【ASICS】ソーティシリーズの違いについて│RPとかLTって何の略?

★2021/9/7更新:一部内容を加筆しました★

 アシックスの薄底シューズといえばソーティシリーズが有名で、毎年いろいろなモデルが発売されています。

 名前に「RP」とか「LT」がついていたり、他にも「SEIHA」とか「TENKA」がついていて違いがよく分からなかったので整理してみることにしました。

関連記事
3分台ランナーによる!1500mおすすめのスパイク・シューズ11選!

3分台ランナーによる!1500mおすすめのスパイク・シューズ11選!

1500mおすすめのスパイク・シューズを紹介します。陸上を始めたばかりの初心者から、3分台の選手が使用するスパイクまで幅広く紹介します。

現行モデルの比較

 2021年1月現在発売されているモデルは以下の3種類です。

定価
(税込)
重量
(26.5cm)
ミッドソール素材
SORTIEMAGIC RP5 16,500 155g FlyteFoam + FlyteFoam Propel
SORTIEMAGIC LT2 13,200 150g FlyteFoam
SORTIE JAPANSEIHA2 17,600 163g SpEVA

見切れている場合横にスクロールできます

 反発の高い順に、RP5SEIHA2LT2となっていて、クッション性耐久はこの逆と考えて大丈夫だと思います。

ソーティシリーズとは

名前の意味

 アシックスによると、ソーティとは「集団から抜け出す」という意味が込められているみたいです。

 ちなみにSORTIEという英単語の意味を調べてみると、「小旅行」とか「(軍隊の)突撃」とかが出てきて謎でした。

 ソーティマジックのマジックは、1960年に発売された「マジックランナー」からきています。空気と熱を外に逃がす構造でマメができづらくなっていて、魔法のシューズと絶賛されていたみたいです。

使用用途

 ソーティシリーズの用途は、トラックでのスピード練習800m ~ 5000mのレース・駅伝になります。10km以上からはターサーシリーズを履く選手が多くなってきます(ターサーは厚さの規定でトラックの公認レースでは使用できません)。

 現在はロードレースで厚底シューズを履いている選手が多いですが、ソーティの方が軽くてスピードが出しやすく、クセが少なく履きやすいメリットがあります。女性選手はまだまだ履いている方が多い印象があります。

関連記事
【ASICS】ターサーシリーズの違い│エッジ、RP、ジャパン、ジールの特徴を解説

【ASICS】ターサーシリーズの違い│エッジ、RP、ジャパン、ジールの特徴を解説

本記事では現行モデルのTARTHEREDGE・TARTHER RP、昔から続くTARTHER JAPAN、廃盤となってしまったTARTHERZEALの特徴や違いを解説します。

サイズ感

 アシックスの公式HPでカスタマー評価の平均値をみたところ、サイズ感は真ん中だったので普段のサイズで大丈夫そうです。

 もしサイズに迷った場合はサイズの小さい方をおすすめします。ソーティを履いて走るときは基本的にペースが速いので、サイズが小さい方が足元のブレを抑えられてメリットになります

各モデルの詳細

SORTIEMAGIC RPシリーズ

SORTIEMAGIC RP5

SORTIEMAGIC RP5 (Asics公式HPより引用)

 RPは「Repulsion(反発)」の略です。アウトソールのプレートが中足部から前足部まで伸びていて、RPという名の通り優れた反発性を発揮します。RPシリーズは2014年から発売され、2021年1月現在では5代目のRP5が発売されています。

 フルマラソンで有名な川内選手も使用しているシューズですが、見た目が似ているターサーRP800mのレースで間違えて使用してしまったことがありました。

SORTIEMAGIC RP4

SORTIEMAGIC RP4 (Amazon「ASICSストア」より引用)

 RP4まではミッドソールに反発性に優れた「SpEVA(スピーバ)」軽量性に優れた「Solyte(ソライト)」を組み合わせた素材が使用されていましたが、RP5からはSolyteの新素材である「FlyteFoam」と、SpEVAの新素材ともいえる「FlyteFoam Propel」が使用されています。

