ランニングシューズDB ガーミン スペック比較

【ミズノ】ウエーブライダー27 詳細情報│ウエーブスカイ7との違いは?

 ミズノの代表モデルであるウエーブライダー27の特徴・用途をレビューします。旧モデルのウエーブライダー26や、ウエーブスカイ7との比較も行います。

シューズまとめ記事のリンク

全モデル
メーカー別
レベル別
用途別

商品概要

スペック

  • 発売日:2023/8/25
  • 定価(税込):¥14,850
  • 重量:280g(27.0cm), 235g(24.5cm)
  • 厚さ:38.5mm
  • ドロップ:12mm
  • ミッドソール:Mizuno Energy + Wave Plate
  • 幅:2E(スタンダード)、4E(スーパーワイド)
  • 主な用途: ジョギング、ロング走、ロードレース(サブ4.5〜完走)、ウォーキング

 ウエーブライダーはミズノを代表するデイリートレーナーで、主に初心者をターゲットとしたシューズです。

 ドロップ(かかと/つま先の高低差)は12mmと大きいことが特徴で、ヒールストライカーに適した構造となっています。

 定価(税込)は14,850円ですが、最近ランニングシューズの価格が高騰していることを考えると、比較的安い部類に入ります。

モデル メーカー 定価(税込)
ウエーブライダー27 Mizuno ¥14,850
GT-2000 12 Asics ¥15,400
ペガサス40 Nike ¥16,500

▲ウエーブライダー27と似たカテゴリーのシューズの価格比較

 重量(27.0cm)は280gと軽くはありません。その代わり、安定性・サポート力・耐久性に優れます。

 このため、用途としては日々のトレーニングや、フルマラソン(サブ4.5〜完走)が適しています。

 アッパーには軽量で通気性に優れたジャガードメッシュアッパーを採用していますが、伸縮性が高いスムースストレッチウーブンを採用した派生モデル(¥17,050)も用意されています。

ソール構造

ウエーブライダー27 ソール構造

商品画像の引用元:jpn.mizuno.com

 ウエーブライダーは25代目モデルから、ミッドソールにクッション性・反発力に優れたミズノエナジーを採用しました。

 26代目ではミズノエナジーをミッドソール全域に拡張し、今作(27代目)にも受け継がれています。

 多くのミズノエナジー使用したことで厚さは38.5mmあり、フルマラソンを完走するために十分なクッション性があります。

 また、ミッドソールの中足部〜後足部にかけて、ウエーブプレートと呼ばれる樹脂プレートが内蔵されています。

 ウエーブプレートによりクッション性と安定性を両立し、かかとから設置した場合でもスムーズな体重移動をサポートします。

 アウトソールには耐摩耗性に優れた厚めのX10が、後足部ギリギリまで配置されています。

 耐久性に優れており、価格も手頃なため、コストパーフォーマンスに優れています。

ウエーブライダー26との違い

ウエーブライダー27と26の違い

商品画像の引用元:jpn.mizuno.com

 ウエーブライダー27はアッパーのみをアップデートし、ソールユニットはそのまま26代目を受け継いでいます。

 アッパーは素材とヒールカウンターの構成を見直すことで、重量は5g軽量化されました。

 ただしシューズ全体で見れば大きく変わったような印象はなく、価格が落ちた26代目を購入するのもありだと思います。

ウエーブスカイ7との違い

ウエーブライダー27とウエーブスカイ7の違い

商品画像の引用元:jpn.mizuno.com

 ウエーブスカイはウエーブライダーよりも厚くてクッション性が高く、より初心者向けのモデルとなります。

 ミッドソールにはミズノエナジーだけでなく、最も柔らかいフォーム剤であるミズノエナジーコアを内部に配置しています。

 ミズノエナジーコアはラバーベースの素材のため、恐らくミズノエナジーよりも密度が高く、シューズの重量は300gを超えています。

 ただし、ウエーブスカイの方が弾むような乗り心地なので、気軽にランニングを楽しみたい方には適していると思います。

 定価はウエーブスカイの方が3,000円以上高いですが、これはアッパーにスムーズストレッチウーブンを採用しているためだと思われます。

 ウエーブライダー27にもスムーズストレッチウーブンを使用した派生モデルがありますが、定価は通常モデルよりも2,200円高い17,050円となっています。

まとめ

 ウエーブライダー27の特徴・用途を以下にまとめます。

  • ミズノの代表モデルで、クッション性・安定性に優れている
  • ドロップが12mmと大きく、ヒールストライカーに適した構成
  • 日々のトレーニングや、マラソン(サブ4.5〜完走)におすすめ
  • 前作からの変更点はアッパーのみで、5g軽くなった

おすすめ記事

【2024版】ミズノのランニングシューズ17足まとめ│レベル・目的別に紹介!

【2024版】ミズノのランニングシューズ17足まとめ│レベル・目的別に紹介!

ミズノのランニングシューズをレベル・目的別に紹介します。人気ランキングも作成したので、購入時の参考にしてください。

【ASICS】ダイナブラスト2 レビュー│陰に隠れた良シューズ

【ASICS】ダイナブラスト2 レビュー│陰に隠れた良シューズ

ジョギング用にダイナブラスト2を購入しました。本記事ではダイナブラスト2の特徴・用途の解説、ノヴァブラスト2との比較をした後に、実際の使用感をレビューします。

【NIKE】リアクトインフィニティ3 詳細情報│歴代モデルの比較も!

【NIKE】リアクトインフィニティ3 詳細情報│歴代モデルの比較も!

ナイキのリアクトインフィニティ3の特徴・用途をレビューします。歴代モデルの比較も行います。

陸上スパイクピンの選び方│長さ、形状、材質の違いは?

陸上スパイクピンの選び方│長さ、形状、材質の違いは?

陸上のスパイクピンには様々な長さ・形状のものがあります。これは各競技で最大限のパフォーマンスを発揮するために設計されてるためです。本記事では、陸上のスパイクピンの長さや形状の違いや選び方について解説します。