【Garmin】ランナー向けのモデル(Forerunner)を比較!人気ランキングも紹介 – Unattached Runner

サイトデザインをリニューアルしました!

【Garmin】ランナー向けのモデル(Forerunner)を比較!人気ランキングも紹介

ガーミン Forerunner 比較 メイン

 GPS機能付きランニングウォッチとして圧倒的シェアを誇るガーミンのランナー向けのモデル(Forerunner)を比較します。Amazonの人気ランキングも紹介するので、購入時の参考にしてください。

スペック比較

 2024年3月現在の現行モデルのスペックを以下にまとめました。

定価(税込) 重量 GPS稼働時間 ディスプレイ 音楽機能
Forerunner 165 ¥39,800 / ¥44,800(Music) 39g 19時間 有機EL Musicのみ
ForeAthlete 55 ¥32,000 37g 20時間 液晶 ×
Forerunner 265 ¥62,800 47g 20時間 有機EL
Forerunner 265S ¥60,800 39g 24時間 有機EL
Forerunner 255 ¥49,800 / ¥52,800(Music) 49g 30時間 液晶 Musicのみ
Forerunner 255S ¥47,800 / ¥50,800(Music) 39g 26時間 液晶 Musicのみ
Forerunner 965 ¥84,800 53g 31時間 有機EL
Forerunner 955 ¥74,800 52g 42時間 液晶
Forerunner 955 Dual Power ¥84,800 53g 42時間+7時間(ソーラー充電) 液晶

見切れている場合横にスクロールできます

 Forerunner・ForeAthleteが混じっていますが、2022年6月以後に発売されたランナー向けのモデルは「Forerunner」に名称変更されています。名称変更に大きな意味はなく、単に幅広いレベルのランナーにターゲットを広げたいためだと思われます。

 様々なモデルがありますが、基本的にGPS稼働時間が長いほど価格が高いです。また、有機ELディスプレイを使用したモデルも価格は上がります。

 各シリーズの最新モデルは全て有機ELディスプレイとなっており、鮮やかできれいになったもののバッテリー稼働時間は短くなる傾向があります。他社も含め有機EL搭載のモデルがトレンドです。

 選び方としては、まずは稼働時間と価格のバランスから自分が欲しいモデルを絞り込むと良いと思います。次に、トレーニング機能の有無・音楽機能の有無・ディスプレイ方式を確認します。GPS+音楽再生状態ではバッテリー消費量が3~4倍になるので注意です。

関連記事

人気ランキング

 2024年3月地点でのAmazonの人気ランキングは以下の通りです。

順位 モデル
1位 Forerunner 165
2位 ForeAthlete 55
3位 Forerunner 265
4位 Forerunner 965
5位 Forerunner 265S

 1番人気のモデルはForerunner 165です。数字が200未満のモデルはエントリーモデルのため、価格が安くて人気が高いです。

 次に人気なのがミッドレンジモデルのForerunner 265です。エントリーモデルよりもトレーニング機能が充実しています。

 エントリーモデルの方が売れてはいるものの、陸上経験者などしっかりとトレーニングをしている方はミッドレンジモデルを選ぶことが多いです。

 さらにハイスペックなモデルとして900番台のモデルがあります。高価ですがGPS稼働時間が非常に長く、地図機能が搭載されています。

各モデル詳細

Forerunner 165

  • 定価(税込):¥39,800 / ¥44,800(Music)
  • 重量:39g
  • GPS稼働時間:19時間
  • ディスプレイ:有機EL
  • 音楽機能:Musicのみ
  • Suica:
  • 地図機能:×

 2023年までのエントリーモデルは末尾が2桁でしたが、2024年モデルでは3桁の「165」が付与されました。

 旧モデルのForeAthlete 55から大きく変わった点はディスプレイが有機ELになった点で、解像度も高くなったことで見やすさが大きく向上しました。

 また、エントリーモデルとしては初めて音楽対応モデルが発売され、価格を抑えることができるようになりました。

 エントリーモデルとされてはいるものの、軽量で最低限の機能(自動ラップ、光学心拍計、VO2max、タイム予想など)はついているため幅広いレベルのランナーにおすすめできます。

