ランニングシューズDB ガーミン スペック比較

【Garmin】Forerunner 265 レビュー│255、55との違いは?

 ガーミンのミドルレンジモデルであるForerunner 265(フォアランナー265)のスペック・機能を、旧モデルの255/255Sや、エントリーモデルの55と比較しながら解説します。

商品概要

スペック

265 265S 255 255S
定価(税込) ¥62,800 ¥60,800 ¥49,800 ※ ¥47,800 ※
重量 47g 39g 49g 39g
バッテリー(通常時) 13日 15日 14日 12日
バッテリー(GPS時) 20時間 24時間 30時間 26時間
ディスプレイ方式 AMOLED AMOLED MIP(液晶) MIP(液晶)
ディスプレイ直径 32.5mm 28.1mm 33.0mm 27.5mm
解像度 360x360 px 416x416 px 260x260 px 218x218 px

※音楽モデルは+3,000円

 Forerunner 200番台はミドルレンジモデルの位置付けですが、最近は搭載される機能が増え、高価格化が続いています。

 今作もその流れは続いていて、定価は通常モデル(265)が62,800円、スモールモデル(265S)が60,800円と、旧モデルから1万円程値上がりしました。

 255までは音楽機能がないモデルを選ぶことで価格を3,000円抑えることができましたが、265では全てのモデルに音楽機能が搭載されているため、ランニング中に音楽を聴かない方にとっては選択肢が減ってしまったといえます。

 値上がりの理由は、ディスプレイ方式が本モデルの一番の特徴でもあるAMOLED(有機EL)に変わり、さらに解像度が上がったことが大きいです。

 AMOLEDは有機ELテレビに採用されている方式と同じもので、液晶よりも鮮やかできれいです。

 AMOLEDを採用したのは、Apple WatchGoogle Pixel Watchなど、有機ELディスプレイを搭載したモデルに対抗するためだと思われます。

 あくまでランニングウォッチとして見ている私にとっては画面の鮮やかさは購入時の決め手にはなりませんが、AmazonのGPSウォッチのランキングではForeAthlete 55に次ぐ2位となっており、画面を重視する方が多いことが分かります。

 AMOLEDのデメリットはバッテリーの消費が激しくなることです。GPSモードのバッテリー稼働時間は、255/255Sよりも通常モデル(265)で10時間、スモールモデル(265S)で2時間短いです。

 それでも絶対的な数字で見れば通常モデルが20時間、スモールモデルが24時間短くはないです。参考までに、Apple Watch Ultraという大容量バッテリーモデルでも、GPSモードで12時間しかもちません。

 ちなみに、今まではスモールモデル(末尾がS)の方がバッテリーが短かかったですが、今作ではディスプレイが大きい通常モデル(265)の方がバッテリーが短いです(結構重要なポイントだと思います)。

 今まではバッテリーを重視して通常モデルを選んでいた方が多かったと思いますが、今作は265Sが安くてバッテリーも長いので、画面の大きさを気にしないならおすすめです。

カラー

Forerunner 265 カラー

商品画像の引用元:garmin.co.jp

上段がForerunner 265 (左から、Black/White/Aqua)、下段がForerunner 265S (左から、Black/White/Pink)

 カラーは265、265Sからそれぞれ3色合計6色用意されています。

 どちらもBlack・Whiteがありますが、ベルト内側の色が異なります。また、Aquaは265のみ、Pinkは265Sのみです。

機能比較

トレーニング機能

Forerunner 265 トレーニング機能

商品画像の引用元:garmin.co.jp

左上から、トレーニングレディネス、パフォーマンスコンディション、トレーニングステータス、トレーニング効果、VO2max/予想タイム、リカバリータイム

265 255 55
トレーニングレディネス × ×
パフォーマンスコンディション ×
トレーニングステータス ×
トレーニング効果 ×
VO2max/予想タイム
リカバリータイム