 反発性に優れたFlyteFoam Propel前足部に、軽量性に優れたFlyteFoamつま先後足部に配置されています。

SORTIEMAGIC LTシリーズ

 LTは「Light(軽量)」の略です。LTシリーズは2014年から発売され、2021年1月現在では2代目のLT2が発売されています。

 前田穂南選手MGC(東京五輪選考会)で優勝した際に履いていたシューズで、オリンピック本番でも使用していました。

 初代のLTでは「Solyte」が使用されていましたが、LT2では新素材「FlyteFoam」が使用されています。RP5との主な違いは反発性重視の「FlyteFoam Propel」が使用されていないことで、LT2は名前の通り軽量性に特化しています

 さらにアウトソールも異なっていて、RP5は反発力重視のセパレートソールですが、LT2ではクッション性重視のフラットソールとなっています。

SORTIE JAPANSEIHAシリーズ

 JAPANSEIHAシリーズは2015年から発売され、2021年1月現在では2代目のJAPANSEIHA2が発売されています。初代と2代目の違いはほとんどありません。長らく更新されていないので、廃盤になる可能性があります。

 ミッドソールには反発性に優れた「SpEVA」が全面に配置されています。ただしフラットソールになっているため、反発性というよりは安定性とクッション性を重視していると思います。

SORTIE JAPANシリーズ

SORTIE JAPAN

SORTIE JAPAN (Amazon「ASICSストア」より引用)

 過去に発売されていたモデルです。「SpEVA」「Solyte」を組み合わせた素材が使用されています。

 ソーティシリーズの中ではソールが厚く、またアウトソールには「DUOSOLE(靴裏のつぶつぶ)」がありません。そのため、レーシングシューズというよりは練習用で、安定性とクッション性が高いモデルといえます。

SORTIE JAPANTRAINER

SORTIE JAPANTRAINER (Amazon「ASICSストア」より引用)

 「SORTIE JAPANTRAINER」という、さらに厚いトレーニングモデルもありますが、ここまで厚いシューズを選ぶならターサーシリーズでいいような気もします。

TENKAシリーズ

SORTIEMAGIC RP5 TENKA

SORTIEMAGIC RP5 TENKA (Asics公式HPより引用)

 TENKAには「天下」「点火」の意味が掛かっています。TENKAシリーズは武将をイメージした赤や黄色のデザインのシューズで、機能的な意味はありません。

 例えばRPシリーズTENKAデザインなら、「SORTIEMAGIC RP TENKA」という名前になります。

まとめ

 2021年1月の現行モデルには「RP5」「LT2」「SEIHA2」の3種類があり、その違いはミッドソールの素材にありました。

 基本的にレースでも練習でも使えますが、反発性やクッション性を考えて「RP5」をレース用、「LT2」「SHIHA2」を練習用みたいに使い分けてもいいかもしれません。

おすすめ記事

【NIKE最安】レボリューション5レビュー|普段使い~ランニングまで使える万能シューズ!

【NIKE最安】レボリューション5レビュー|普段使い~ランニングまで使える万能シューズ!

ナイキ最安のランニングシューズであるレボリューション5の特徴や用途を解説します。

【NIKE】フリーラン レビュー│特徴、効果、数字の違いを解説

【NIKE】フリーラン レビュー│特徴、効果、数字の違いを解説

本記事では、NIKEのフリーランの特徴、効果、数字の違いを解説します。また、ランニングでの使用感をレビューします。

Onのランニングシューズ「CloudTec」の特許を調べてみた

Onのランニングシューズ「CloudTec」の特許を調べてみた

Onのランニングシューズはミッドソールに特許技術「CloudTec」を採用しているのが特徴で、雲の上のような走り心地を実現しています。本記事では、CloudTecの特許について調べたことを紹介します。

【ASICS】ターサーエッジ3レビュー│エッジ2との違いも解説

【ASICS】ターサーエッジ3レビュー│エッジ2との違いも解説

アシックスから発売されたターサーエッジ3の特徴・用途を解説します。前作のターサーエッジ2との比較も行います。