【厚底vs薄底vsスパイク】100m全力で走ってみた

 スパイクを履くとどれくらい足が速くなるのか気になったので、全力で走って厚底シューズ薄底シューズと比較してみることにしました。

使用したシューズ

 メーカー差が出ないように全てナイキのシューズを使用することにしました。

①【ジョギング用】ズームペガサス34

ズームペガサス34

 実測241g(25.0cm)でしたアキレス腱に当たる部分をカットしていますが今回使用したシューズの中では一番重いです。

 ズームペガサスはフルマラソンでサブ4レベルのシューズで、普段は緩めのジョギングのときに使っています。

 スピード練習で使用するようなシューズではないため、一番タイムが遅くなると思われますが比較のために使用しました。

②【厚底】ヴェイパーフライNext%

ヴェイパーフライ

 実測165g(25.0cm)でした。普段はロードレースでしか使用していません。

 厚底は薄底に比べるとスピードが出しにくいイメージがありますが反発でどこまで補えるのか楽しみです。

③【薄底】ズームストリークLT3

ズームストリークLT3

 実測127g(25.5cm)でした。ナイキの数少ない薄底シューズです。ズームストリークよりも薄く厚さが25mmを切っているので、800m以上のトラックレースでも使用可能なシューズです。

 ズームマトゥンボというスパイクのピンがないバージョンみたいなシューズでスピードはかなり出しやすいはずです。

④【スパイク】ズームヴィクトリー3

ズームヴィクトリー3

 実測108g(25.5g)でした。ナイキの中距離用スパイクで、3000m以下のレースで使用しています。もともと7mmのニードルピンですが練習用として5mmの平行ピンに付け替えています。

 普段の練習内容からするとシューズよりも速くなるのは確実だとは思いますがどれくらい変わるのか気になります。

比較方法

 200mくらい走って比較したかったのですが本数を重ねるごとにタイムが遅くなってしまうと比較が難しいので、ダメージが残りにくいと思われる100mを全力で走って比較することにしました

 順番は、ズームペガサス34ヴェイパーフライズームストリークLT3ズームヴィクトリー3ズームペガサス34(2回目)としました。

 ズームペガサス1回目5回目で使ったのは、疲労でタイムが落ちてないか確認するためです。

検証結果

 結果は以下の通りです。

本数 種別 シューズ タイム
1 ジョグ用 ペガサス34 13"31
2 厚底 ヴェイパーフライ 12"81
3 薄底 ストリークLT3 12"92
4 スパイク ヴィクトリー3 12"86
5 ジョグ用 ペガサス34 13"51

 結論からいうと、ジョギングシューズのズームペガサスが最もタイムが遅く、他の3足は明確な比較ができませんでした

 100m5本くらいならノーダメージで行けると思ってましたが、3本目あたりから動いてない感じがありました。実際、1本目と5本目は同じシューズ(ズームペガサス34)なのに0.2秒タイムが落ちていました

 当日の気温も7℃と低く、5本走り終わった頃には指の感覚がなくなっていました。5本走り終わったあと追加練習250m200mを走りましたが普段より2,3秒遅くなっているくらいボロボロでした。

まとめ

 本数を重ねるごとにタイムが落ちてしまって正確に比較できなかったのが残念でした。

 春になって気温が高くなったらリベンジしようと思います。そのときは使用するシューズの順番を今回と逆にするか、100mではなく60mで比較するなどしようと思います。

おすすめ記事

【ASICS】NOVABLAST 2レビュー│DYNABLAST2との違いは?

【ASICS】NOVABLAST 2レビュー│DYNABLAST2との違いは?

2021年7月にアシックスから発売されたノヴァブラスト2の特徴や用途を解説します。また、ダイナブラスト2との比較も行います。

【NIKE】リアクトインフィニティ3 詳細情報│歴代モデルの比較も!

【NIKE】リアクトインフィニティ3 詳細情報│歴代モデルの比較も!

ナイキのリアクトインフィニティ3の特徴・用途をレビューします。歴代モデルの比較も行います。

陸上スパイクピンの選び方│長さ、形状、材質の違いは?

陸上スパイクピンの選び方│長さ、形状、材質の違いは?

陸上のスパイクピンには様々な長さ・形状のものがあります。これは各競技で最大限のパフォーマンスを発揮するために設計されてるためです。本記事では、陸上のスパイクピンの長さや形状の違いや選び方について解説します。

【NIKE】ズームペガサス38レビュー│36、37との違いも解説

【NIKE】ズームペガサス38レビュー│36、37との違いも解説

2021年4月に発売されたナイキのエアズームペガサス(以下ペガサス38)のレビューをします。また、ペガサス36、37との比較も行います。