【HOKA】クリフトン8レビュー│クリフトン7、ボンダイ7との違いは?

 ホカオネオネのクリフトン8特徴・用途を解説します。前作のクリフトン7との違いについても解説します。

全体レビュー

クリフトン8 特徴

本記事では、商品に関する画像はNIKE公式HPより引用しています。

 クリフトン8はホカオネオネの最も代表的なジョギングシューズです。

 2019年頃から注目され始め、ここ最近トップランナークリフトン着用率が急激に上がりました

 一番の特徴はふかふかのクッションです。厚さが約34mmあり脚への負担が小さいので、デイリートレーナーとしての使用がおすすめです。

 普段履きウォーキング用として履いても良いですし、フルマラソンサブ4〜完走を狙いたい場合にも適しています。

 重量(27.0cm)は250gで、クッション性が高いシューズの中ではかなり軽量といえます。

クリフトン7との違い

クリフトン8と7の違い

 クリフトン8クリフトン7は見た目ではほとんど変わりませんが、クッション性・フィット感・耐久性が改良されました。

 クッション性が高くなったのはミッドソールの改良によるものです。クリフトン7よりも軽量化され、さらにソフトな感覚が得られるようになりました。

 アッパーはシュータンが厚くなり、履き心地が良くなりました。さらに、アキレス部が反ったことで着脱が楽になりました

 また、クリフトン7アウトソールのゴムがすぐに削れてミッドソールがむき出しになってしまいましたが、クリフトン8ではゴムの量が増えたため耐久性が向上しました。

 このようにミッドソールが軽量化されたものの、アッパーとアウトソールは重くなったため、シューズ全体の重量はほぼ同じです。

ボンダイ7との違い

クリフトン8とボンダイ7の違い

 ボンダイ7はホカオネオネで最もクッション性に優れたシューズです。

 ふかふかで履き心地が良いため、普段履きやウォーキング用として履いている方が多いです。

 厚さは36mmでクリフトン7よりも2mm程厚い(クッション性が高い)ですが、重量は303gとランニングシューズとしてはやや重いです。

 このため、フルマラソンで使うならサブ5〜完走レベル、またはファンランで楽しく走りたいランナーにおすすめです。

関連記事
【HOKA】最高級のクッション性!ボンダイ7レビュー

【HOKA】最高級のクッション性!ボンダイ7レビュー

ホカオネオネのボンダイ7の特徴・用途を解説します。前作のボンダイ6からアップデートされた点も解説します。

ペガサス38(NIKE)との比較

クリフトン7とペガサス38の違い

 エアズームペガサスナイキの代表的なランニングシューズで、用途もクリフトン8と似ています。

 定価はペガサス38の方が3,000円程安いです。ナイキは旧カラーをセール価格で購入できることが多いので、コスパはペガサス38の方が高いといえます。

 重量はクリフトン7の方が40g程軽いですが、反発力はペガサス38の方が高くスピードが出しやすいです。

 クッション性はクリフトン8の方が高いです。ペガサス38もふかふかしていてクッション性が高いですが、それ以上にクリフトン8のクッション性が高いです。

 このため、対象レベルはペガサス38の方がやや高く、フルマラソンならサブ3.5〜サブ4.5を狙うランナーにおすすめです。

 以上より、クッション性重視でゆっくり走る場合はクリフトン8、ある程度のスピードも出したいならペガサス38がおすすめです。

関連記事
【NIKE】ズームペガサス38レビュー│36、37との違いも解説

【NIKE】ズームペガサス38レビュー│36、37との違いも解説

2021年4月に発売されたナイキのエアズームペガサス(以下ペガサス38)のレビューをします。また、ペガサス36、37との比較も行います。

まとめ

 クリフトン8の用途・特徴をまとめると以下のようになります。

  • HOKAの代表的なジョギングシューズ
  • トップランナーの使用率が高い
  • 普段履きやウォーキングにもおすすめ
  • フルマラソンではサブ4~完走レベル
  • 前作からクッション性・フィット感・耐久性が向上

おすすめ記事

【Adidas】タクミセン8レビュー│5km~ハーフに特化した新領域のシューズ!

【Adidas】タクミセン8レビュー│5km~ハーフに特化した新領域のシューズ!

前作から大幅アップデートされた、アディダスのアディゼロタクミセン(匠戦)8の特徴・用途を解説します。タクミセン7やアディオスプロ2との違いも解説します。

【NIKE】ドラゴンフライ レビュー│中距離ランナーが使用した感触

【NIKE】ドラゴンフライ レビュー│中距離ランナーが使用した感触

ナイキの1500m〜10000m用スパイクであるズームXドラゴンフライのレビューをします。エアズームヴィクトリーとの比較も行います。

【ASICS】ターサーシリーズの違い│エッジ、RP、ジャパン、ジールの特徴を解説

【ASICS】ターサーシリーズの違い│エッジ、RP、ジャパン、ジールの特徴を解説

本記事では現行モデルのTARTHEREDGE・TARTHER RP、昔から続くTARTHER JAPAN、廃盤となってしまったTARTHERZEALの特徴や違いを解説します。

【Adidas】アディゼロジャパン6 レビュー│歴代モデルの比較も!

【Adidas】アディゼロジャパン6 レビュー│歴代モデルの比較も!

アディゼロジャパン6(アディオス6)の特徴・用途を歴代モデルと比較を行いながら解説します。