを選べばいいか迷っている方も多いと思います。そこで本記事では、Onおすすめのランニングシューズ8足を目的別に比較してみました。

【Adidas】 Adizero Japan 6 レビュー│歴代モデルの比較も

【Adidas】 Adizero Japan 6 レビュー│歴代モデルの比較も

アディゼロジャパン6(アディオス6)の特徴・用途を歴代モデルと比較を行いながら解説します。