ランニングシューズDB ガーミン スペック比較

【On】クラウドフロー4 レビュー│クッション性も備えたスピードモデル

クラウドフロー4 レビュー

 Onの軽量スピードモデルであるクラウドフロー4の特徴・使用感をレビューします。前作のクラウドフロー(3代目)との比較も行います。

シューズまとめ記事のリンク

全モデル
メーカー別
レベル別
用途別

商品概要

スペック

  • 発売日:2023/10/5
  • 定価(税込):¥19,580
  • 重量:235g(27.0cm M), 200g(24.0cm W)
  • 厚さ:36mm
  • ドロップ:8mm
  • ミッドソール:Helion SF(2種) + Speedboard(ナイロン配合)
  • カテゴリー:トレーニング
  • 主な用途:スピード練習、3km〜ハーフマラソン、ジョギング、アップ用、部活、冬季練習

 クラウドフローは軽量性が特徴のモデルです。軽くてスピードが出しやすいため、ジョギング〜スピード練習まで幅広く対応できます。

 重量(27.0cm)は235gで、HOKAのマッハ5(235g)、アシックスのS4(240g)、アディダスのアディゼロSL(240g)と同等の軽さです。

 軽量ながら厚さは約36mmで、スピードモデルとしては厚くてクッション性は高めです。

 中長距離選手はジョギング流し・坂ダッシュ、短距離選手はアップ冬季練習で活躍します。

 フルマラソンなど長い距離で使えるシューズを探している場合は、人気モデルのクラウドモンスターの方がおすすめです。

関連記事
【2024版】On(オン)のランニングシューズ12足を比較表付きで紹介!

【2024版】On(オン)のランニングシューズ12足を比較表付きで紹介!

ランニング市場で成長率トップと言われているOn(オン)ですが、どのシューズを選べばいいか迷っている方も多いと思います。そこで本記事では、Onおすすめのランニングシューズを比較表付きで紹介します。

【On】クラウドモンスター レビュー│レースにも使えるクッショニングモデル

【On】クラウドモンスター レビュー│レースにも使えるクッショニングモデル

Onの人気モデルであるクラウドモンスターの特徴・使用感をレビューします。見た目にインパクトがありますが、性能が高くてOnのランニングシューズの中でも特におすすめできるモデルです。

アッパー

クラウドフロー4 アッパー
クラウドフロー4 アッパー2

左右にスライド可能です。

 アッパーはOn最速のクラウドブームエコー3から着想を得ており、軽量通気性に優れたウーブン素材を採用しています。

 小さな通気孔が多数配置されており、滑らかでシンプルな見た目をしています。

 サイズ感は通常通りの大きさですが、スピードモデルのためか幅は少しだけ狭く感じました。

ソールユニット

クラウドフロー4 ミッドソール
クラウドフロー4 アウトソール

左右にスライド可能です。

 ミッドソールには密度の異なる2種類のHelionスーパーフォームが使用されています。上層の方が柔らかく、Cloudパーツを構成する下層は硬めに調整されています。

 ミッドソールの上には、先端が反り上がった形状のSpeedboard(プレート)が配置されています。

 下層が硬めでロッカー形状となっているため、前に押し出される感覚が強めに感じられます。

 ソールが二重層になったことでアウトソール中央の溝が塞がり、石が挟まる可能性は低くなりました。

クッション性レビュー

クラウドフロー4 14.5kmjog

 On公式ではクッション性「小」と記載されていたので硬めの乗り心地を想像していましたが、履いてみると思っていたよりはクッションを感じます

 ライフスタイル向けのCloud 5などと比べればクッション性は十分高く、程良い硬さで安定感があります。

 他社製品と比較するとペガサス(Nike)より少し硬いくらいです。旧モデルですがアディゼロジャパン6,7(Adidas)よりはクッションを感じました。

 14km走ってみたものの硬さが気になることはなく、ハーフマラソンまでなら全然使えると思いました。

 Speedboardの効果で反発力もありますが、それよりもロッカーのサポートによる足の回しやすさが特徴的です。

 このため、スピード練習で使うならロングインターバルやテンポ走よりも、ショートインターバルスプリントトレーニングが適していると感じます。

クラウドフロー(前作)との違い

クラウドフロー4と3の違い

商品画像の引用元:on-running.com/ja-jp

 前作(3代目)は単にクラウドフローと記載されています。末尾に3はついていないので、購入の際は注意です。

 クラウドフロー4では、クラウドフロー(3代目)から主に以下がアップデートされました。

  • 密度の異なる2種類のミッドソールを使用
  • 6mmほど厚く、クッション性が向上
  • Cloudパーツが大きくなり2個減少
  • ナイロン配合のSpeedboardを採用
  • アウトソール中央の溝が塞がった

 前作よりも厚く柔らかくなったことでクッション性が向上し、かつ重量はむしろ3g軽くなりました。

 硬めの乗り心地が好みなら前作がおすすめですが、基本的には用途が広がったクラウドフロー4をおすすめします。

まとめ

 クラウドフロー4の特徴・使用感を以下にまとめます。

  • ジョギング〜スピード練習まで対応
  • スピードモデルとしてはクッション性が高い
  • 程よい硬さとロッカーのサポートで足が回しやすい
  • 前作よりも厚く柔らかくなり、クッション性が向上(かつ3g軽量化)

おすすめ記事

【2024版】On(オン)のランニングシューズ12足を比較表付きで紹介!

【2024版】On(オン)のランニングシューズ12足を比較表付きで紹介!

ランニング市場で成長率トップと言われているOn(オン)ですが、どのシューズを選べばいいか迷っている方も多いと思います。そこで本記事では、Onおすすめのランニングシューズを比較表付きで紹介します。

【Adidas】アディゼロジャパン7 詳細情報│全ランナーおすすめのスタンダードモデル

【Adidas】アディゼロジャパン7 詳細情報│全ランナーおすすめのスタンダードモデル

アディダスのランニングシューズの代表モデルであるアディゼロジャパン7の特徴・用途を解説します。前作のジャパン6との比較も行います。

【Asics】ゲルカヤノ30 レビュー│4mmの厚底化でクッション性が向上

【Asics】ゲルカヤノ30 レビュー│4mmの厚底化でクッション性が向上

アシックス代表のスタビリティモデルであるゲルカヤノ30の特徴・用途をレビューします。前作のゲルカヤノ29や、ゲルニンバス25との違いも解説します。

【NB】FuelCell REBEL v2 レビュー│アキレス部のカットで超快適に!

【NB】FuelCell REBEL v2 レビュー│アキレス部のカットで超快適に!

ニューバランスのトレーニングシューズであるFuelCell REBEL v2のレビューをします。初代モデルとは全く違うシューズといえるほどアップデートされたので、比較しながら解説していきます。