【Asics】ライトレーサー5 詳細情報│今作もマイナーアップデート – Unattached Runner

サイトデザインをリニューアルしました!

【Asics】ライトレーサー5 詳細情報│今作もマイナーアップデート

 部活用シューズとして定番のライトレーサー5が2024年3月に発売されました。前作のライトレーサー4ハイパースピード3と比較しながら特徴・用途をレビューします。

シューズまとめ記事のリンク

メーカー別
レベル別
用途別

商品概要

スペック

  • 発売日:2024/3/14
  • 定価(税込):¥9,900
  • 重量:225g(27.0cm)
  • 厚さ:28mm
  • ドロップ:10mm
  • ミッドソール:FF Propel
  • カテゴリー:スピード
  • 主な用途:部活用、アップ用、通学、体育、ジョギング、スピード練習(〜中強度)

 ライトレーサーは部活用に設計された軽量でシンプルなスピードモデルです。

 重量は約225gと軽量で、厚さは28mmと最近のシューズとしては薄く、スピードの出しやすさが重視されています。

 アシックスの同カテゴリーにはソーティマジック・ターサーがありますが、ライトレーサーよりもさらにスピードに特化しており、どちらかというと短距離選手に人気のモデルです。

 ライトレーサー5はこれらのモデルよりはクッションがあり、あらゆる種目に対応するため、種目が決まっていない学生にもおすすめできます。

 最近ランニングシューズは値上がり傾向にありますが、ライトレーサー5は10,000円以内に抑えられており、安さも人気の理由の1つです。

アッパー

ライトレーサー5 アッパー
ライトレーサー5 アッパー2

左右にスライド可能です。

商品画像の引用元:asics.com

 アッパーは軽量なメッシュ素材で、快適性耐久性のバランスが取れた設計がされています。

 前作からメッシュパターンや補強の方法が異なりますが、性能はほとんど変わらないと考えて良いです。

 変わったのは性能よりもデザインで、今作はメインカラーに2色以上使用されており、前作と好みが分かれると思います(画像2枚目参照)。

ソールユニット

ライトレーサー5 ミッドソール
ライトレーサー5 アウトソール

左右にスライド可能です。

 ソールユニットは前作と全く同じで、ミッドソールにはFlyteFoam Propel(FF Propel)、アウトソールにはAharPlusが使用されています。

 FF Propelは程良いクッション反発力が特徴ですが、厚さが28mmと厚くないため、接地感はダイレクトで自力で走る感覚が強いです。

 陸上を始めたばかりの部活生は、いきなり高価な厚底シューズを選ぶよりも、ライトレーサーのようなシンプルなシューズで接地感を養う方が良いと思います。

 アウトソールのAharPlusは耐摩耗性に優れた素材です。また、形状の工夫によりグリップ力も強化しています。

 また、中足部には樹脂プレート(トラスティック)が配置されており、剛性を高めることで安定性を強化しています。

ライトレーサー4との違い

ライトレーサー5と4の違い

商品画像の引用元:asics.com

 ライトレーサー4の発売から2年空きましたが、ライトレーサー5はアッパーのアップデートのみで、ソールは全く同じです。

 ミッドソールのFF Propelは一世代前のフォーム材のため、ターサーRP3と同じようにFF Blastにアップデートされることも予想していましたが、コストを優先したためか変更なしでした。

 アッパーもマイナーチェンジであるため性能はほとんど変わらず、どちらを選んでも問題ありません。

 ただしアッパーのデザインは簡単に見分けがつくほど変わったので、見た目で選ぶ方が良いかもしれません。

 価格は若干上がりましたが、10,000円以内には抑えられています。ただしライトレーサー4は型落ち価格になっているため、最新モデルにこだわらなければ狙い目です。

関連記事

ハイパースピード3との違い

ライトレーサー5とハイパースピード3の違い

商品画像の引用元:asics.com

 ハイパースピード3もスピードカテゴリーに部類されており、ライトレーサー5と迷う方は多いと思います。

 ハイパースピードはレーシングモデルと同じくロッカー形状が採用されているのが特徴で、シューズのサポートを受けて楽に走ることができます。

 ライトレーサーよりも少しだけ長距離寄りなので、ジョギングをする機会が多い場合はハイパースピードの方が適しています。

 重量はハイパースピードの方が30gほど軽量ですが、アウトソールの耐久性はAharPlusを採用したライトレーサー5の方が優れています。

 以上より、シンプルさ・耐久性を求めるならライトレーサー5、ロッカーのサポート・軽量性を求めるならハイパースピード3がおすすめです。

関連記事

まとめ

 ライトレーサー5の特徴・用途を以下にまとめます。

  • 主に学生がターゲットのスピードモデル
  • シンプルかつ軽量でスピードが出しやすい
  • 定価は10,000円を切っておりコスパが高い
  • 前作との違いはアッパーのみ(マイナーチェンジ)