【NB】FuelCell SuperComp Pacer レビュー|新世代の薄底シューズ – Unattached Runner

【NB】FuelCell SuperComp Pacer レビュー|新世代の薄底シューズ

★2022/12/31更新:トラックでの使用感を追記しました★

 ニューバランスのスピードモデルであるFuelCell SuperComp Pacer(フューエルセルスーパーコンプペーサー)の特徴・使用感をレビューします。厚底モデルのFuelCell RC Elite v2との比較も行います。

商品概要

スペック

FuelCell SC Pacer メイン
  • 定価(税込): ¥19,800
  • 重量: 189g(27.0cm), 166g(25.0cm), 155g(24.0cm)
  • 厚さ: 25.5mm(実測)
  • ドロップ: 8mm
  • ミッドソール: FuelCell + Carbon Plate
  • 主な用途: 3km~10km、駅伝、インターバル、テンポ走

 3km〜10kmまでのロードレース・駅伝に特化したスピードモデルです。クイーンズ駅伝2022では田中希実選手が1区(7.6km)で使用していました。

 次世代の薄底モデルともいわれるカテゴリーに属しており、同カテゴリーとしてはタクミセン8(Adidas)、ズームXストリークフライ(NIKE)が挙げられます。

 トラックの公認レースでは使用不可ですが、非常に軽くて脚が回りやすいためスピード練習には適しています。

 重量は25.0cmで実測166gでした。ヴェイパーフライNext%初代(NIKE)や、ターサーRP3(Asics)と同等の重さです。

アッパー

FuelCell SC Pacer アッパー

 アッパーは1層のエンジニアードメッシュが採用されており、スパイクのアッパーのように非常に薄いです。

 耐久性が気になるところですが、それよりも軽量化通気性を優先し、スピードに特化している印象です。

 サイズ感はぴったりなので、普段と同じサイズで問題ないと思います。私はヴェイパーフライNext%(NIKE)と同じサイズがフィットしました。

ミッドソール

FuelCell SC Pacer ミッドソール

 ミッドソールには高反発材のFuelcellが使用され、中には弓形状(長手中央部が凸)のカーボンプレートが内蔵されています。

 Fuelcellの硬度はRC ELITEやREBEL v3よりも硬めに調整されていますが、これは柔らかすぎると接地時間が長くなってしまう(ピッチが上げにくくなる)ためだと推測されます。

 ミッドソールの下部には大きな空洞が空いており、カーボンプレートは空洞の上に配置されています(アウトソールの画像参照)。

 この空洞によりミッドソールが大きく変形することができるため、それだけカーボンプレートのしなりも大きくなり高い反発力が得られます。

アウトソール

FuelCell SC Pacer アウトソール

▲ミッドソールの空洞からカーボンプレートの一部が露出

 アウトソールもアッパーと同様に軽量化が優先されているため、ゴムの配置は最小限に留められています。

 ミッド〜フォアフット接地が前提の配置のため、グリップ性能を引き出すためにはある程度のスピードが必要になります。

実際の使用感

FuelCell SC Pacer スピード練習

(左)1000×4 (右)400×8

 トラックでのスピード練習で使用しました。普段はスパイクを履きますが、怪我明け・冬季(オフシーズン)のため代用しました。

 接地感は厚底よりも薄底に近いです。反発力は厚底シューズよりも低いですが、従来の薄底シューズよりも段違いに高くてクッションも感じます。

 適度な反発力に加えて脚が回りやすいため、3分ペース(3'00"/km)は余裕で対応できました。厚底シューズでも良いかもしれませんが、スパイクに近い感覚で走れることがメリットだと感じます。

 400mのインターバルは63秒前後で走りました。1500mのレースペースよりも遅く、3000mのレースペースよりは速いスピードです。

 このスピードにも対応できますが、スパイクよりも幅が広いためカーブは若干きついです。ただ、冬季練習用としては十分な性能だと感じます。

奥多摩渓谷駅伝2022 2区

奥多摩渓谷駅伝2区(約8.3km)

