最強のクッション性!NB最速 FuelCell RC ELITE v2 レビュー

 ニューバランス最速のマラソンシューズであるFuelCell RC ELITE v2について、初代モデルやナイキのヴェイパーフライと比較しながらレビューします。

関連記事
【チャート付き】ニューバランスのランニングシューズ(FuelCell)を比較!

【チャート付き】ニューバランスのランニングシューズ(FuelCell)を比較!

ニューバランスのランニングシューズ(FuellCellシリーズ)について、初心者から上級者までレベル別・用途別に分かりやすく紹介します。

全体レビュー

FuelCell RC ELITE v2 特徴

本記事では、商品に関する画像はNew Bakance公式HPより引用しています。

 ニューバランス最速のマラソンシューズであるFuelCell RC ELITEの2代目モデルです。Amazon楽天市場では、v2がついていない場合もあります。

 一番の特徴は、他の厚底カーボンシューズ(ヴェイパーフライなど)と比べて圧倒的にクッション性が高いことです。さらに、カーボンプレート特有のクセがほとんどないことも大きな特徴です。

 ミッドソールに使用されているFuelCellがすごくもちもちしていて、触っただけでクッション性の高さが分かると思います。フルマラソン用のシューズとして考えてもクッション性が高過ぎるくらいに感じられます。

 クッション性が高いだけでなく、反発力もかなり感じられました。FuelCellだけだと反発力が分散されてしまうのを、フルレングスのカーボンプレートによって効率良く推進力に変えているようなイメージです。

初代モデル(v1)との違い

FuelCell RC ELITE v2 ミッドソール

写真はRC ELITE v2

 初代モデル(以降v1)からアップデートされたv2では、厚さが32mmから39mmになったことで更にクッション性と反発力が増しました

 39mmという厚さは規定(40mm)ギリギリの厚さで、ヴェイパーフライ(NIKE)アディオスプロ2.0(Adidas)同等の厚さです。

 また、ソールを厚くしたことでカーボンプレートの傾斜大きくなりました。これにより、蹴りだしの力を効率良く推進力に変える(力を分散させない)ことができます。

 このようにv1と比べるとクッション性反発力は増していますが、重量は10gほど増加しています。

 ただし、v2ではクッション性が増したことで足が残るようになるため、距離が長くなるほどv1よりもv2の方が有利になります

FuelCell RC ELITE アウトソール

(左)RC ELITE v1 (右)RC ELITE v2

 アウトソールも大きく変わりました。v1は厚底シューズとしては珍しく、アウトソールにグリップ(DYNARIDE)がついています。

 DYNARIDEは、女子3000mで日本新記録を樹立したFuelCell 5280にも採用されています。大雨の日にトラックで使用したことがありますが、キロ3ペースまで上げても全く滑りませんでした

 写真(左側)は50kmほど使用した状態のものですが、今のところDYNARIDEはほとんど摩耗していません

 これはミッドソールのFuelCellが柔らかく、蹴りだした瞬間にDYNARIDEがミッドソールに入り込むためだと考えられます。他の厚底シューズと異なりグリップを採用した理由はこのためだと思います。

 一方v2ではDYNARIDEは廃止されて通常のラバーになりました。理由は耐久性を上げるためだと思います。他にも、ロードでの使用ではDYNARIDEオーバースペックだった可能性も考えられます。

ヴェイパーフライとの違い

 同じ厚底カーボンシューズであるナイキのヴェイパーフライ Next% 2との比較を行います。

 ヴェイパーフライのミッドソールはZoomXが使用されています。やや硬めの素材で、軽量性と反発力に優れています

 一方、RC ELITE v2で使用されているFuelCellは、ZoomXよりも柔らかくもちもちとした感触の素材です。

 FuelCellはZoomXよりも沈み込みが大きいため、蹴り出し後の応答性はZoomXの方が高いです。

 また密度はFuelCellよりもZoomXの方が低いため、重量(27.0cm)はヴェイパーフライ198gRC ELITE v2220gとなっています。

 RC ELITE v2のほうが優れているのはクッション性クセの少なさです。

 ヴェイパーフライ前のめりになるような感覚があるため、遅いペースではフォームが崩れてしまいます

 それに対してRC ELITE v2はクセが少ないためペースが落ちても違和感なく走れます。さらにアッパーがヴェイパーフライよりも広く締めつけがキツくないため、長時間快適に走ることができます