 トレーニング機能では新たにトレーニングレディネスが追加されました。

 トレーニングレディネスでは、トレーニングへの準備がどれだけできているかを1~100までのスコアで確認することができます。

 リカバリータイム(画像右下)と似たような機能ですが、睡眠状態短期的負荷なとも考慮される点で異なります。

デイリースマート機能

Forerunner 265 デイリースマート機能

商品画像の引用元:garmin.co.jp

左から、Garmin Pay/Suica、音楽モード、通知機能

265 255 55
タッチパネル × ×
Garmin Pay/Suica ×
音楽モード Musicのみ ×
通知機能

 デイリースマート機能で新たに搭載された機能はありませんが、タッチパネルに対応しました。

 ただし、Apple Watchなどと比較するとボタンが多いため、タッチパネルを使う機会はほとんどないと思います。

 965などの地図機能が搭載されたモデルではタッチパネルが活躍しますが、それ以外はボタン操作で不便に感じることは少ないです。

 また、265では音楽対応機種のみとなりました。音楽を聴かない方は、値段を落とすために255/255S、55も選択肢に入ります。

ヘルス機能

Forerunner 265 ヘルス機能

商品画像の引用元:garmin.co.jp

左から、睡眠スコア、HRVステータス、血中酸素トラッキング

265 255 55
睡眠スコア ×
HRVステータス ×
血中酸素トラッキング ×

 ヘルス機能に関しては、255が充実していたこともあり大きな追加機能はありません

 睡眠スコアは睡眠の質を0~100で数値化HRVステータスは睡眠中の心拍変動を測定する機能です。

 血中酸素トラッキングはパルスオキシメーターと同じく酸素飽和度を測定する機能です。通常95%〜100%となり、健康状態の把握に利用します。

 常時オンにするとバッテリーの消費が激しいので、基本的には手動測定(約30秒)で使用することがで多いです。

【まとめ】6万円の価値はある?

 Forerunner 265の主な変更点を以下にまとめます。

  • AMOLED(有機EL)ディスプレイを搭載
  • GPSモードでのバッテリーは短くなった
  • 定価は約10,000円上昇
  • 機能面で大きなアップデートはなし

 全体として、スマートウォッチとしての側面が強くなったような印象を受けます。

 画面は旧モデルよりも鮮やかで解像度も高いので、ディスプレイを重視する方にとっておすすめのモデルです。

 バッテリー(GPS時)は短くなりましたが、それでも20時間は持続します。気になる場合は265Sの方が若干バッテリーは長いのでおすすめです。

 同価格帯有機ELディスプレイ搭載の他社製品にはApple Watch Series 8(GPSモデル)がありますが、こちらは通常使用でもバッテリーは1~2日しかもちません

 このように考えると旧モデルよりは高いものの、特段高い価格設定ではないように思われます。

 ただし、あくまでランニングウォッチとして使用する場合、AMOLEDに10,000円値上がりした価値を感じない方もいると思います。

 そのような場合は旧モデルの255/255Sでも全然良いと思います。安くてバッテリーも長く、機能にほとんど差がありません。

 また、音楽を聴かない方は音楽非対応モデルを選択することで出費を抑えることもできます。

 255/255の定価は50,000円近くしますが、それでも高いと感じる場合はエントリーモデルの55が選択肢に入ります。

 定価(税込)は32,000円と265のほぼ半額ですが、バッテリー(GPS時)は20時間で同等の長さです。

 また、自動ラップ・光学心拍計・VO2max/予想タイム・ライフログなど基本的な機能は一通り搭載されています

関連記事
【Garmin】Forerunner 255 レビュー│中上級者おすすめのスタンダードモデル

【Garmin】Forerunner 255 レビュー│中上級者おすすめのスタンダードモデル

ガーミンのGPSランニングウォッチであるForerunner 255/255Sのスペック・特徴を解説します。また、ForeAthlete 245, 55との比較も行います。

【Garmin】ForeAthlete 55 レビュー│人気ナンバーワンの理由は?

【Garmin】ForeAthlete 55 レビュー│人気ナンバーワンの理由は?

ガーミンのGPSランニングウォッチのエントリーモデルであるForeAthlete 55の機能・特徴を解説します。旧モデルの35J・45や上位モデルの255との比較も行います。

おすすめ記事

【Garmin】ランナー向けのモデル(Forerunner)を比較!人気ランキングも紹介

【Garmin】ランナー向けのモデル(Forerunner)を比較!人気ランキングも紹介

GPS機能付きランニングウォッチとして圧倒的シェアを誇るガーミンのランナー向けのモデル(Forerunner)を比較します。Amazonの人気ランキングも紹介するので、購入時の参考にしてください。

【Garmin】ランナー向けのモデル(Forerunner)を比較!人気ランキングも紹介

【Garmin】ランナー向けのモデル(Forerunner)を比較!人気ランキングも紹介

GPS機能付きランニングウォッチとして圧倒的シェアを誇るガーミンのランナー向けのモデル(Forerunner)を比較します。Amazonの人気ランキングも紹介するので、購入時の参考にしてください。

【Garmin】Forerunner 255 レビュー│中上級者おすすめのスタンダードモデル

【Garmin】Forerunner 255 レビュー│中上級者おすすめのスタンダードモデル

ガーミンのGPSランニングウォッチであるForerunner 255/255Sのスペック・特徴を解説します。また、ForeAthlete 245, 55との比較も行います。

【Garmin】ForeAthlete 55 レビュー│人気ナンバーワンの理由は?

【Garmin】ForeAthlete 55 レビュー│人気ナンバーワンの理由は?

ガーミンのGPSランニングウォッチのエントリーモデルであるForeAthlete 55の機能・特徴を解説します。旧モデルの35J・45や上位モデルの255との比較も行います。