GPSランニングウォッチを比較するとガーミン1択になる理由|Apple Watchとの差は?

 GPSランニングウォッチは様々なメーカーから発売されていますが、その中で一番人気のガーミンを選ぶ理由を書いてみました。

メーカー別スペック比較表

 まずは、主な3社(ガーミン、スント、ポラール)代表的なモデルアップルウォッチ、Amazonで上位に出てくる格安ウォッチを比較してみます。

モデル メーカー 定価(税込) 重量 稼働時間(GPS) 心拍 音楽機能
ForeAthlete 45 ガーミン 27,280 32g 11h ×
ForeAthlete 245 ガーミン 38,280 39g 22h ×
ForeAthlete 245 Music ガーミン 43,780 32g 22h
SUUNTO 5 スント 47,300 66g 20h ×
Polar IGNITE ポラール 30,580 35g 17h ×
Apple Watch Series 3 (38mm) アップル 21,780 27g 5h
EZONT031 格安メーカー 5,750? 59g 8h × ×

見切れている場合横にスクロールできます

 大手メーカーのエプソンも2020年までGPSウォッチを扱っていましたが、採算性が悪いためか撤退していますカシオもGPSウォッチ自体は扱っていますが、ランニングで勝負する気はなく、登山などアウトドア用に特化したモデルしか扱っていません。

ガーミンとスントの比較

 スントは全体的に価格が高いです。安いモデルにSUNTO 3(税込35,200円)がありますが、スマホを持って走らないとGPS機能が使えません。

 価格が高い理由はアウトドアなど様々な機能を詰め込んでいるためだと思われ、その分重くなってしまっています

 スントには軽くて安いシンプルなモデルはないため、ランニングやサイクリングのみ(登山、トレイルなどはしない)が目的の方にはおすすめできません

ガーミンとポラールの比較

 表を見れば分かるように、ガーミンとポラールのスペックは同じくらいです。実際、ガーミンの次におすすめできるのはポラールです。

 ポラールは心拍センサーの精度が良いことに定評がありますが、GPSの精度はガーミンの方が良いというレビューが多いです。

 そのため、健康モニターとしての役割も欲しいならポラールを選ぶ理由になりますが、ランニング目的ならガーミンの方がおすすめできます。

ガーミンとアップルウォッチの比較

 アップルウォッチだけでなくスマートウォッチ全体的にいえることですが、ランニングに特化している訳ではないので稼働時間(バッテリー)が短いです。Apple Watch Series 3GPSモードで5時間しか持たないため、フルマラソンをゴールする前にバッテリーが切れてしまうことも十分にあり得ます。

 また、GPSの精度が悪いのもデメリットです。シリーズ3で走ったことがありますが、実際の距離より1割くらい長くなりました。この点でもランニングに最適化されたガーミンの製品に及びません。

 さらに、ボタンが1つしかないため基本的にタッチ操作になるのですが、ランニングをする上ではデメリットになります。そもそも走りながらの操作は難しいですし、そこから汗をかいたり雨が降ったら実質操作不可能になります。

ガーミンと格安メーカーの比較

 距離とラップだけ知れれば良いのなら、格安メーカーのGPSウォッチを選んでも大丈夫です。ただし、心拍数・ピッチ・高度などの情報は得られない場合が多いです。

 また、データをアプリ上で確認できないのも大きなデメリットです。ウォッチ内にデータは残りますが、モニターはモノクロで見づらいですし、過去のデータを見返すのも面倒です。

 さらに、走ったコースが保存されないのも残念です。ガーミンであれば走ったコースをアプリ上で確認できますが、格安メーカーでは位置情報までは残らない場合が多いです。

 いろいろな場所を走って楽しむ方も多いと思うので、位置情報が残るかどうかも購入前に確認することをおすすめします。

一番の決め手はガーミンコネクト

 ここまで様々なメーカーを比較してきましたが、ガーミンをおすすめする一番の理由はガーミンコネクトです。

 ガーミンコネクトというアプリを使用することで、ランニングなどのアクティビティを保存し、過去のデータを見返すことができます。

 距離・ペース・ラップはもちろんのこと、走ったコースも保存されます(写真ではモザイクをかけています)。

ガーミンコネクトの画面

 他にも、心拍数・ピッチ・高度といったデータも確認することができます。モデルによっては気温も保存されます。

ガーミンコネクトの画面2

 同様のアプリを出しているメーカーもありますが、ガーミンコネクトはSNSのように友人のアクティビティがタイムラインのように流れてくるのが良いです。あまり使いませんが、1週間の走行距離を競うようなこともできます。

ガーミンコネクトの画面3

 GPSランニングウォッチ市場はガーミンの独占状態で、他のメーカーが参入する障壁はかなり高いです。そのため、友人とアクティビティを共有したい場合はガーミンを買うのが無難です。

まとめ

 ガーミンはランニングに特化したモデルを出しているため、バッテリー稼働時間が長くGPSの精度も高いです。また、無駄に多機能過ぎないシンプルなモデル(ForeAthlete45, 245など)があるので安く手に入れることができます。

 さらに、ガーミンコネクトを使用することで友人とアクティビティを共有できるメリットもあります。ランニングを楽しく続けるためにも、ガーミンを選ぶことをおすすめします。

関連記事
ガーミンForeAthleteの選び方|ランナーにおすすめなモデルを比較

ガーミンForeAthleteの選び方|ランナーにおすすめなモデルを比較

本記事では、ガーミンのランニングに特化したシリーズであるForeAthleteシリーズの選び方と比較すべきポイントを解説していきます。

おすすめ記事

【Adidas】アディゼロボストン10レビュー│ジャパン6との違い・使い分けは?

【Adidas】アディゼロボストン10レビュー│ジャパン6との違い・使い分けは?

アディダスのアディゼロボストン10の特徴・用途などをレビューします。同時に発売されたアディゼロジャパン6との違いや使い分けについても解説します。

【500km走破】ニューバランス FuelCell REBEL レビュー

【500km走破】ニューバランス FuelCell REBEL レビュー

FuelCell REBELでの走行距離が500kmを超えました。主にジョギングで使用していますがキロ3切り〜キロ6くらいまで様々なペースで使用したのでレビューしようと思います。

【ASICS】ハイパースピード レビュー│ライトレーサー3との比較も

【ASICS】ハイパースピード レビュー│ライトレーサー3との比較も

アシックスのハイパースピードの用途、特徴をレビューします。また、他のシューズとの違いについても解説します。

【ASICS】エボライド2、グライドライド2を比較!違いや特徴は?

【ASICS】エボライド2、グライドライド2を比較!違いや特徴は?

アシックスのENERGY SAVING SERIESのエボライド2とグライドライド2の比較をします。また、初代モデルとの違いも解説します。