 以上より、ヴェイパーフライサブ2〜サブ3レベルFuelCell RC ELITE v2サブ2.5〜サブ3.5レベルになると思います。

FuelCell TCとの違い

 FuelCell RC ELITEには、トレーニング用モデルのFuelCell TCがあります。TCの方にもカーボンプレートが埋め込まれていて、ナイキのヴェイパーフライズームフライのような関係といえます。

 RC ELITEとTCの一番の違いは重量です。ニューバランスの公式HPには説明がありませんが、おそらくTCの方が密度が高いです。

 このためTCの方が60gほど重いですが、沈み込みが少なく安定性が高くなっています

 さらに、アッパーRC ELITEよりもしっかりとしたエンジニアードメッシュ耐久性が高められています。このため、練習での使用が適しているといえます。

FuelCell REBEL v2もおすすめ

 FuelCell REBEL v2は、RC ELITE v2からカーボンプレートをなくしたようなシューズです。

 厚さは31mmRC ELITE v2よりも8mmほど薄いですが、カーボンプレートがない影響かRC ELITE v2よりもクッション性を感じます。

 さらに、重量204gRC ELITE v2よりも15gほど軽いです。この軽さクッション性が高いシューズはなかなかありません。

 カーボンプレートがないとはいえ反発力もかなり感じられ、キロ4分を切るペースにも余裕で対応できます。

 10000円を切る価格で購入できることも多いので、RC ELITE v2の練習用として持っておくのは全然ありだと思います。

関連記事
【NB】FuelCell REBEL v2 レビュー│アキレス部のカットで超快適に!

【NB】FuelCell REBEL v2 レビュー│アキレス部のカットで超快適に!

ニューバランスのトレーニングシューズであるFuelCell REBEL v2のレビューをします。初代モデルとは全く違うシューズといえるほどアップデートされたので、比較しながら解説していきます。

実際に走ってみました!

FuelCell RC ELITEの練習

 適正ペースは2'50"/km~5'00"/kmと幅広いです。インターバルペース走で使用してみましたが、キロ3~キロ4ペースではいずれのペースでも反発の恩恵によってかなり楽に走ることができました。さらに、カーボンのクセがないためキロ5ペースでも快適に走ることができました。

 ただし、2'50"/kmを切るくらいのペースになると重量と不安定さが気になり始めました。ミッドソールが柔らかすぎるため、がっつりスピードを出すのは厳しいです(そのような使い方はほとんどしないと思いますが)。

 使用用途ハーフマラソン以上のレース or 距離走になると思います。フルマラソンであれば、サブ2.5~サブ3.5のランナーに適していると思います。

おすすめ記事

陸上スパイクピンの選び方│長さ、形状、材質の違いは?

陸上スパイクピンの選び方│長さ、形状、材質の違いは?

陸上のスパイクピンには様々な長さ・形状のものがあります。これは各競技で最大限のパフォーマンスを発揮するために設計されてるためです。本記事では、陸上のスパイクピンの長さや形状の違いや選び方について解説します。

【メーカー別】3000mSCにおすすめのスパイク6選!

【メーカー別】3000mSCにおすすめのスパイク6選!

3000mSCは毎周水濠で足元が濡れてしまうため、シューズで走ると滑って不利になってしまいます。そのためスパイクの使用が必須ともいえます。そこで本記事では、3000mSCにおすすめのスパイクをまとめてみました。

【NIKE】ライバルフライ3レビュー!ペガサス38との比較も

【NIKE】ライバルフライ3レビュー!ペガサス38との比較も

2021年にナイキから発売されたエアズームライバルフライ3の特徴や用途を解説します。また、エアズームペガサス38との比較も行います。

【NB】FuelCell REBEL v2 レビュー│アキレス部のカットで超快適に!

【NB】FuelCell REBEL v2 レビュー│アキレス部のカットで超快適に!

ニューバランスのトレーニングシューズであるFuelCell REBEL v2のレビューをします。初代モデルとは全く違うシューズといえるほどアップデートされたので、比較しながら解説していきます。