【Adidas】アディゼロRC4詳細情報|RC3から厚くなったメリットは?

 アディダスの軽量ランニングシューズであるアディゼロRC4特徴・用途をレビューします。前作のRC3との違いについても解説します。

商品情報

アディゼロRC4 搭載技術

本記事では、商品に関する画像は "shop.adidas.jp" より引用しています。

 アディゼロRC4安さと軽さが特徴のモデルです。安い上に用途が幅広く、部活生に人気が高いです。

  • 定価(税込): ¥9,990
  • 重量(27.0cm): 230g (軽量)
  • 厚さ: 27mm
  • ドロップ: 8mm
  • ミッドソール: Lightstrike
  • 主な使い道: スピード練習、坂ダッシュ、ジョギング

アディダスRC3との違い

スペック比較

アディゼロRC4とRC3の違い

 比較表から分かる通り、アディゼロRC4は前作のRC3から1.5mmほどソールが厚くなりました

 RC3まではジョギング用途としてはやや薄くてスピード練習がメイン用途でしたが、RC4では厚くクッション性が高くなったため、ジョギングでも使いやすく用途が広くなったといえます。

 厚くなったことで重量は20g増加しましたが、ランニングシューズ全体で見れば軽い分類に入ります。

 また、アッパーのメッシュパターンやアウトソールのゴムの配置が変わっていますが、特に新しい技術が採用された訳ではなく大きな差ではありません

短距離選手はRC3の方が良い場合も

 アディダスは2021年からボストン10・タクミセン8・ジャパン6など、多くのモデルが厚底化されています。

 アディゼロRC4も同様に厚くなったため、アディダスの2022年モデルから薄底と呼べるシューズはなくなってしまいました

 このため、接地感(スパイクに近い感覚)スピードの出しやすさを求める短距離選手にとって選択肢がほぼなくなってしまったといえます。

 RC3は型落ちで実売価格が6,000円前後まで落ちているので、薄底を好む場合はRC3の購入をおすすめします。

関連記事
【Adidas】Adizero RC3レビュー│使いどころやRC2との違いを解説

【Adidas】Adizero RC3レビュー│使いどころやRC2との違いを解説

アディダスから発売されたアディゼロRC3の特徴や用途を解説します。前作のRC2との比較も行います。

アディゼロジャパン6との違い

アディゼロRC4とジャパン6の違い

 アディゼロジャパンはアディダスの代表的なモデルで、軽さと用途の幅広さが特徴です。

 重量はアディゼロRC4と同等ですが、アディゼロジャパン6の方が3mm程厚くて適正距離は長くなります。

 ミッドソール前面にはクッション性反発力を兼ね備えたLIGHTSTRIKE PROが採用されているため、フルマラソンまで対応できます。

 以上より、ジョギングマラソンの練習がメインの場合はアディゼロジャパン6スピード練習がメインの場合はアディゼロRC4がおすすめです。

関連記事
【Adidas】アディゼロジャパン6 レビュー│歴代モデルの比較も!

【Adidas】アディゼロジャパン6 レビュー│歴代モデルの比較も!

アディゼロジャパン6(アディオス6)の特徴・用途を歴代モデルと比較を行いながら解説します。

まとめ

 アディゼロRC4の特徴・用途をまとめると以下のようになります。

  • 主な用途はスピード練習(ジョギングも可能)
  • RC3より厚くなり、用途が広くなった
  • 接地感を求めるならRC3がおすすめ
  • アディゼロジャパン6よりもスピード寄り

おすすめ記事

【HOKA】クリフトンエッジ レビュー│通常モデルとの違いは?

【HOKA】クリフトンエッジ レビュー│通常モデルとの違いは?

HOKA ONE ONE(ホカオネオネ)のクリフトンエッジのレビューをします。通常モデルのクリフトン7,8の違いも解説します。

ランニングシューズの寿命は何km?交換のサインを紹介

ランニングシューズの寿命は何km?交換のサインを紹介

ランニングシューズの寿命は走行距離で表すと何kmくらいでしょうか。実例と共に交換のサインを紹介します。

【2022最新】初心者おすすめのランニングシューズ18選!選び方も解説

【2022最新】初心者おすすめのランニングシューズ18選!選び方も解説

初心者におすすめのランニングシューズを気分転換~レースまで、目的別に18足紹介します。また、シューズの選び方や購入方法についても解説します。

【BROOKS】ハイペリオンテンポ レビュー│1足は持っておきたい超万能シューズ!

【BROOKS】ハイペリオンテンポ レビュー│1足は持っておきたい超万能シューズ!

ブルックスの軽量シューズであるハイペリオンテンポの特徴・用途を解説します。また、ハイペリオンテンポの厚底モデルともいえるハイペリオンエリート2との比較も行います。