 次に、奥多摩渓谷駅伝2区(約8.3km)で使用しました。初め25m下り、その後75m上りのコースです。

 初めは下りのため2分台でテンポ良く走れましたが、上りになってから3分20秒ペース(ハーフより遅いペース)となってしまいました。

 元々長い距離が得意ではないこともありますが、ペースを再度上げるのは厳しく、厚底シューズの助力が欲しくなりました。

 10000mのレースペースよりも遅くなることが想定されるなら厚底シューズを選択した方が良いと思います。

RC ELITE v2との違い

SCペーサーとRCエリートv2の違い

商品画像の引用元:shop.newbalance.jp

 SuperComp Pacer(以下、SCペーサー)とRC ELITE v2のソールはどちらもFuelCell+カーボンプレートの構成です。

 ただし、同じFuelCellでもSCペーサーの方が明らかに硬く、厚さも10mm以上の差があります。

 RC ELITE v2の方が反発力・クッション性に優れていますが、ソールが柔らかすぎるためビッチが上げづらいデメリットがあります。

 このため、比較的距離が短い場合やトラックでスピード練習をする場合はSCペーサーの方が適しています

関連記事
最強のクッション性!NB最速 FuelCell RC ELITE v2 レビュー

最強のクッション性!NB最速 FuelCell RC ELITE v2 レビュー

ニューバランス最速のマラソンシューズであるFuelCell RC ELITE v2について、初代モデルやナイキのヴェイパーフライと比較しながらレビューします。

Fuelcell 5280との違い

SCペーサーと5280の違い

商品画像の引用元:shop.newbalance.jp

 Fuelcell 5280はSCペーサーよりもさらに薄くて軽く、スパイクに匹敵するほどスピードに特化したモデルです。

 厚さは25mm以下なので、トラックの公認レース(800m~)で使用したい場合は5280一択になります。

 ただし、トレーニングで多用するならクッション性が高いSCペーサーの方がおすすめです。ロードレース・駅伝ならどちらでも良いと思います。

まとめ

 Fuelcell SuperComp Pacerの特徴・使用感をまとめると以下のようになります。

  • 3km~10kmに特化したスピードモデル
  • 非常に軽くてスピードが出しやすい
  • どちらかといえば薄底の感覚に近い
  • トラックのスピード練習にもおすすめ

おすすめ記事

【チャート付き】ニューバランスのランニングシューズ(FuelCell)を比較!

【チャート付き】ニューバランスのランニングシューズ(FuelCell)を比較!

ニューバランスのランニングシューズ(FuellCellシリーズ)について、初心者から上級者までレベル別・用途別に分かりやすく紹介します。

【ASICS】GEL-DS TRAINER 26レビュー│前作の25との違いは?

【ASICS】GEL-DS TRAINER 26レビュー│前作の25との違いは?

アシックスのサブ4向けシューズであるGEL-DS TRSINER 26の特徴・用途を解説します。また、前作の25との比較も行います。

【ASICS】ソーティシリーズの違いについて│RPとかLTって何の略?

【ASICS】ソーティシリーズの違いについて│RPとかLTって何の略?

アシックスの薄底シューズといえばソーティシリーズが有名です。名前にRP」とか「LT」がついていたり、他にも「SEIHA」とか「TENKA」がついていて違いがよく分からなかったので整理してみることにしました。

【ASICS】ターサーシリーズの違い│エッジ、RP、ジャパン、ジールの特徴を解説

【ASICS】ターサーシリーズの違い│エッジ、RP、ジャパン、ジールの特徴を解説

本記事では現行モデルのTARTHEREDGE・TARTHER RP、昔から続くTARTHER JAPAN、廃盤となってしまったTARTHERZEALの特徴や違いを解説します。