【初心者向け】ランニングのペースと距離の目安|キロ6分って速い? – Unattached Runner

【初心者向け】ランニングのペースと距離の目安|キロ6分って速い?

★2022/10/19更新★

 ランニングを始めたばかりの初心者の方を対象に、ランニングの距離とペースの目安を解説します。

関連記事
【2023最新】初心者おすすめのランニングシューズ18選!選び方も解説

【2023最新】初心者おすすめのランニングシューズ18選!選び方も解説

初心者におすすめのランニングシューズを気分転換~レースまで、目的別に18足紹介します。また、シューズの選び方や購入方法についても解説します。

ランニングのペース

初心者のペースの目安

 ジョギングのペースは以下の表がある程度の目安になります。

ジョギングペース 対象ランナー
キロ4~5 サブ3ランナー(上級者)
キロ5~6 サブ4ランナー(中級者)
キロ6~7 サブ5ランナー
キロ7~8 マラソン完走を目指すランナー
キロ8~ ランニング初心者

 ランニングを始めたばかりの方は1kmあたり7~8分前後のペースから始めるのが良いと思います。時速に換算すると8km/h前後で、ウォーキングの約1.5倍の速度になります。

 このようにランニングのペースは1kmあたりのペースを基準にするのが一般的です。1kmあたりの6分のペースなら「キロ6」、1kmあたり6分30秒のペースなら「キロ6分半」というような言い方をします。

 ペースを書く場合は、キロ6であれば「6'00"/km」、キロ6分半であれば「6'30"/km」という表現をします。見て分かる通り、「'」は分を表す単位、「"」は秒を表す単位です。

 Stravaというランニングアプリのレポートによると、ランニングの平均ペースは男性が5'39"/km、女性が6'28"/kmとなっています。ただし、アプリを使っていることから習慣的に走っている方が多いと考えられ、実際はもう少し平均ペースは遅いように思います。

 私は月間200~300km程度走っていますが、周りのランナーを見てみるとランニングペースはおおよそ以下のグラフのような分布になると思います(イメージです)。

ランニングペースの分布

街中のランナーのペースの分布(イメージ)

 グラフに表したように、男性はキロ6、女性はキロ7くらいのペースの方が一番多いと思います。ただし、街中で走っているのを見かける = 普段から習慣的に走っているランナーの可能性が高いため、ランニングを始めたばかりの方にとってキロ6は結構きついと思います。

 以下の記事で、5kmのロードレースの平均タイムを紹介していますが、20代〜50代の方の平均は男性が26分台・女性が31分台で、ペースに直すとそれぞれキロ5分半・キロ6前後になります。

関連記事
【初心者必見】一般市民ランナーの5km、10kmの年齢別の平均タイム

【初心者必見】一般市民ランナーの5km、10kmの年齢別の平均タイム

市民ランナーの5km、10kmの平均タイムを年齢別に調べてみたので紹介します。特に初心者の方で5kmや10kmから始める方も多いと思うので、目標を立てる上で参考にしてみてください。

 ランニング経験者にとってはジョギングペースに思われるかもしれませんが、ランニングの習慣がない方も含めた全体で見れば十分速いペースです。

 記事の初めで、初心者はキロ7~8くらいのペースから始めることを勧めた理由はこのためで、慣れてきたところで無理なくペースを上げていくことをおすすめします。

 最終的にどこまでペースを上げられればいいかですが、これは目的別に異なります。例えばマラソンでサブ5(5時間切り)を目指すのであれば、キロ7ペースに慣れておく必要があります。キロ7で走り続ければフルマラソンを4時間55分でフィニッシュできます。

 サブ4を目標にするのであれば、レースペースである5'40"/km前後のペースは楽に走れる必要があります。

 キロ6を切るペースがジョギング(疲れを感じない)ペースになれば、一般市民ランナーという枠の中では中級者といって良いかなと思います。

ペースの測定方法

 ペースの測定はGPSランニングウォッチを使用するのが一般的です。距離が分かっている公園の周回コースをぐるぐる周るのもありですが、毎回同じところを走っていると飽きて続かなくなってしまうと思います。

 GPSランニングウォッチで圧倒的に人気なのがガーミン(Garmin)Forerunner(旧:ForeAthlete)シリーズです。感覚としてはGPSランニングウォッチを持っている人の9割以上がガーミンです。