 稼働時間はGPSモードで19時間とフルマラソンにも余裕で対応します。トレーニング機能が欲しい場合は、ミッドレンジの200番台のモデルが選択肢になります。

関連記事

ForeAthlete 55

  • 定価(税込): ¥32,000
  • 重量: 37g
  • GPS稼働時間: 20時間
  • ディスプレイ: 液晶
  • 音楽機能: ×
  • Suica: ×
  • 地図機能: ×

 新モデルのForerunner 165が発売されはしましたが、記事執筆現在(2024/3)でAmazonの人気ランキングでは2位といまだに人気です。

 Forerunner 165と異なりSuica機能・音楽対応モデルはなく、さらにディスプレイは液晶ですが、必要でなければ7,800円安いForeAthlete 55がおすすめです。

関連記事

Forerunner 265/265S

  • 定価(税込): ¥62,800(265) / ¥60,800(265S)
  • 重量: 47g(265) / 39g(265S)
  • GPS稼働時間: 20時間(265) / 24時間(265S)
  • ディスプレイ: 有機EL
  • 音楽機能:
  • Suica:
  • 地図機能: ×

 200番台はForerunnerシリーズのミッドレンジモデルで、パフォーマンスコンディション・トレーニングステータスなどForerunner 1665よりも多くのトレーニング機能が搭載されています。

 トレーニング機能の他にも音楽機能・Suica・睡眠モニタリングなどの機能があり、スマートウォッチのように使うこともできます。

 数年前まではForeAthlete 645・745など200番台よりも上に位置するモデルがありましたが、200番台のシリーズのスペックが追いついたことにより廃盤となっています。

関連記事

Forerunner 255/255S (Music)

  • 定価(税込): ¥49,800(255) / ¥47,800(255S) ※
  • 重量: 49g(255) / 39g(255S)
  • GPS稼働時間: 30時間(255) / 26時間(255S)
  • ディスプレイ: 液晶
  • 音楽機能: Musicのみ
  • Suica:
  • 地図機能: ×

※Musicモデルは+3,000円

 Forerunner 265の液晶版モデルです。機能にほとんど差がありませんが、Music非対応モデルがあるので音楽を聴かない方は価格を抑えることができます。

 消費電力が少ない液晶方式(メモリインピクセル)を用いているため、最新モデルのForerunner 265よりもGPS使用時のバッテリー稼働時間が長いです。

 Forerunner 265よりも10,000円程安いので、液晶でも良い方でバッテリの長さ・安さを求めるならForerunner 255がおすすめです。

関連記事

Forerunner 965

  • 定価(税込): ¥84,800
  • 重量: 53g
  • GPS稼働時間: 31時間
  • ディスプレイ: 有機EL
  • 音楽機能:
  • Suica:
  • 地図機能:

 900番台はForerunnerシリーズのフラッグシップモデルで、ミドルレンジの200番台モデルよりもさらに長いバッテリーを備えています。

 有機ELディスプレイを採用したGPSウォッチとしては他社製品も含めて圧倒的にバッテリーが長くGPS使用時でも1日以上(31時間)持続します。

 255の機能に加えて地図機能が搭載されているのが特徴で、あらかじめコースを設定してナビとして使うこともできます。

関連記事

Forerunner 955 (Dual Power)

  • 定価(税込): ¥74,800(955) / ¥84,800(955DP)
  • 重量: 52g(955) / 53g(955DP)
  • GPS稼働時間: 42時間 + 7時間(ソーラー充電、955DPのみ)
  • ディスプレイ: 液晶
  • 音楽機能:
  • Suica:
  • 地図機能:

 Forerunner 265の液晶版モデルです。機能に差はないため、ディスプレイ重視なら965、バッテリー・値段重視なら955がおすすめです。

 Forerunner 955 Dual Powerソーラー充電に対応しているモデルで、最新モデルのForerunner 965には搭載されていません。

関連記事

まとめ

 ガーミンのランナーの向けモデル(Forerunner)は200未満・200番台・900番台の3シリーズが発売されていて、それぞれ以下のような方がおすすめです。

  • 安さを求めるならForerunner 165 or 55
  • トレーニング機能も求めるならForerunner 265 or 255
  • バッテリーの長さ・地図機能も求めるならForerunner 965 or 955