ランニングシューズの寿命は何km?交換のサインを紹介

 ランニングシューズの寿命は走行距離で表すと何kmくらいでしょうか。実例と共に交換のサインを紹介します。

一般的な寿命は500~800km

 ランニングシューズの寿命500~800kmといわれています。

 かなりが広いですが、基本的にランニングシューズは軽いほど耐久性は低くなります

 その他にも、路面(コンクリート、トラック、トレイルなど)、接地の仕方体重気候など様々な要因があります。

 このように、シューズやその他の要因で寿命は変わってくるので、走行距離を計算するより交換のサイン(摩耗など)が出てきたら交換することをおすすめします。

交換のサイン

 私が1年以上使い続け、交換のサインをフルコンボしたペガサスターボ2(NIKE)を例に解説します。

アウトソールの摩耗

アウトソールの摩耗

 交換のサインとして最も表れやすいのがアウトソールの摩耗です。

 写真では、前足部および後足部の六角形のパターンが削られ、特に後足部外側(写真右上)ではミッドソールがむき出しになっています。

 摩耗の仕方は接地方法で異なりますが、ヒールストライク走法(かかと接地)のランナーは後足部が優先的に摩耗し、接地のバランスが悪くなってしまいます

 特に、着地時に地面を擦る音が聞こえる場合は、かなり摩耗が早いです。

 また、オーバープロネーション(着地時に膝が極端に内側に傾く走法)のランナーは、内側が優先的に摩耗します。

 アウトソールの寿命を超えたシューズはサポート機能やグリップ力が落ちているため、フォームが崩れ怪我のリスクが高まる恐れがあります。

接合部の破れ

アッパーの破れ

 アッパー側面とミッドソールの境界部が最も裂けやすいです。

 基本的に、アッパーが軽量なほど耐久性は低くなります。また、サイズが小さすぎると大きな力が加わり破れやすくなります。

 他にも、指先が当たる部分にが開いたり、経年劣化でアウトソールが剥がれることもあります。

ミッドソールの断裂

 また、これはレアケースですが、ミッドソールに複数のフォーム材が使用されている場合、フォーム材の接着部が裂けることもあります。

 この例ではかかとの部分から裂けてしまいましたが、これは着脱時に力が加わってしまったためです。

 異なるフォーム材を接着することは難しく、接着剤で固定しても上手くいかない場合が多いです。

ミッドソールのへたり

ミッドソールのへたり

 距離を重ねるごとにミッドソールに圧力が加わるため、徐々にシワが発生しクッション性が失われていきます

 一般的に、レーシングシューズに使用されるような軽量なフォーム材ほど、気泡が大きく潰れやすい(へたりやすい)です。

 例えば、NIKEのヴェイパーフライNext%に使用されているズームXは、ズームフライのリアクトよりも密度が小さくてへたりやすいです。

 また、全く履いていなくても経年劣化により収縮が進みます。熱に弱いので、夏は涼しい場所で保管することをおすすめします。

関連記事
【2022最新】初心者おすすめのランニングシューズ18選!選び方も解説

【2022最新】初心者おすすめのランニングシューズ18選!選び方も解説

初心者におすすめのランニングシューズを気分転換~レースまで、目的別に18足紹介します。また、シューズの選び方や購入方法についても解説します。

おすすめ記事

【ASICS】GT-2000 10レビュー│前作の9との違いは?

【ASICS】GT-2000 10レビュー│前作の9との違いは?

アシックスの初心者向けシューズであるGT-2000 10の特徴や用途を解説します。前作のGT-2000 9との比較も行います。

陸上スパイクピンの選び方│長さ、形状、材質の違いは?

陸上スパイクピンの選び方│長さ、形状、材質の違いは?

陸上のスパイクピンには様々な長さ・形状のものがあります。これは各競技で最大限のパフォーマンスを発揮するために設計されてるためです。本記事では、陸上のスパイクピンの長さや形状の違いや選び方について解説します。

【Adidas】タクミセン8レビュー│5km~ハーフに特化した新領域のシューズ!

【Adidas】タクミセン8レビュー│5km~ハーフに特化した新領域のシューズ!

前作から大幅アップデートされた、アディダスのアディゼロタクミセン(匠戦)8の特徴・用途を解説します。タクミセン7やアディオスプロ2との違いも解説します。

【NIKE】エアズームペガサス39 レビュー|軽量化されて汎用的に!

【NIKE】エアズームペガサス39 レビュー|軽量化されて汎用的に!

ナイキの代表モデルであるエアズームペガサス39の特徴・用途を解説します。前作のペガサス38との比較も行います。