関連記事
【Garmin】ランナー向けのモデルを比較!人気ランキングも紹介

【Garmin】ランナー向けのモデルを比較!人気ランキングも紹介

GPS機能付きランニングウォッチとして圧倒的シェアを誇るガーミンのランナー向けのモデル(Forerunner/ForeAthlete)を比較します。

 GPSウォッチなので当然1kmごとにラップ(ペース)が表示されますし、現在走っている瞬間のペースも確認することができます。さらに「ガーミンコネクト」というアプリを使えば、走った距離・ペース・場所(地図)などが保存されるので、過去のアクティビティを見返すこともできます。

 ランニングを始めたばかりの頃は走れる距離やペースがどんどん伸びていくので、過去のアクティビティと比べて成長が実感できてモチベーションの維持につながります

ガーミンコネクトの画面

ガーミンコネクトを使えばアクティビティの共有が可能

 ガーミンを購入するもう1つのメリットはガーミンコネクトで仲間とアクティビティを共有できることです。この機能もモチベーションの維持につながるので、こだわりがない限りガーミンを選ぶのが良いと思います。

 安さ重視であれば、ForeAthlete 55がおすすめです。ForeAthleteシリーズで一番安いモデルですが、GPS機能に加えて心拍数の測定機能もついていて、サイクリング・ランニングマシンにも対応しています。

関連記事
【Garmin】ForeAthlete 55 レビュー│人気ナンバーワンの理由は?

【Garmin】ForeAthlete 55 レビュー│人気ナンバーワンの理由は?

ガーミンのGPSランニングウォッチのエントリーモデルであるForeAthlete 55の機能・特徴を解説します。旧モデルの35J・45や上位モデルの255との比較も行います。

距離の目安

 サイトによっては脂肪を燃焼するために最低30分走りましょうとか、5分ランニング2分ウォーキングを組み合わせるとか色々ありますが、始めは距離を気にしないのが一番です。

 30分も走るのは全くの初心者にとっては苦痛でしかないですし、何分走って何分歩くとか気にしてするのも面倒で、続かなくなる可能性大です。

 さらに、初心者の怪我率は経験者の2倍以上であるという研究結果も出ています。一番多いのは膝の怪我で、しばらくの間走れなくなってしまうので無理をしないのが一番です。

 そのため、初めのうちは自分が往復できそうな目的地(公園や駅など)を決めてしまうのが良いと思います。行けるところが増えれば楽しいですし、同時に走力も伸びてくるはずです。

関連記事
【2023最新】初心者おすすめのランニングシューズ18選!選び方も解説

【2023最新】初心者おすすめのランニングシューズ18選!選び方も解説

初心者におすすめのランニングシューズを気分転換~レースまで、目的別に18足紹介します。また、シューズの選び方や購入方法についても解説します。

まとめ

  • 初心者のジョギングのペースはキロ7~8前後
  • ペースはGPSウォッチ(ガーミン)の使用がおすすめ
  • 怪我のリスクが高いため距離は気にしない

おすすめ記事

1500m4分10秒~20秒切りの練習メニュー、目安のタイムを紹介!

1500m4分10秒~20秒切りの練習メニュー、目安のタイムを紹介!

陸上中級者の壁である1500m4分10秒、4分20秒を切るための練習メニューを紹介します。1週間の具体的なメニュー例(目安のタイム付き)も紹介します。

【陸上】50m、60m、80m、120m、150m、250mのスタート位置

【陸上】50m、60m、80m、120m、150m、250mのスタート位置

400mトラックでスピード練習をしたいときにスタート位置ってどこだっけ?ってなることが多いのでまとめてみました。

【写真24枚】代々木公園クロカンコースを解説!

【写真24枚】代々木公園クロカンコースを解説!

織田フィールドのすぐ近くにある代々木公園には、1周約3kmのクロカンコースがあります。初めて走るランナーにとっては分かりづらい箇所があるため、写真24枚を使って詳しく紹介しようと思います。

【試合補正】レースで練習より極端に速く走れる要因を考察

【試合補正】レースで練習より極端に速く走れる要因を考察

レースで練習内容からは考えられないようなタイムが出たことはないでしょうか。本記事では、この現象について調べたことや考察したことを紹介しようと思います。