【ミズノ】マキシマイザー25 評価│24との違いはほとんどなし – Unattached Runner

【ミズノ】マキシマイザー25 評価│24との違いはほとんどなし

 ミズノ最安のランニングシューズであるマキシマイザー25の特徴・用途をレビューします。前作のマキシマイザー24との比較も行います。

商品概要

マキシマイザー25 搭載技術

商品画像の引用元:jpn.mizuno.com

  • 定価(税込): ¥4,950
  • 重量: 260g(27.0cm)
  • 幅: 3E(ワイド)
  • 主な用途: 軽めのジョギング、ウォーキング、通学、ビジネス

 ミズノ最安のランニングシューズです。幅は広めの3Eで、履きやすさを重視しています。

 スポーツ専門店で扱われることは少なく、ABCマートデパートなどで通学・部活向けとして安く売られているようなシューズです。

 アッパーは通常のメッシュ、ミッドソールはランニングシューズの標準とされるEVAが使用されたシンプルな構成が特徴です。

 フルマラソンなど長い距離を走るにはクッションが足りないので、10km程度までの軽めの運動に適しています。

 タウンユースも想定されており、アウトソールには耐摩耗性に優れたX10、かかと部には再帰反射材が使用されています。

マキシマイザー24との違い

マキシマイザー25と24の違い

商品画像の引用元:jpn.mizuno.com

 マキシマイザー2425の違いはアッパーのデザインのみです。この流れは数年間続いています。

 ミッドソールとアウトソールは全く同じ形をしており、旧モデルの型を流用していると思われます。

 重量は公式値で10g増加しているようですが、厳密な数値ではないので大差ないと思われます。

 以上より、マキシマイザーは新旧モデルで性能差はほとんどないため、価格やデザインで選ぶのがおすすめです。

関連記事
【ミズノ最安】マキシマイザー24 詳細情報|前作の23との違いも解説

【ミズノ最安】マキシマイザー24 詳細情報|前作の23との違いも解説

ミズノで最も安いランニングシューズであるマキシマイザー24の特徴・用途をレビューします。前作のマキシマイザー23との違いについても解説します。

ミズノ代表モデルとの比較

マキシマイザー25とウエーブライダー26の比較

商品画像の引用元:jpn.mizuno.com

 ミズノの初心者向けの代表モデルウエーブライダー26があります。定価はマキシマイザー25よりも10,000円程度高いです。

 大きな違いはミッドソールの構成で、ウエーブライダー26はミズノエナジーという独自のフォーム材が使用され、さらにミズノウエーブという樹脂プレートが内蔵されています。

 これにより安定性を維持しつつクッション性・反発力を高めていますが、このようなメーカー独自の技術が搭載されるほど価格は高くなる傾向があります。

 性能が高いためフルマラソンまで対応できますが、軽めの運動をするにはオーバースペックです。

 このため、価格・スペック・性能のバランスを見て、用途・優先度に合わせて選ぶことをおすすめします。

まとめ

 マキシマイザー25の特徴・用途をまとめると以下のようになります。

  • ミズノ最安のランニングシューズ
  • 幅がやや広く、履きやすさを重視
  • タウンユース、軽めの運動がおすすめ
  • 旧モデルとの違いはアッパーのデザインのみ

おすすめ記事

【2023版】ミズノのランニングシューズ17足まとめ│レベル・目的別に紹介!

【2023版】ミズノのランニングシューズ17足まとめ│レベル・目的別に紹介!

ミズノのランニングシューズ17足をレベル・目的別に紹介します。購入時の参考にしてください。

【ASICS】ターサーシリーズの違い│エッジ、RP、ジャパン、ジールの特徴を解説

【ASICS】ターサーシリーズの違い│エッジ、RP、ジャパン、ジールの特徴を解説

本記事では現行モデルのTARTHEREDGE・TARTHER RP、昔から続くTARTHER JAPAN、廃盤となってしまったTARTHERZEALの特徴や違いを解説します。

【NB】FuelCell REBEL v3 詳細情報│幅が広くなり安定性が改善

【NB】FuelCell REBEL v3 詳細情報│幅が広くなり安定性が改善

ニューバランスの軽量ジョギングシューズであるFuelcell REBEL v3の特徴・用途をレビューします。旧モデルのREBEL v2との比較も行います。

【NIKE】ズームペガサス38レビュー│36、37との違いも解説

【NIKE】ズームペガサス38レビュー│36、37との違いも解説

2021年4月に発売されたナイキのエアズームペガサス(以下ペガサス38)のレビューをします。また、ペガサス36、37との比較も行います。